2017年08月19日

徳島の阿波踊りについて

2017-08-15-18-02-06






徳島の阿波踊りに生まれて初めて行って来ました。

日本三大阿波踊りってことで、高円寺、南越谷にはタイミングが合えば行きますが、その度に「本場の徳島の阿波踊りに行ってみたい!!」という願望がどんどん強くなってはいたものの、東京からお盆時期に徳島の有名な祭に行くというのはハードルが高すぎるため、ずっと諦めておりました。

今年も例外ではなく、行くつもりは無かったのですが、8月の上旬にBS番組でやっていたドキュメンタリー番組を見て、願望が沸点に到達してしまい急遽行くことを決めましたので、備忘録がてらまとめてみます。


  続きを読む

twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 09:48Comments(0)

2015年02月03日

Killbored life (キルボードライフ)

o0800073210682277900


1st demo CD 「東京バビロンに死す!?」 ¥500
(恐らく、現在廃盤・・・ 要問合せ)

収録曲
1,コウノトリ
2,新宿west side story
3,mentira




倍返しだ!なんて流行語も有りましたが、人間の根本の考えは変える事は出来ないのかね。
まあ、私もムカつく事されたら3倍にして返したいタイプだからなぁ。
グッとこらえ、未来を見据えた大人の考え方と、その瞬間に自分の中で生まれる感情・・・
特に人間ってたくさん集まると難しいよな・・・。
人間が人間を殺すことのできない目に見えないバリアーみたいなもので1人1人が囲まれてたら、争い事は起こらなくなるかな・・・。殴ろうが、銃で撃とうが爆弾落ちて来ようが、死なないという。

馬鹿な事言っておりますが、酒呑んで、音楽聴いて、身の回りからすこしでも平和に近づけるように動こうではないか。

さて、淡々とレビュー。


2015年も2月に入りましたが、このバンドを知ってる人は日本でどれくらいいるのか全く分からないけど、こんなバンドが割と昔から居ます。

CHE SUDAKAファンもOZOMATLIファンもMANU CHAOファンもPOGUESファンも何でもカモン!

日本代表、Killbored life(キルボードライフ)というバンド。

※オフィシャルHPはこちら



  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:00

2013年10月04日

Johnsons Motorcar (ジョンソンズ・モーターカー)

ファンキー・ディスコ・ハードコア

ジョンソンズ・モーターカー
イースタン・ストーム
2010-11-03




あの嘉門洋子が・・・
ビックリ・・・



では、淡々とレビュー。

ご存知の方も多いと思われます、日本産のIRISH BAND、Johnsons Motorcar(ジョンソンズ・モーターカー)。

POGUESやらDropkick MurphysやらFLOGGING MOLLYやらのお陰で日本でも幅広いファンが居るIRISHやCELT、それを土台にしたPUNKなバンドの活躍も各方面で見られますが、本バンドはどちらかと言うとTRADITIONAL寄りに居つつ、ロック度数も高い演奏を奏でるという個性を持つバンドです。

上のジャケは2010年発売の『FUNKY DISCO HARDCORE』

※Johnsons Motorcarのオフィシャルサイトはこちら



  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:00

2013年08月15日

キウイとパパイヤ、マンゴーズ

ワールド・ワイド・ローカルズ&アワ・ジェイ・ポップス


キウイとパパイヤ、マンゴーズ
マルゑゐ録製
2011-08-14




戦争。
ダメ。
ゼッタイ。


では淡々とレビュー。

個人的にそこそこ世界のいろんな音楽を聴いていると自覚しているため、このバンドを見つけた時に「うぉ!」と驚いたものです。

その名はキウイとパパイヤ、マンゴーズ

上のジャケは2011年リリース『World Wide Locals & Our J Pop』、どうやら通算すると4枚目のアルバムになるそうだ。(1枚目のジャケがネットでは見当たらないので限定プレスの廃盤とかかな?)

※キウイとパパイヤ、マンゴーズのオフィシャルHPはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2013年06月20日

橋の下世界音楽祭SOUL BEAT ASIA 2013瓮譽檗璽

なんだか久しぶりのイベントレポートです・・・。

いろいろ行ってたりはするんですが、感想を書き上げる気合が無くて・・・。

せめてこのイベントだけはと重い腰上げてみました。


2013年6月にに愛知県豊田市で行われた【橋の下世界音楽祭SOUL BEAT ASIA瓠が開催されるという事で東京から豊田まで行って来ました。

昨年に引き続き今回は第2回目の開催です。

main-h1


※橋の下世界音楽祭SOUL BEAT ASIA 2013瓩離フィシャルHP


愛知県豊田市を拠点に活動するTURTLE ISLANDと自レーベルであるmicroActionの共同主催という時点で凄い事になりそうな予感がプンプンするイベントであります。

※おもしろWORLD MUSIC:【TURTLE ISLAND】

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:00

2013年06月03日

大工哲弘

BLUE YAIMA produced by 久保田麻琴

『BLUE YAIMA produced by 久保田麻琴 [CD]』

※amazonで詳細を見る (全曲試聴可能)



こんばんわ、γGTPが80を突破したKONPEXです。


では淡々とレビュー。

八重山民謡の第一人者、大工哲弘先生。

数々の作品が出ておりますが、最近発売した『BLUE YAIMA produced by 久保田麻琴 [CD]』をピックアップ。

タイトルに出ている通り、久保田麻琴プロデュースの2013年の大注目盤。

噂によると、タワレコでも売れ行き好調だそうです。

※大工哲弘先生のオフィシャルHPはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2013年05月30日

