2013-06に閉鎖
最終訪問日 2012-04
群馬県吾妻郡長野原町川原湯 所在地図
混浴露天×1 掛け流し 共同浴場(6:30~21:00 定休日・無 100円) 脱衣所・共用 タオル巻き○


民主党が政権を取った時のマニフェストの目玉の1つ「時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す」で一躍有名になった八ッ場ダムの水没予定地にあるのが、この温泉です。

しかし永年にわたる国の政策との対立の末に代替地転居という苦渋の選択をした水没予定地の人達からすると突然浮上した、ダム建設中止論は今更迷惑なだけかもしれませんが、一温泉ファンとしては鎌倉時代、源頼朝によって発見されたと伝えられる長い歴史をもつ、この温泉地が現状のままあり続ける事を願うばかりです。


聖天様の祠
S-P1000142

しかし、この施設は高台にあることや露天風呂の名称になっている聖天様の祠が、すぐ近くにあることからダム建設後も何とか残すのではないかという憶測もあるようですが、これは一部の温泉ファンの願望が噂になっただけかもしれません。

この聖天様は、かなり「キワドイ」お供え物を見ても分かるとおり子孫繁栄や精力増強の神様として信仰されているようです。

だから、この露天風呂が共同浴場には珍しい混浴のままで残っているんでしょうね。


施設入口
S-P1000137

施設の入り口は看板が無ければ見落としてしまいそうな路地があるだけです。


施設入口の門
S-P1000138

その路地を少し登ると門があり、開業時間外は鍵が掛けられて入れないようにしてあるようでした。


施設外観
S-P1000638

建物は露天風呂を覆う屋根があるだけのもので、階段下で靴を脱いで柱に設置してある料金箱に100円を払って露天風呂に入るようになっています。

横には仮設のトイレもあり全体的に簡素ですが管理がされていて、鄙びた温泉が好きな人が通うのも頷けます。


共用露天脱衣所
S-P1000635

階段を上がると湯船のすぐそばに簡単な棚があるだけの脱衣所がありますが、目隠し等は無いので先客がいると女性でなくてもちょっと恥ずかしそうです。

しかし、この脱衣所は湯船に浸かりながら嫌でも目に入るので盗難の面から考えると貴重品を置いても問題が無いのは良い所かもしれません。


混浴露天
P1000636

ここの源泉は80℃あり、この日の湯加減も手がつけれないほど熱く、湯船は6人入ればいっぱいと小さいですが加水して入れるようになるのに30分以上かかりました。

お湯は掛け流しの無色透明で硫黄の香りが強く、白い大きな湯ノ花が大量に舞っていて温泉好きを満足させてくれます。

この日は平日で私達だけの貸しきり状態でしたし、立地が高台の林の中なので人の目を気にすることなく入ることが出来ましたが、もし先客がいた場合は脱衣所の位置や湯の温度調整を考えると女性には、かなりハードルが高そうです。

しかも100円と安い料金や常連客への願い事が書かれた張り紙があることやから、毎日のように通っている人も多そうなので、この日は運良く貸しきり状態だったような感じがします。

しかし、そんな事は抜きにして一度は入ってみる価値のある良いお湯だとと思いますし、子孫繁栄や精力増強の神様に由来する露天風呂なので、そこはおおらかな気持で楽しむのがいいんじゃないでしょうか。


成分表(拡大表示可能)
P1000141

温泉☆☆☆☆☆評価の内訳は、+掛け流しの湯、+硫黄の香り、+白い大きな湯ノ花
入り易さ☆☆評価の内訳は、+タオル巻き○、-脱衣所共用、-無色透明な湯

総合評価 オススメ度4☆☆☆☆
掛け流しの湯は泉質も良く文句なし、しかし脱衣所と露天風呂がくっついている施設は女性には厳しい。