ゼロからの↑アクセスアップダウン日記↓

 あるホームページをゼロから立ち上げ
そのアクセス解析の様子、それに伴う
アフィリエイトの収入の様子について検証

a1180_008903

久しぶりにSEOの勉強をしているわけだが。

前回は地元のSEO業者の話を中心に考えてみた話。


今、本屋に並んでいるSEO本

そして、それと同時にSEOに関する書籍も研究(ほぼ流し読み)してみた。

関西で最大級の本屋である、ジュンク堂&丸善梅田店のSEO書籍棚すべてにさっと目を通した結果・・・。


SEOの手法としては5年前と特に変わったところはなかったorz


でも

一つ気づいた事がある。


刊された年代で全く違う主張

それは書籍の発刊された年代で言っている事がまったく違うということ。

これは検索アルゴリズムの変化と、以前に触れたGoogleによるSEO業者排斥運動の賜物だろう。

少し年代別に分けてみると


・2009年〜2010年 SEO業者が自身満々に語る本ばかり。

・2011年       SEOの本がまったくと言っていいほど無い年。SEO業者沈黙の年。

・2012年〜2013年 SEOの話はほぼなくなりソーシャルネットワークを利用したマーケティング本に。


業者が変わっていくのか、それとも・・・

非常におもしろい。

まるで業者の悲哀を描いているようだが

そうではない

SEO→マーケティング へと変遷している。

つまりこの5年間でSEO業者は独自の手法での検索順位向上に見切りをつけ

(というかその方法のマネタイズができなくなったため)

より確実に、合理的に利益を上げることの出来る

マーケティングへとシフトしていった。ということになる。


マーケティングに使用するのはもちろんリスティング。

あと、SNSや各種メディア、ステマなど

多方面から攻める、と言えば聞こえはいいが結局はお金を使って効果をあげる

コンサルティングだ。


もちろん大企業なんかはこういったコンサルティングが必要なので

市場は大きいとは思う。


しかし、なんだろう。


この腑に落ちなさはSEO業者の話を聞いたときの比ではない。


最近の書籍はSEOですらない。

ちなみに最近発刊された書籍の多くはソーシャルを利用したトラフィックアップの話なので

これはもうSEOですらないのだが

なかにはちゃんと検索エンジンの順位アップをする方法を書いた書籍もある。

ただ、その内容はほぼ5年前と同じといってよい。


ソーシャルブックマーク、サテライトサイト、ブログ、相互リンク、ディレクトリ検索エンジンの登録・・・


あらゆる手をつかって上質な被リンクを数多く得る。ということだ。


Googleの成果か、淘汰か

これを見てみると

GoogleのSEO業者排斥が実際成功しているというよりも

業者間の競争により

儲けられる業者のみが残り、

そしてそれらの業者が、より儲けられる方法=マーケティング、コンサルティング

へと変わっていった。


そしてSEOをする業者は誰もいなくなった・・・(なってないけど)

と言えなくもないんじゃないだろうか。

a0002_011580_m


勉強すれど、よくわからず。

前にも少し書いたが

だいぶ久しぶりにSEO(というか今はアクセスアップもしくはトラフィックアップと言うべきか。)

のお仕事をする機会があったのだが。


なにせ私のスキルは5年前で停止しているので


いろんな書籍やネットで昨今のSEOというやつを調べたり

地元の有力な(・・・と言われている、依頼したことはないが)SEO業者に話を聞いてみたりした。


そこで分かった事は


何はともあれ「よくわからない」という事だ。



なぜ「良く分からない」のか。

原因の一つは「SEOという手法がそもそも今では通用しない」という事にあるかもしれない。

検索エンジンのアルゴリズムがほぼ、Google一本になった今

Googleの対策だけしてればいいじゃん♪楽チンじゃん♪

と思うかもしれないが。


どうも、それは違うようだ。


この5年間、Googleは徹底的に検索アルゴリズムの精度を高めていたようで

例えば、無駄にリンクを増やして順位向上を狙う

いわゆる、悪質なSEO業者というのは淘汰されていったようだ。



Googleの検索システムがSEOを淘汰

それもそのはず、Googleの収益源はなんといっても広告(Adwords)だ。

Adwordsはユーザーからの課金により強引に検索順位の最上段へと自サイトのインデックスを持ってくるわけだが

これを安価にできる手法を提供していた、いわゆるSEO業者というのは

Googleにとって駆逐しなければならない存在に他ならなかったわけだ。



じゃあ全てSEOは無くなったのか?