コロリダス

デパート

『デパート [CD]』

※amazonで詳細を見る




ツカミのネタが全く思いつかず20分も経過してしまったので、このまま淡々とレビュー。


ついにこのバンドのCDレビューを書く時が来てしまった・・・
「遅いよ!」と言われても、ちゃんとCD出してなかったからね・・・

2013年5月、みんなのアイドル、コロリダスのフルアルバム『デパート』がやっとDROPされました。

※コロリダスのオフィシャルHPはこちら
※コロリダスのMYSPACEはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2013年04月08日

ROJO REGALO (ロホ・レガロ)

FOUND LOVE

『FOUND LOVE [CD]』

※amazonで詳細を見る



気合の入った焼き鳥屋や鰻屋ではよく創業当時から継ぎ足し製法の秘伝のタレがよく有るけど、あれって腐らないのだろうか・・・。
油が混ざってうま味が増すという言うけど、油以外の水分も絶対入るだろうし、衛生的に何かイヤじゃない?
俺だけ?
数十年前の梅干とかワインとかならまだ分かるけどさ・・・。
作りたてでは出せない味かもしれないが、なんかちょっとイヤだな〜と。



では、淡々とレビュー。

本日は、大阪発のCUMBIAバンドとして知られるROJO REGALO(ロホ・レガロ)でござんす。

上のジャケは2013年リリースの初のスタジオ録音フルアルバム『FOUND LOVE』

アナログ中心にWORLD WIDEな品揃えが話題のGLOCAL RECORDSが自主レーベルを立ち上げ、その記念すべき第1弾が本作。

※なんと、GLOCAL RECORDSで購入するとトートバッグが付きます



↑ 全曲試聴可能



※ROJO REGALOのオフィシャルHPはこちら
※ROJO REGALOのMYSPACEはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 23:48

2012年12月24日

アラゲホンジ

アラゲホンジ

『アラゲホンジ』

※amazonで詳細を見る


メリークリスマスとか言ってる場合なのか・・・

あぁ、日本よ、一体どこへ向かうのか・・・

イライラ、モワモワ、ワナワナ、ムラムラ、ムクムク・・・

では、淡々とレビュー。



すでにチェック済みの方も多いと思われるグイグイ来ちゃってる「日本」のバンド、アラゲホンジ

20代30代の音楽ファンの触れあって来た音楽ならばSOUL FLOWER UNION、TURTLE ISLAND、OKI DUB AINU BAND辺りですね。

アラゲホンジも、日本の伝統音楽を取り入れながらも欧米音楽通って来た音楽ファンのハートをガッチリ掴む音楽スタイルを持つNICEなバンドです。

上のジャケは、2011年にリリースされた1stアルバム『アラゲホンジ』

※アラゲホンジのオフィシャルHPはこちら

※アラゲホンジのMYSPACEはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 23:14

2012年10月07日

▲s (ピラミッドス)

MASTIKA

『MASTIKA』



長い間、淡々とレビューする事を忘れていたので、久しぶりに淡々とレビュー。


日本にもこんなバンドが、しかもメンバー若いじゃないか!
と世間を騒がしているのがこのバンド。

▲sと書いて「ピラミッドス」と読む。
私も最初は読み方が分からず「三角ズかな」と思っておりました・・・

上のジャケは2012年についに解禁されたミニアルバム『MASTIKA』

※ピラミッドスのHPはこちら

※ピラミッドスのMAYSPACEはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 12:00

2012年05月25日

『トーキョーワッショイ』 イベントレポート

TOKYOWASSHOI_OMOTE-721x1024



2012.5.13.日.
「トーキョー・ワッショイ!! VOL.1」
op & st 19:00

LIVE :
アラゲホンジ
秩父屋台囃子(川崎太鼓仲間・響ほか)
中野七頭舞(和太鼓・民舞きんたの会)
DJ:
大石始
風祭堅太


こんなイベントに行って来た。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2012年04月29日

喜納昌永(きなしょうえい)

ダウンロード


『沖縄民謡 カチャーシー特集』


※amazonで詳細を見るさーさっ!



最近どう?
パスタ、巻いてる?

では淡々とレビュー。


沖縄音楽をば。

喜納 昌吉のお父様である喜納 昌永(きな しょうえい)の音源がヤバし。

喜納 昌永先生の芸能生活70周年記念で2001年にリリースされたのが本作『沖縄民謡 カチャーシー特集』

古めの音源で、しかもカチャーシーのみで構成された強烈な内容。

ちなみにこのCDを教えてくれたのは沖縄在住のゲンブリ奏者「島グナワ」ことトシさん。
トシさんに「こういう感じでオススメないですか?」と聴いてみたら、ドンピシャなCDを紹介してくれました。
トシさんありがとうございます。


ちなみに『沖縄民謡 カチャーシー特集』リリースの同年には『沖縄民謡 情歌特集』というのも出ております。
※『沖縄民謡 情歌特集』(amazonでチェック)


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 00:00

2012年04月04日

ALLY BAND (アリーバンド)

l


『WASTELAND』

※UNCLEOWEN web shopで詳細を見る


では、淡々とレビュー。

日本でバンドでバグパイプの入っているバンド、CDリリースしているバンドはまだまだ数少ないですが、凄いバンドが出てきました。

女性ハイランドパイパーのally率いるALLY BAND。

上のジャケは2012年3月25日発売の記念すべきデビューアルバム『WASTELAND』

購入は今のところUNCLEOWEN web shopのみだそうだ。

※ALLY BANDのMYSPACE


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2012年02月07日

MANU CHAO meets 東京スカパラダイスオーケストラ

2012年に入って1か月ちょっと。

ぼんやりと日本の音楽シーンを眺めていると、ここ10年位の間でネットや書籍から収集できる音楽情報や、CLUBやイベントから発信される情報が、世界各国の音楽への広がりをジワジワと感じるようになってきたと感じるのは私だけではないはずです。