ではSEO手法自体が全て駆逐されたのかというと、どうやらそうでもないらしい。

クロスレコメンド、Jエントリーといったリスティングや

前述した業者のように未だに残っているSEO業者は確かに存在する。


しかし、これらの手法は価格的に安いものではない

リスティングなど5万円するものがほとんどで、SEO業者に関しては数百、数千万というのもある。


じゃあ、それだけお金がかかるんなら、Adwordsにしようかな。


と、これがGoogleの狙い。

ということで、上記に挙げた、現在残っているSEO手法のほとんどは

Adwordsよりお金がかかるもの。と言えるかもしれない。


これは私が求めるSEOとは違う(それならそもそもAdwordsで運用する)のだ。

だから「良く分からない」となってしまったわけだ。



現在の有効なSEO手法


で、イマドキのSEO手法は


地元のSEO業者の話にもどるが

ここの業者は地元というか関西地方でも結構名の知れた業者のようで

横のつながりでその名前を出せば「へぇ〜」となるくらいの人物だ。


あくまでその人が言っていた事で

現在、有効なSEOの手法をまとめてみると


・ドメインには有力なものがあるので、それを買い取ってそこからリンクする

Googleが良質と判断しているドメインでもう使われていないものを買い取って

そこからリンクすればOKということらしい。

Googleに良質なリンクと判断されることが重要。

これは5年前にも言われていたことだが、

どのリンクが悪質(無機質)でどのリンクが良質なのか、Googleがシビアに判断するようになった。

と言い換えることもできる。

つまり、これくらい苦労して手に入れたものでないと良質とは認められないということだ。


・Googleの提供しているドキュメントを読め。
Google検索エンジンスターターガイド

SEO業者がこんなこと言ったら終わりですけどね。

ともかくGoogleの言う事を聞かないと生き残っていけないの、私もあなたも。ということらしい。

内容はほとんど内部SEOの話。目新しい発見はなかった。


・リスティング

リスティングに関しては別のSEO業者が言っていた。

そこは、ほぼリスティングに頼っている。それもどーなの?っていう話だが。

現在の検索順位の被リンク状況を見てもわかるとおり

リスティングは一定の効果があると見て間違いない。

このあたりGoogleAdwordsに脅威とならないような立ち振る舞いをしているおかげだろう。


というわけでもはや

「無料でできるSEO!」的な一昔前の手法は無効ということらしい


私が知っている

・相互リンク
・ディレクトリ検索エンジンへの登録
・リンクファーム

等は死語といっても過言ではないくらいに。



本当にそうなの?

で、ここからが考えようではある。

SEOはお金をかけないとできない時代になった。

という結論が私の「よくわからない」を生み出していたのは言うまでもない。


いや

よくわからないというか


腑に落ちない。のだ。

SEOにお金をかけていなさそうなコンテンツが

検索上位に来ている事例がたくさんあるではないか。


SEO業者からはそういった事例は一つも聞けなかったが


極端な事を言えば

SEOにお金をかけたサイトよりも

Yahoo!知恵袋 や NAVER まとめ の1コンテンツが上に来ている事があるのだ。


つまり、先ほどの結論は正しくは無い。


無料で、検索順位の上位に表示できる方法がある。


しかし、それは、いわゆるSEO業者にはできない手法である。


ということではないだろうか。

a0003_001904_m



長いことSEO関連の仕事から遠ざかっていましたが

久々に、自サイトのSEOというか、アクセスアップをする機会があったので


それとなく、書籍やネット、セミナーなどで「最近のSEO事情」を調べてみたんですが


YSTがGoogleに吸収されたのにも関わらず。



SEOの世界は5年前よりもカオスになってるみたいです。



各分野の一流と思われる人に聞いた、現在の効果的なSEOとは。


・書籍
検索エンジンの順位アップの方法はもはや無いと言うに等しい。SNSなどでアクセスアップを狙うべき。

・ネット
まず検索でひっかかるのが5年前の情報と同じものばかり。新しい情報は検索にひっかかってないのか?それとも新しい情報自体ないのか。

・セミナー
Googleの言うことを聞きなさい。そしてSEO業者に頼みなさい。



誰一人として具体的な方法は提示してませんよコレ。

検索順位のアップについて何か新しいアルゴリズムや理論がでてきた、というわけではなく。

むしろこの5年間にGoogleがやった事といえば

SEO業者を叩く事ぐらいだったようですね。

そうすればAdwordsを使う人が増えますからね。


ま、というわけで検索順位アップはやはり未だにリンクの数や価値で判断されているといって

間違いないでしょうね。


ウェブサイトやスマホアプリの分野で激動だった5年間ですが

SEOの分野は恐ろしくカオスになりながら衰退しているようです。

a0005_000377


バイトのせいで店舗が閉まったりしてるわけですが。

そもそも、


バイトっていうのは愛社精神もそこそこ無いスタッフなわけで


そこに責任とか

重要なポジションとか

なんとかかんとか守れというのが無理。


バイトもそりゃあ仕事ですけどね。


バイトを監督できてないのが問題。



例えばめっちゃ怪しい、今にも商品とレジの金盗んでトンズラしそうな人を雇ったとして


その人を誰も監視せずに働かせてるのと同じ。


若いやつが悪ふざけしてたら、怒ってやんないと。

仕事中はスマホ取り上げるとか。そんぐらいしないと。

a1180_003802

サッカー勝ちました!!

勝ったけど相手のがてまらって強いの?

ねえ?

a0003_001841


アクセスアップを目指すには良いデザインのサイトを作るのが大事だ。

サイト制作を頼むならデザイン事務所。ってことで

京都のWebサイト制作業者に最近のデザインについて聞いてみる。

最近はHTML5やCSS3もちょっと増えてきたそーだ。

a0001_013634



最近はARというものがはやっているそうですが

このサイトで名刺を作ってスマートフォンのカメラでその名刺を写すと・・・

なんと立体的なロゴが名刺の上にうかびあがってくるという。

世の中すすんだよね。


スマートフォンアプリを使ってARで名刺を見せる


例えば不動産の間取りってよく広告が出てるけど

間取りをみたからってどんな部屋かなんて分かるわけないんだけど

コレ使えば分かるんじゃないの?と思ったらそれもやってる。

物件情報やマンションの間取りなんかをARにする広告

これで、賃貸情報のページとかアクセスアップ間違いないんじゃないか。

約一年の時を経て、復活!
誰一人として待ってないけど、かなり勝手に復活。


さてさて、

この不況のなか
「電子部品のバイヤー」から「ウェブデザイナー」への転職も
一応成功しそうです。
(しそう・・・という意味はまた今度)

これまでアマチュアでいろいろとseoを勉強してきたから
ウェブデザイナーのプロとしても、やることはほとんど同じです。
ホント、ウェブの業界って、プロとアマの境目って無い!


まーでも、仕事でウェブをやるようになってから
ホームページの引っ越し案件を複数抱えるようになりました。
有料のサーバーやドメインを複数借りることがないアマチュアにとって
これは未知の領域ですのでいろいろと勉強になりました。



◎ホームページの引っ越しをするとき
通常「旧ホームページから新ホームページに引っ越しましたよ」
というときは旧ホームページから新ホームページにジャンプさせる。
ということをしますよね。


でも、この様な場合seo的な視点からみると注意が必要です。
こんなとこ(http://allabout.co.jp/internet/hpcreate/closeup/CU20020315A/)参照