そりゃあ、昔から日本にもWORLD MSUICファンってのは居たのだろうけど、もっとリアルな視線での広がりと言うか・・・難しいけど・・・


そんな中、来日情報や音源リリース情報などの音楽的な事件が頻繁に出回る中、ビッグニュースが2012年2月6日、ついに発表となりました。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 00:00

2011年11月29日

踊ろうマチルダ

images


『Hush』

※amazonで詳細を見る


どっかで聞いて、「へ〜、うまいこと言うね〜」となった言葉。
女性:「10代〜20代前半は見た目で恋をする」「20代後半はハートで恋をする」「30代は子供を産む願望で子宮で恋をする」・・・上から下へ
男性:「10代〜20代前半は下半身(性欲)で恋をする」「20代後半はハートで恋をする」「30代はいろいろ考え頭で恋をする」・・・女性とは逆に下からから上へ

ちょうど重なるのは20代後半。
それが結婚適齢期なんだって。

さて、どうなんかな。


では淡々とレビュー。

流行にうとい私が、友人に勧めらて知ったアーティストがこの踊ろうマチルダ

まあ、知ってる方は多いでありましょう。

ちょいとググってみると「Tom Waits直系」とか「POGUESファン必聴」みたいなコメントも多いですね。

私が踊ろうマチルダの名前を知ったのはここ2年くらいの間なんですが、最近だと小さいハコでのLIVEは満員必至だそうだ。

最初は、名前からしてマチルダさんという女性ストリップダンサーが踊っているJAZZ系のバンドとかかなぁと思ってました・・・。

上のジャケは2008年リリースの1stミニアルバム『Hush』

※踊ろうマチルダのMYSPACEはこちら
※踊ろうマチルダのオフォシャルHPはこちら

視聴ページがないので、本投稿最後のYOU TUBE LINKをご覧くださいませ。


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2011年10月28日

『琉球フェスティバル 2011』 レポート

DSC_0157




【琉球フェスティバル 2011】

日時:2011年10月16日 (日)  15:15開場/16:00開演
■ 会場:東京・日比谷野外大音楽堂(雨天決行)
■ 出演:登川誠仁/古謝美佐子/加藤登紀子/パーシャクラブ/ 大島保克/下地勇/よなは徹/サンサナー
■ 司会:ガレッジセール


※詳細はこちら

こんなフェスティバルに行ったった。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 22:51

2011年09月10日

【第55回 東京高円寺阿波踊り】レポート

そりゃあ、昔からやってる事自体は知って居たさ。
それなのに、初めて行ったった。

ジャパニーズ・トラディチョナル・フェスティバル、【第55回 東京高円寺阿波踊り】。

【FES詳細】
8/26(土)〜8/27(日)
午後6〜9時
JR高円寺駅を中心とする一帯



※東京高円寺阿波踊りのHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2011年07月15日

チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン

ただ、それだけ。

『ただ、それだけ。』

※amazonで詳細を見る


今年も「夏〜は股間がかゆくなる〜♪」とかいうCM始まりましたね。
あれって、ボクサーパンツ穿いてるから蒸れるわけよね。
バットとボールが数時間同じポジションでKEEPされたらかゆくなるわ。
トランクス派には関係ないのさ。


では淡々とレビュー。

そんなボクサーパンツの中身すらゾワゾワさせてくれるネタです。

日本のWORLD MUSICファンをハイスピードで虜にし始めているキュートでプリティーなヤングギャル中心で結成されている魅惑のグループ、チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン

知らなかった方は是非とも最後まで読んで行って下さいまし。

上のジャケは2010年リリースのデビューアルバム『ただ、それだけ。』。


※チャラン・ポ・ランタンのHPはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2011年05月22日

ハンバートハンバート (FUJI ROCK'11出演決定!!)

シングルコレクション 2002-2008

『シングルコレクション 2002-2008』

※amazonで見るかい?


FUJI ROCKまで2カ月ちょっと。
でも、さすがに飽きてきてるからテンションは上がらないという…。


では淡々とレビューやで!!


FUJI ROCK'11に参戦決定しております。

ジャパニーズ・フォークな男女2人ユニット、ハンバートハンバート
上のジャケは2010年に出た2枚組のベスト的アルバム『シングルコレクション 2002-2008』。
入門編ってヤツやで。

オフィシャルHPでいろいろ視聴出来ます↓↓
※ハンバートハンバートのオフィシャルHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2011年03月26日

NOVOS NANIWANOS (ノボス・ナニワーノス)

NOVOS NANIWANOS

NOVOS NANIWANOS

※amazonで詳細を見ようじゃないか



普段は蕎麦焼酎を黒ウーロン茶で割って飲んでる(1杯目でウコンサプリの錠剤を12粒飲む)のだけど、気分が乗ってたまにハイボールにしてみるとすぐにグラングランになる。
そう、ウィスキーの度数は40度というのを忘れてるのだ。

そんなんどうでも良いから、淡々とレビュー。


大阪でブラジル音楽やってるグループ、NOVOS NANIWANOS (ノボス・ナニワーノス)。

ブラジル音楽でもサンバやボサノヴァじゃなく、北東部の伝統音楽というマニアック路線をナニワ風味で奏でる、いてまえバンドです。

上のジャケは2008年リリースの1stミニアルバム『NOVOS NANIWANOS』。

※NOVOS NANIWANOSのMYSPACEはこちら
※NOVOS NANIWANOSのオフィシャルHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2010年07月22日

東京パノラママンボボーイズ(FUJI ROCK'10参戦)

マンボ天国

『マンボ天国』

※amazonで詳細を見てみればいいんじゃないかな…



夏は股間がかゆいけど。
淡々とレビュー。



FUJI ROCK'10参戦アーティスト。

日本のマンボユニット、東京パノラママンボボーイズでありんす。

上のジャケは1991年リリースのデビューアルバム『マンボ天国』。

※全曲視聴ページへGO GO GO!
※東京パノラママンボボーイズのオフィシャルHP

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2009年04月29日

Soft Punk

渚レゲエ

『渚レゲエ』

※amazonで詳細を見る



イボ痔で苦しんでましてたが、毎日風呂上がりに薬を塗り1週間。
痛みは無くなりました。

今後のオープニングの小ネタはイボ痔ネタで攻めたいと思っておりますが!!
淡々とレビュー。

もうすぐ5月、GWすぎればもう夏も近し。

ということで今回はREGGAE系の企画盤をご紹介。

SOFT PUNKと名乗ったユニットがLOVERS REGGAE風味、はたまたSKA風味に、おもいっきしJ-POPのヒット曲をカヴァーしたCD。

上のジャケは第2段で2008年の夏にリリースされた『渚レゲエ』。
(第1段も出てます)

気になる収録曲は以下なんだよ!!