引っ越しジャンプをさせる方法は代表的なのが2種類
1.metaタグでジャンプ
2.htaccessでジャンプ

このうち1はすごく簡単なので、使ってしまいがちですが
これがseo的にはあんまり良くない。
なんでかっていうと、検索エンジンの人たちがあんまり良くないって
言ってるから。

2はサーバーにhtaccessというファイルをつくりジャンプさせる方法ですが
検索エンジンさんは、この方法を「正式な引っ越し」と認識します
(301リダイレクト)


まー、いろいろとあるわけです。
2のほうはサーバーによっては設置させてくれないところもあるし
そのときはしょうがなく1を使うことになるのですが
この場合は転送時間を0秒にすると301リダイレクトと同じ扱いになるようです
(もっとも、yahooだけですが)



こういうseoの情報って、ネットに流れてるものの中には結構間違いがあるので
注意が必要です。
私が勉強したなかでも、間違い(と思われる)の記述が結構ありました。
「転送時間を0秒に・・・」のくだりはyahooのサポートページに書いてありましたので少なくともYSTに関しては適用されるはずです。


metaタグでのジャンプにはくれぐれもご注意を!



※追記
metaジャンプ0秒はやはりグーグルへの効果は薄いようですね・・
下記のようなyahooとgoogleの検索結果が違うサイトは引っ越しサイトかもしれませんね
ヤマハのバイク専門店ysp長岡
京都の国立病院宇多野病院ホームページ

このブログで
「サラリーマンがどうやってアクセスアップをしていくか」
を日々探求してきたわけですが。

毎日夜11時くらいまで働いて、休日出勤ばかりの会社では
とてもそんなこと考える余裕がなかった
と、いうことで

会社やーめた!

んで、いまウェブデザインのプロになるべく学校に通っている次第です
アクセスアップやサイト作成も再開できるかな。

 「サラリーマンでもサイト運営(アクセスアップやアフィリエイト)できるんだろうか?」が最近の課題である。

 というのも。

仕事をしてわかったが、はっきり言ってサラリーマンには自分の時間などまったくない。

会社にもよると思うけど、朝から晩まで働き通しの人は少なくない。



「こんな状態でサイト作成&運営&アフィリエイトなんてできない。」
率直な感想。


私の場合、日々の仕事さえいっぱいいっぱいなのだ。(まあこのブログの更新状況をみればわかるか・・・)


しかし、今までのブログの記事を見ても分かるとおり、アフィリエイトは、普通にサラリーマンとして朝から晩まで働くのと同じくらいの、可能性を秘めている。と思う。


さーて、どうしたものか。

 本当に、ほんとうに久しぶりですいません。

まあ気ままなブログということでいいではないですか。


さて、最近のアフィリエイト報告。

アクセス数/日→サイトあたり50
平均収入/日→50円ほど・・・

報告が滞っていたわけがわかると思います。


一ヶ月で換算すると千円いくかなーって感じです。報告の必要もない・・
そんでミズモノサイトの方はと言いますと、1500円/日の収入を実現。
ミズモノサイトが始まって半年だから、もっと収入が落ち込むかと思いきや
なかなかがんばっています。
しかし、ジツはこの稼ぐサイト、私ではなくほかの方の管理下になりました。
もともと、サイトを作成→軌道に乗るまで運営という事で管理させて頂いて
いたのです。

そんなわけで収入も一気に60分の1へと・・・


いやいや。気を取り直して。
さてさて、ここで重要なのは1日に50円稼ぐサイトも一日に2000円稼ぐサイトも同じ人(私)がつくったということなんです!

サイトを作る能力が同じなんだから、サイトの出来栄えやアクセス努力は
アフィリエイトの収入に影響しない・・・と、大げさに言ってしまえばこういうことになると思います。


じゃあ肝心なのは?


これはズバリ「コンセプト」です。
私の運営しているサイトと2000円稼ぐサイトではコンセプトが全く違います。
つまり
・サイトのターゲット
・競合サイトの数、ページランクはどうか
・内容が注目されているものか
等のコンセプトです。

これによって、同じサイト作成能力・アクセスアップノウハウを持っていても
収入が違ってきたのです。

要は「戦略」といえるかもしれません。
−今回はこれくらいで。


−あ、言い訳ですが。
収入が落ち込んだのにはちゃんと理由があるんですよ。本業の仕事が忙しく
なって、管理ができない状態なのです。
今後はこういう忙しい状態にある社会人の方でもアフィリエイトが成功する方法があるのか探求していきたいと思います。

 「アフィリエイトってのはとっても難しい。」

これが最近のアフィリエイト事情の大前提です。
実際、私がアフィリエイトをやってる感想もこれと同様です。

「広告」とは言っても、そのほとんどが「成果報酬」ですから
アフィリエイトを成功させるには絶大なプロモーション力が要
る訳です。
会社で言えば「営業」の力でしょうか。

では私に営業の力があるか?・・・否。
はっきり言ってそういうの苦手です。
実際「成果報酬」で上げた売り上げは微々たるもの、収入のほ
とんどをクリック型に頼っています。

クリック型のアフィリエイトに要求されるのは、とにもかくに
もサイトのアクセス数でしょう。
クリックを100稼ごうと思えば、1000や2000のアクセスではき
きません。
多くのサイトのクリック率は1%(100アクセスに1回クリック
される)もしくはそれ以下ですから、クリック単価5円なら、1日
一万アクセスのサイトでやっと500円の収入です。
一ヶ月だと15000円。
・・・ちょっと非効率な感じもしますがこれだけ稼げればひとま
ず成功といえるのではないでしょうか。(もっと効率的にする方
法はありますがそれはまた次回の次回くらいで。)

さて、簡単に1日10000アクセスなんて言ってますが。
はっきり言ってこれ、無理です。

いや、無理というか、普通のサイトならものすごく達成が難しい
数字なのです。
私が作ったウェブデザインのサイトは制作とアクセスアップに半
年を費やしましたが、ものすごく順調にいってるとは言え、1日2
00アクセスが関の山です・・・

アフィリエイトの猛者でさえ1日1000アクセスに四苦八苦してるん
ですから・・・

じゃあどうやって10000アクセスも!?
って感じなんですが。
そこで出てくるのが「運」と「チャンス」なんですよね。
(ほんとはもう一つあるんですが、私の様な凡人にはないものです。)

長くなってしまったので今回はこれにて。
次回も「運とチャンス」について書きたいと思います。

(1日10000アクセス達成しているサイトを探してみるとおのずと分か
ることかもしれませんね・・・そんなサイトを研究してみるのもい
いかもしれません。)

 前にも述べたとおり新しいサイトを設置したことにより
短期間で収入が1000円→6万になった。

 今回からはそのいきさつを報告したいと思います。
まず、その新しく手がけたサイトは一体どんなサイトか、と
いうと、これはずばり「ゲーム攻略サイト」です。

 ま、ゲームといっても家庭用のゲーム機の話ではなく、い
わゆる「オンラインゲーム」のことです。

では何故オンラインゲームのサイトにしたか。

・自分自身興味があり、オンラインゲームで遊ぶ
・ゲーム、オンラインゲームに関してはネットでの注目度が高いっぽい
・オンラインゲームに関するサイトは軒並み高アクセス
・ネタを1から考えなくてすむ。(ゲームデータを整理するだけ)

・・・などなど。
実際、当初自分が予想していたよりはるかにオンラインゲーム人口は多
く、アクセスも伸びた。
 また家庭用ゲームなら攻略本があるが、オンラインゲームにはない。
(少ない)。オンラインゲームをする人はネットに慣れているため攻略情
報もネットで集める。という感じで検索ヒット数が多くなる。