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 12:00

2008年11月02日

ハカイハヤブサ

One Love Is Everything

『One Love Is Everything』

※amazonで詳細を見る




みなさんこんばんわ。

朝バナナダイエット継続3ヶ月。

自分の朝バナナと果物の朝バナナでバナナ三昧です。


結果はさておき淡々とレビュー。




久しぶりの日本のアーティスト。

知ってる方はどのくらいいますかね。

ハカイハヤブサという千葉出身の4人組バンド。

SKA CORE/PUNKや2TONE、はたまたSUBLIMEやLONG BEACH DUB ALLSTARS好きは要チェックな日本産バンド。

上のジャケは2007年発売の記念すべき1stアルバム『ONE LOVE IS EVERYTHING』。

※ハカイハヤブサのオフィシャルHPはこちら
※ハカイハヤブサのMYSPACEはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 22:30

2008年05月09日

中山うり (FUJI ROCK'08出演決定!!)


『エトランゼ』


※amazonで詳細を見る



遅ればせながら最近やっとインターネットラジオを楽しんでいるコンペックスです。
近々、知らない方のために紹介しますんで、お楽しみに。

では本日も淡々とレビュー。




FUJI ROCK'08参戦決定アーティスト。
中山うりちゃんでごあす。

同じくFUJI ROCK'08に参戦決定しているEGO WRAPPIN'やらオレンジペコー、DOUBLE FAMOUSE辺りがお好みな方は是非ともチェックしてみてください。

上のジャケは2007年リリースの2ndアルバム『エトランゼ』。
※全曲視聴はこちらから

※中山うりのオフィシャルHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2008年04月22日

DOBERMAN (ドーベルマン) (FUJI ROCK'08出演決定!!)


『消えた狂犬とそれにまつわるウワサ』

※amazonで詳細を見る



キム兄の事が嫌い。
昔から。

今日も淡々とレビュー。

FUJI RCOK FESTIVAL、毎年有るJAPANEASE SKA枠。
今年はスカパラでもなくSKA FLAMESでもなく何とDOBERMAN(ドーベルマン)。

「え? なぜDOBERMAN??」
と、一瞬思ったりしましたが、良く考えると有ってもぜんぜんおかしくない展開。
COOL WISE MENも2007年に出たしね。

熱いっすよこのバンドも。

※DOBERMANのオフィシャルHPはこちらから
※DOBERMANのMYSPACEはこちら

上のジャケは2004年リリースの2ndアルバム『消えた狂犬とそれにまつわるウワサ』
タイトルもとっぽくてJAPANEASE RUDYな香りプンプンです。

※全曲視聴はこちらからやで!!!


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2007年11月19日

BIG FLOG


『FLOW』

※amazonで詳細を見る



今日は小ネタが思いつきません。

なので淡々とレビュー。

日本代表のJAM BAND、BIG FROG
GREATFULL DEADの追っかけがDEAD HEADSならば、このバンドはFROG HEADSをたくさん抱える人気バンドです。

ROCK系JAM BAND好きは要チェック。

上のジャケは2007年に出た2枚目のスタジオ録音盤アルバム『FLOW』。


※BOG FROGのオフィシャルHPはこちら

※BIG FROGのMY SPACEはこちら(音が出ます)


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2007年10月21日

TURTLE ISLAND (タートル・アイランド)

亀島斑骨楽団


『SELF NAVIGATION』


※amazonで詳細を見てみる


朝霧JAMレポートも無事に終わり、気付けばあと2ヶ月ちょっとで今年も終わりっす。
イベント事で楽しみなのはM-1を残すのみか??

それにしても、亀田一家大変やね〜。
彼らに対する意見は賛否両論いろいろあるだろうけどさ。
とりあえず、あの3兄弟とオヤジが揃ってテレビに出てるのを見ると笑ってしまう私。


という事で今日は「」繋がり!!


全WORLD MUSICファン注目。

MADE IN JAPANのバンドで世界に自信を持って送り出せる数少ないバンドを発見!

総勢14人のスーパーミクスチャーバンド、TURTLE ISLAND(タートル・アイランド)。
直訳「島」・・・。

いや〜、凄いよこのバンド。

※TURTLE ISLAND のオフィシャルHPはこちら

和の代表楽器といえば沖縄の三線よりもアイヌのトンコリよりも、一番馴染み深いのは和太鼓でしょ。
おまけに篠笛まで・・・。

さらにSAX、ウッドベース、シタール、タブラ、銅鑼まで・・・。

そんな編成で激烈PUNKを奏でる熱いバンドがTURTLE ISLAND。

イカれたGOCOO、グレた鼓動、反抗期の渋さ、日本からバルセロナへの回答!?

ふさわしい例えが全く思いつかない強烈なインパクト!