前から「オンラインゲームサイトってアクセス多そう」って思ってたけ
ど、これほどとは・・って感じでした

次回は「チャンス」「運」について報告したいと思います。

 生意気ーな題名ですいません。
がしかし。私がアフィリエイトをやろうと思った約一年前・・
その一年前に、ひとつの目標を立てました。

それは・・「アフィリエイトで月20万!!!」

今から思うと、ホントに生意気なガキです。
先日、一ヶ月の収入が6万という数字にまで達しました。
ミズモノサイトだとか、成功報酬はあがってないとか、まだまだ
いろいろ問題はありますが。この金額は私にとって一つの結果を
だした!感があります。

20万とまではいかないまでも、月5000円の収入をだすことに四
苦八苦していたものが万単位の収入を、まがりなりにも上げた。

もちろんこの6万という数字でさえ、アフィリエイトという形態
で稼ぐにはとても難しいものです。
サイトをプロデュースする力、SEOの力、広告をプロモーション
する力・・全部がないとなかなかうまくいかないものです。私
の場合を「偶然」「チャンス」を得たことが大きいでしょう。
自分で言うのもなんですが、能力は乏しいですから。

たまたま「流行」を先取りできる情報を得たこと。これだけ。
よって私のこの10ヶ月の感想として「アフィリエイトで誰でも
稼げる」とは全く思いません。
能力があって、または運があって初めて・・・という感じです。

結果をだす、ということは並大抵ではないなーって感じです。
私も目標には遠く及ばないし。


さて、以上のことを踏まえた上で、一言。
「是非、結果を出そー!」
言うてる事全然違いますねー。えー、アホですから、私。

私の場合、目標には遠く及ばないにしろ、今回の月6万という
のはひとつの「結果」だと感じています。それなりに充実感も
あるものです。
アフィリエイトーというのは長い間結果がでないと暗闇の中を
さまよってる感じになっちゃいます。
だから。
結果だしちゃいましょうよ。
どんなサイトだっていいじゃないですか、自分の趣味じゃなくて
も、流行物でも。

「まずは貪欲に結果をもとめる」これはアフィリエイトのコツと
かではなく、単純に「楽しみ」だと私は思います。

 ひさしぶりのブログ。忘れ去っていたわけでもなく・・・

さて最近のアクセス&アフィリエイトの状況を。
はっきり言って以前と比べればかなりの好調です。それというのも前回、鋭意作成中だった「ゲーム攻略サイト」のアクセスが10000/日(トップページのみで)を軽く達成し、アフィリエイトの面では1000円/日をたたき出しているからなんです。

あらためて「流行り物」のスゴさを実感。
なにせこれまでずっと丹念に作成してきた「ウェブデザインサイト」でさえ1000円/月の広告収入なのだから。わずか一ヶ月でその30倍もの売り上げを出してしまったのには正直驚いた。

ただし「流行り物サイト」はミズモノである。
時期が過ぎればアクセスも、収入もなくなるものである。たぶん。
現在の「韓流・・」に似たものを感じるなあ。あのナントカ四天王は来年どうなっているんだろう?

とにかくミズモノですが、はっきり言って「流行のサイトをつくる」これもアフィリエイトの一つの形に思えます。
やっぱり収入が多い方がやる気がでるからねー。

ゲーム攻略サイト
ウェブデザインサイト

 最近何故かアクセスアップしている。
低迷していた本サイトがなんと200ユニークアクセスを初突破!
あれだけ、アクセスアップ対策をしても150あたりをずっとさまよって
いたあのサイトが??

何故?

本格的な解析はまだやっていないので本当のところはわからないが、察
するに、アクセスアップした要因はこうである。


.筌奸爾砲劼辰かりやすくなった?
見出しや論理強調のタグを入れ始めたころからヤフーの検索が増えた。
きっとこれも関係しているのだろう。

微妙なページランクのアップ?
他サイトからのアクセスは解析結果から見ても以前と同じ。とすれば検
索エンジンからのアクセスが多いということになる。
以前、アクセスアップ対策で「相互リンク」の依頼をしたことがあった
が、最近になって依頼先サイトが更新され、リンクが貼られた、と同時
に微妙ーにページランクがあがったかもしれない。(数値的には3のまま
だが)


ま、とにかく100台で足踏みしていた本サイトにとってこの200突破は嬉
しい限りだ!