上のジャケは2007年発売の3rd『SELF NAVIGATION』。

1st、2ndは自己出版のため既に入手困難だそうだ。

今回は同タイトルでLIVE DVDも出てます。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 14:45

2007年07月24日

COOL WISE MEN (FUJI ROCK'07参戦決定)


『UNITY』


※amazonで詳細を見る




いよいよです。
いよいよFUJI ROCKが目の前・・・。
1年に1度のお祭・・・。


FUJI ROCK前の最後のレビュー。
今週末はFUJI ROCK初参戦のこのバンドの音で酔いどれダンシングしてる事でしょうね。

日本のROOTS JAMAICAN MUSICバンドの中ではTOPレベルの重さを持つRUDIES。
私も大好き!!
COOL WISE MENです。
※COOL WISE MENのオフィシャルHPはこちら

2006年の朝霧JAMに初参戦!
「FUJI ROCK'07は出るだろう」と思ってたバンドです。
そして、個人的にも思い入れの深い青春バンド!

上のジャケは2005年にリリースの3rdアルバム『Unity』です。

※全曲視聴はこちらのページから


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 22:27

2007年07月20日

面影ラッキーホール (FUJI ROCK'07参戦決定)


『音楽ぎらい』

※amazonで詳細を見る



渋さ知らズ、赤犬の東西対決。
これはFUJI ROCKならではのエンターテイメント対決。


そこに今年初参加で殴り込みをかけるのがこの面影ラッキーホールという大所帯バンド。
クレイジーケンバンドにも通じるものがあるかな。

バンド名は初の国産医療用ダッチワイフ「面影一号」と80年代に栄華を極めた風俗「ラッキーホール」から取られ1994年に結成してます。

上のジャケは1999年リリースの『音楽ぎらい』というアルバムです。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:30

2007年07月18日

小谷美紗子(オダニミサコ) (FUJI ROCK'07参戦決定)


『Quarternote~THE BEST OF ODANI MISAKO 1996-2000』

※amazonで詳細を見る


こんばんわ。
夏のボーナスの手取りが800万でした。
うち700万は「愛の小鳩事業団」に寄付しました。
そんなROCKなコンペックスです。

わーわー言うとりますが今日も淡々とレビュー。

WORLD MUSICから外れますがFUJI ROCKネタという事でご勘弁を。


この人って有名なんでしょうか?
FUJI ROCK'07のGypsy AVALONに出演が決定している小谷美紗子

1976年11月4日生まれ、京都府宮津市出身のシンガーソングライター。

私が彼女を知ったのは1996年のミュージックステーション。
しかもスペシャルだった気がする…。
タモリとのトークもしてなかった気がする・・・。
その辺ははっきり覚えてないんだが・・・。

会場には観客がたくさんいて、やれジャニーズだ、ビジュアル系だと派手なステージを繰り広げる番組展開で進み、彼女の出番が来た時はステージにピアノ1台が用意されてるだけ。

お洒落さも色気も全く無く、「うわ、こんな素人っぽい人がテレビ出てもいいの?」というのがテレビに映った彼女を見た私の率直な印象。

演奏が始まった瞬間、釘付けになりました
ピアノの弾き語りで淡々と演奏し、悲しげなのにパワフルな歌声・・・。
「嘆きの雪」という曲でした。

上のジャケは1996年〜2000年までの曲のBEST盤。

※小谷美紗子のオフィシャルHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:21

2007年07月11日

SCAFULL KING (FUJI ROCK'07参戦決定)


『SCAFULL KING』

※amazonで詳細を見る



ROCK検定の結果が届いてました。
結果は3級不合格・・・。
甘く見てたわ〜。

ROCKオタクには適わなかったという。
金払ってまで凹んでる私って一体・・・。



気を取り直して淡々とレビュー。

またまたFUJI ROCK予習ネタ。
一部の元キッズにはたまらないメンツですかね。

SCAFULL KING(スキャフルキング)です。
※SCAFULL KINGのオフィシャルHPはこちら

その昔、友人が「スキャフルキング」を「スキャテンキング」と言ってみんなで笑った事をふと思い出しました。
そんな友人も今や1児のパパ。


1990年結成。
2001年から活動休止中だったがCDデビュー10周年を記念してFUJI ROCK'07に参戦決定しました。

出演は28(土)14:10〜、WHTE STAGEです。

今年のFUJI ROCKもSKA系が意外に多いです。
スカパラ、COOL WISE MEN、LESS THAN JAKE、FERMIN MUGURUZA、FISHIBONE、Stranger Cole with Dreamlets、EDDIE“TAN TAN”THORNTON WITH COOL WISE MEN。

JAMAICAN MUSICは野外FESにぴったしですからね。

さて、上のジャケは2007年5月に出たBESTアルバム。

アルバムは3枚出してまして、全部持ってるため、このBEST盤をピックアップ。
FUJI ROCK予習にはぴったしですね。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:32

2007年06月27日

toe (トー) (FUJI ROCK'07参戦決定)

the book about my idle plot on a vague anxiety

『the book about my idle plot on a vague anxiety』

※amazonで詳細を見る(全曲視聴可能)



押切もえが八代亜紀に見えるのは私だけ??



という事で淡々とレビュー。

2000年結成の男4人のインストロックバンドtoe(「トー」と読む)。
「ポストロック」などとも呼ばれてたりもしますが、細かいジャンル分けはナンセンス。

上のジャケは記念すべきデビューアルバム『the book about my idle plot on a vague anxiety』です。

SHAKKAZOMBIEのオオスミ、クラムボンの原田郁子が参加してるというのも驚き。

※toeのオフィシャルHPはこちら


  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:38

2007年06月19日

akiko (FUJI ROCK'07参戦決定)

Vida(初回生産限定盤)


『Vida』(初回生産限定盤)

※amazonで詳細を見る



FUJI ROCKファンの皆様、元気に予習作業に入ってますでしょうか??
初老代表コンペックスは1日に4,5個見たいバンドがあれば満足。
1日に20個も見たいバンドあったらむしろ楽しさが半減しそう。

そんなわけで毎年のように、6,7月はFUJI ROCK参戦アーティストを中心にレビューしますぜ。
読んで損は無し。


という事で今回はAkiko
今となっては日本代表のジャズシンガーです。

上のジャケは2007年4月に出た最新作『Vida』。

「いろいろやりたい年頃なのです」というテーマで今回はJAZZではなくブラジル音楽に挑戦。
「わたしもakikoと同じ年頃なのです」。


FUJI ROCKは初参戦になります。
しかもMoreno-Domenico-Kassin+2とのコラボでの参戦。

これは貴重です。

※Moreno-Domenico-Kassin+2はまた今度

※akikoのオフィシャルHPはこちら

※全曲視聴はこちらのページから(PVも見れます!!)

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 22:21

2007年06月16日

JAKE SHIMABUKURO (FUJI ROCK'07参戦決定)

Crosscurrent

『Crosscurrent』

※amazonで詳細を見る



パズー! 君こそ男だ!!
『天空の城ラピュタ』って1986年の作品だってさ。
凹むわ…


凹んでも淡々とレビュー。

ウクレレという楽器1本持って前例のない音楽的チャレンジをし続けるアーティスト「ハワイのジミヘン」ことJAKE SHIMABUKUROです。
玉袋筋太郎もビックリですぞ。

※JAKE SHIMABUKUROのオフィシャルHPはこちら(視聴も出来ます)

上のジャケは2003年リリース『Crosscurrent』。

ハワイ州ホノルル出身。
1976年11月3日生まれで4歳からウクレレ漬けというお方。

名前は知ってるけど、CDは聴いた事ないって方も多いと思いますが、普通に良いですよ。
名前負けしてません。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 18:36

2007年05月24日

オーサカ=モノレール  (FUJI ROCK'07参戦決定)


『RUMBLE’N STRUGGLE』

※amazonで詳細を見る


曲が〜り〜くねった〜♪ 道の先に、道〜のさき〜に〜♪

こんばんわ、曲がりくねり過ぎて遭難してるコンペックスです。

では淡々とレビュー。


FUJI ROCK'07にも参戦が決定しているFUNKY BIG BANDオーサカ=モノレール
上のジャケは2001年リリースの2ndアルバム『RUMBLE’N STRUGGLE』。

※視聴はこちらから
※オーサカ=モノレールのオフィシャルHPはこちら


JAZZ、FUNK、HIP HOP好きにもアピール出来るかなりFUNKYで黒くて粘っこい1枚。


「70年前後のソウル/ジャズ/ファンク・ミュージックを現代に再構築」をテーマに活動を続け、年間400本のLIVEや本家THE JB'SなどとのLIVE共演、MUROやSOUL SCREAMなどとのコラボレーションなどでも名を広げてる日本代表のFUNK BANDであります。

FUJI ROCK'07では2006年にも共演経験のある60年代後半JBファミリーに在籍し女性ヴォーカリストとして活躍してきたマーヴァ・ホイットニーとコラボLIVEで参戦が決定してます。

「黒」な音。
これがテーマ。



  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:25

2007年03月03日

Oi SKALL MATES


『12メイツ・スカル・ナイター・ウウゥ』

※amazonで詳細を見る


今では人気者でJAPANEASE SKAの代表格と言ってもNO PROBLEMなバンド。
今更ながら取り上げます。
オ〜イスカ〜ルメイツ!!!
Oi SKALL MATESです。

※Oi SKALL MATESのオフィシャルHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:41

2007年03月01日

J'Ouvert (ジュヴェ)


『ハバネロペパーソース』

※amazonで詳細を見る


日本のバンドです。
J'Ouvert(ジュヴェ)という大阪のバンド。
スティールパン2人と数人パーカッション、そしてメインのビートは打ち込み。
中古で買ったら大当たりした掘り出し物でした。

調べてみるとBOUNCEのイベントにも出た事あるようです。
※J'OuvertのオフィシャルHPはこちら

上のジャケは2004年リリースの7曲入りのミニアルバム『ハバネロペパーソース』。
※全曲試聴はこちらから
  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:42

2007年02月28日

CLASSIC CHIMES

SEXTED MOVIE RUSTIC
『SEXTED MOVIE RUSTIC』

※amazonで詳細を見る



みなさんこんにちわ。
いよいよ明日、いや数時間後にはFUJI ROCK'07の第1段出演アーティスト発表ですね。
とは言ってもすっぱ抜きされてましたが…
※すっぱ抜きネタはこちら

さて、淡々とレビュー。
大阪のRUSTICバンドCLASSIC CHIMESです。
フラりと一人で行ったイベントで彼らのLIVEを見たのはもう何年前の話か。
それ以来、「また見たいなぁ。」と思いながらそれっきり。
最近HP見ると解散が発表されてました…。

1番好きなアルバムは1997年リリースの1st『SEXTED MOVIE RUSTIC』です。

FACTORYに出たり、世界中にリリースされるRUSTICのコンピに参加したり、チバユウスケがゲストボーカルやったりで、意外に頑張ってたバンド。

基本はIRISH、BLUEGRASSをPUNKノリで奏でるバンド。
渋い感じがNICEでした。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:34

2006年12月24日

東京スカパラダイスオーケストラ 『東京スカパラダイスオーケストラ』


『東京スカパラダイスオーケストラ』

※amazonで詳細を見る


こんばんわ。
二日酔いでもないのに歯を磨くと「オエッ」となるコンペックスです。やいやい。

わーわー言うとりますけどクリスマスです。
クリスマスしてますか〜??
クリスマスカ??