さてさて、新サイトを手がけている、という話題が前にあったが、その新
サイトとは「ゲーム攻略サイト」である。このサイトは今話題のオンライ
ンゲーム攻略サイトで、なんと現在すでに一日900アクセス…すごいの一言。

やはり流行のトピックともなるとすごいアクセス。

 さて、収支報告が滞っていますが、それはさておき
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 ブログが滞っていたのは他でもない、新サイトを立
ち上げ中だからです。一つのサイトがうまくいってな
いのにあれもコレもと手をだしてしまう悪い癖。

 肝心のアフィリエイトは一昨日、2004年の最低記録
である、一日0円という輝かしい結果を残して、年を
収めたのであります・・・ホントにもうこのサイト参考に
しないでね、うまくいってないですから。

 なにわともあれ今年がみなさんにとっていい年であり
ますように!

 「サイトの更新がアクセス数に悪い影響を与える」という
のは以前書きました。
 このたびのサイト大幅更新はまさに大幅アクセスダウンを
ともなうという結果になっています。

 実際の値からいうと、ユニークアクセスの数は平均150から
70に。アフィリエイト収入に至っては平均80円から30円くらい
にまで下がっています(いずれも日毎計算)

 ページの内容は明らかに以前より充実した。
・・・それでもこの結果がでるのは、いかに内容よりアクセス
が重要かということなのか。

 そういえばまだサイトを開設して間もないころ、アフィリエ
イトで毎日200円の収入を出していた時期があった(現在のおよ
そ10倍)アクセス数はもとより、内容など今と比べ物にならない
程陳腐だったにも関わらず。

 では今と何が違ったかといえば、それは「訪問者の質」なの
かもしれない。初期のアクセスで現在と唯一違うのは「ヤフー
での検索に強かった」ということ。
 現在ではグーグルヒットが大半を占める本サイトも、以前は
ヤフーからのアクセスが多かった。
 ヤフーユーザーには特徴がある。それは「PC初心者がとても
多い」ということである。つまり初心者のアクセスはアフィリ
エイトにつながりやすいのだ。

なんかエライ論旨がずれたけど、とにかくサイトの内容がアク
セスやアフィリエイトと連動するとは限らないのだ。

 このサイトはアクセスアップの方法とそれに伴う
アクセスの状況(増加・減少)を検証するサイトです。
同時にアフィリエイトで収入をアップさせる方法を
考え、検証していきます。

現在検証に使用しているサイト
HTMLで始めるウェブデザイン-kon`s produce

ジャンル:ホームページ作成・ウェブデザイン
サイト作成:2004年6月

運営者紹介
このサイト・検証サイトともに、私"kon"が運営中。
ホームページ作成歴:7年(空白期間多数)
アフィリエイト歴:5年(ほとんど空白の期間)
アクセスアップ歴:半年
職業:微妙
住所:日本
「みんなはどんな風にアクセスアップやアフィリエイト対策をしているのだろう?」これが私がこのサイトを作ろうと思ったきっかけでした。
アクセスがすごいサイトやアフィリエイトで稼いでるサイトはけっこうあるけど、そんなサイトも始めからその状態だったわけではない。
きっと苦労して試行錯誤して、現在の状態までこぎつけたサイトだってあるはずです。
そしてそこにはいろんなドラマがある・・・
そこでアクセスアップの過程や収入アップの過程などを実際に、検証というカタチであらわせたらなあ、と思いました。
しかし、アクセスアップにもアフィリエイトにも実際、成功したことない私が
今回は成功するという保障はどこにもありゃしません。アクセスも収入も下降の一途をたどることになるかも・・・
そんなわけでこのサイトの名前は「アクセスアップ"ダウン"日記」となりました。
アクセスは増えるのか、はたまた減ってしまうのか、どうなることやらわかりませんが、良かったらこんなサイトを暖かく見守ってやってください。

お問い合わせはこちらまで