って事で今回はスカパラのアルバム『東京スカパラダイスオーケストラ』。
奇跡のデビュー(?)アルバムで1989年リリースの6曲入り。

1 ペドラーズ
2 スキャラバン
3 スカンボ
4 JUST A LITTELE BIT OF YOUR SOUL
5 ホリデイ
6 クリスマスカ


※全曲試聴はこちらから(クリスマスカは是非聴いてみて下さい)

※スカパラのオフィシャルHPはこちら
  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 12:29

2006年11月28日

SKA FLAMES


DAMN GOOD

※amazonで詳細を見る


JAPANEASE SKA BANDの長老SKA FLAMES
FUJI ROCKやAIR JAMやサマソニに参戦してるだけに音源を聴いた事はないにせよ、バンドの名前はここ数年でかなり売れた事でしょうね。

スカパラよりも先にSKAを奏でたバンド。
「SKA FLAMESが忠実にORIGINAL JAMAICAN SKAを奏でるなら俺らはもっと冒険型のSKAをやろうぜ!」というのがスカパラの初期衝動だったというのも面白いエピソードです。

個人的に1番完成度の高いと思うアルバムはこの『DOMN GOOD』なのであります。

※『DAMN GOOD』の全曲試聴はこちらから
※SKA FLAMESのオフィシャルHPはこちら

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 00:01

2006年08月10日

マキシマムザホルモン 『恋のメガラバ』

恋のメガラバ



ちょっと前に発売されてますが、聴いた人いますか?
マキシマムザホルモンのマキシ!

「恋のメガラバ」
メガラバってなによ!

※1回目のマキシマムザホルモンの投稿はこちら

密かに大ファンですこのバンド。

今回はTVCMやってました!
いや〜すごいです。

大型野外FESにも引っ張りだこですね。

もうまず、PVが好き!
今回はかなりお洒落になったんですがメンバーの泥臭さはそのまんまです。

高低DETHヴォーカル、高音メロディアスヴォーカル&RAP、女性ドラム兼コーラス。
いやほんと最高!!

ZEABRAHEADの日本ツアーでは前座決定らしいです。納得!

※オフィシャルHPはこちら

※YOU TUBEで「恋のメガラバ」のPV少し見れます。

ヌンチャク、BRAHMAN、ハイスタ、MAD、BDB、ガーリックボーイズ、ジェロニモ、マイナーリーグ、山嵐、YKZ、ハスキン、赤犬etc。
この辺に心当たりある20代後半世代はTSUTAYAへGO!!!

※余談ですがヌンチャクの「都部ふぶく」がYOU TUBEにありました!! ヌンチャク知らない若者は要チェック!!
ちなみに、私の友人が大学時代にバイトしてた居酒屋の先輩がヌンチャクのドラムの人で、ガーリックボーイズとかがよく飲みに来てたそうです。


ランキング参加中。1日1回のワンホルモンをお願いします♪

※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら



  
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:21

2006年07月03日

NATSUMEN (FUJI ROCK'06参加決定)

NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER XXX!!!

『NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER XXX!!!』

※amazonで詳細を見る



このバンドもFUJI ROCK'06参戦バンド。
強烈なグルーヴを生み出す大注目バンドです。

らぞく同様、名前を聞いた時点では「ん?ナツメン? ナツメロ歌うおっさんグループか?はたまたオジャパメンの第2弾か?」とアホな発想をしてしまった私…。

とんでもねぇ。半端ねぇ。すごいぞ、やばいぞ、このバンド。

Boatというバンドで活躍していたA×S×E、AINEとBeat Crusadersのマシータを中心に結成。
メンバーにはFrisco、Risingtonesなどのメンバーもいる8人組。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:42

2006年07月01日

らぞく (FUJI ROCK'06参戦)


『HOWSWEET』

※amazonで詳細を見る



めでたくFUJI ROCK'06に参戦が決定しているバンド。
今回はらぞくです。
上のジャケは今現在の最新音源『HOWSWEET』です。

※オフィシャルHPはこちら

初めてこのバンド名聞いた時は当然「メンバーは全員裸でパフォーマンス重視のコミックバンド」と想像してしまいます。
実際LIVE見てみるとなんとも魅力的なCOOLなROCKバンドでした。

1996年に結成のベテランバンドで湘南・藤沢発の和製JAMバンド。
曲によっては即興的な部分も見せますが日本語の歌が特徴。
REGGAEもやるのでどことなくSURF MUSIC系です。

ちなみにボーカルは若干FISHMANS系。
  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 14:18

2006年06月28日

OOIOO(オーオーアイオーオー) (FUJI ROCK'06参戦)


『cococoooioo』

※amazonで詳細を見る


このバンドもFUJI ROCK'06参戦アーティストOOIOO(オーオーアイオーオー)です。
ORANGE COURT??
合ってるのか?

ボアダムスのYOSHIMIを中心となり1995年に結成されたバンド。
YOSHIMIさんの実験的な音楽設計がバキバキに効いてます。

ジャンル?
設定不可能ですね。
  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:26

2006年06月08日

SPECIAL OTHERS 新譜『IDOL』発売

スペアザ

出ましたね。
スペアザの新譜。

ほんとビックリするくらいのスピード出世です。
アイドルへの階段を上ってる途中、新譜のタイトルは『IDOL』!
今回はメジャーからの発売です。

ミニアルバムで2000円を切ってるってのも嬉しいですね。

みなさん買いましたか?

私はまだ買ってません。

『IDOL』発売で特設HPが開設されてます。
PVやLIVE映像も見れます。
※問題HPはこちら

LIQUID HEAVEN Ver,2ではイマイチなLIVEでしたが、またそのうち見たいですね。

小ネタでした。

ランキング参加してます。
1日1回のスペアザベイベーをお願いします♪
  
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:17

2006年04月17日

SPECIAL OTHERS新作『IDOL』発売決定!!

SPECIAL OTHERSがついに新作を出す事が決定です。
なんと今回はメジャーレーベルのビクターから!
私が始めて彼らを見たのは2004年の夏。
ノーチェックだったバンドで『TRUE PEOPLE'S CELEBRATION』というかなりコアな野外イベント。
Medeski, Martin and WoodやJIMMY CLIFFなどの大物も出るイベント。

だがしかし彼らの出たステージは会場外の屋根のある普通の地面。
恐らく初めて彼らを見た客ばかりなのに心地よいヴァイヴで耳の肥えた客を躍らせてました。
もちろん私もその一人。

2005年にはamtibalasの前座やFUJI ROCKを始め数々の大型イベントに出演し、幅広いファンにアピール。

2005年末にはMedeski, Martin and Woodの年末カウントダウンオールナイトLIVEの前座に大抜擢。
FUJI ROCKでPHISHを初めて始めた即興スタイルのJAMバンド。
その6年後には同じFIELD OF HEAVENで観客を沸かすという大出世であります。

メジャーレーベルという事でさらにPOPな音楽性になてしまいそうですが、今後とも彼らの音楽は要チェックなのであります。


タイトルは『IDOL』。
発売日:2006/6/7。

さすがに今年はFUJI ROCKには出ないかな〜。

たまには1日1回のスペアザベイべーをお願いします。 ランキングがた落ち中♪  
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 19:24

2006年03月03日

GOMA

Million Breath Orchestra


今回は日本のディジュリドゥーの第一人者であるGOMA氏。

彼のバンド編成のLIVEは何回か見た事がありましてCDも1枚だけ持ってるため取り上げてみたいと思います。
※GOMAのオフィシャルHP※

さてディジュリドゥーという楽器。
オーストラリアのアボリジニーが1万年前から使い始めた世界最古の管楽器。
現地では男性しか吹く事はないそうで、女性は装飾などを担当。
女性が吹くと不快に感じる人も世界にはいるようです。
朝霧JAMやレイブなどでよく見かけますし、実際音楽に取り入れてるバンドも多数です。
LINKさせていただいてるBLOGkotaro music tripのkotaroさんもディジュやってるみたいです。
※こちらのページから※

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:20

2006年02月24日

MAJESTIC CIRCUS

Strange Trip On The Train
Strange Trip On The Train


だんだんとFUJI ROCK'06も近づいて来ましてテンションは上がって来ました。
めでたくLIQUID HEAVEN VER,2の開催も決定し春夏と楽しむ気は満々です。

って事で今回はLIQUID HEAVEN VER,2の参加バンドであるMAJESTIC CIRCUSを取り上げます。
日本のバンドでJAMバンドファンには知名度の高い人達です。
※オフィシャルHP※

FUJI ROCKにも2003年に出演経験がありまして、今年辺りに再登場するんじゃないでしょうかね。

日本でNO,1と呼ばれるJAMバンドであるBIG FLOGのギター担当であった学氏と恵司氏の2人が中心となって結成され、海外のレイヴや日本の各イベントで観客の度肝を抜いたJAM BANDです。

  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:27

2006年02月12日

クボタタケシ

NEO CLASSICS(CCCD)


今回はMIX CDのご紹介。
クボタタケシのMIX CDです。

ラップグループであるキミドリのメンバーとして活動して来たクボタ氏。
グループ活動休止後はソロワークとしてプロデュースやDJ活動で大活躍。

このMIX CDを出す前はCLASSICSというシリーズでCDではなくテープを作成していたようです。
このMIXテープがオールジャンルをMIXした内容で全国のクラバー達の反響を呼び、2003年にCUTTING EDGEからCDとしてこの『NEO CLASSICS』が発売されました。

私はキミドリもMIXテープの存在も知らなかったのですがなぜか彼の名前は以前から知ってました。
オールジャンルMIXっていう事と、ORGAN BARでのレギュラーイベント、小西康陽や須永辰緒などとのDJ活動などに興味を持ちこのMIX CDを聴いてみたいと思ってGETしました。

この内容が素晴らしい!
聴いててHAPPYになれますし、踊れる曲ばかり。
選曲を並べてみましょう。
以下です。




  続きを読む
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 15:27

2006年01月20日

奥田民生

FAILBOX



軽くあっさり取り上げます。
奥田民生です。
RADIOHEADの『OK COMPUTER』と同じ年1997年に出したミニアルバム『FAILBOX』

なんかこの脱力感がたまりません。
ユニコーンもまあまあ好きでしたが、この奥田民生のソロってのがいい。
ソロ作は全部聴いたわけじゃないんですが、初期だとこれが大好きです。

全6曲のミニアルバムで民生ボーカルのギターロックな内容。

この人が作るメロディーはなんかDNAレベルで細胞まで振動させてくれます。

9年前に買ったのにCDの山をかき分けては今でもたまに聴きたくなる大好きな1枚。

3曲目の「野ばら」が特にツボのドンピシャ。
アコギメインの爽やかナンバーであの頃の切ない恋の思い出が…。
5曲目の「陽」はかなり悲しげで泣けます。

民生さんはもちろん今でも現役ですが、なんか活動のマイペース具合も良いですね。
ギター1本の弾き語りLIVEとかも素敵だし。

昔FUJI ROCKに出た時なんかは「外国のバンド全然知らないんだよね。控え室歩いてても、スタッフなんだかバンドメンバーなんだかわかんなしさ。ハハハ。」なんてインタビューでのコメントもおもろいです。

最近のインタビューでの内容だと、やっとギターが上手くなって来たので自身を持って人前で披露できるようになったんだとか。
おい。今頃かよ(笑)。

サザンのLIVEは120%行かないけど民生なら1回行ってみたいな…

ランキング参加中です。
あなたの1日1回のクリックが欲しい。 順位が上がります♪


  
twitterでつぶやく Posted by konpex0311 at 20:30