いよいよホタルの季節になってきましたが
なんと先日5月23日にホタルを3匹確認しました
そして先ほど5月26日夜7時半〜12時まで確認できたホタルは
20匹も確認することができました
昨日ご宿泊されました常連のラム様も見れたとの事で
こ〜いちも大変嬉しいです!!!
このまま6月に入りドンドン増えていきます。
見頃の時間は8時〜10時頃です
10時を超えると発光も少なくなりなりますが
12時を超えても見ることができます。
興奮が冷める間に記事を書こうと思います、でも眠いZzzz

「写真は全てクリックしますと拡大表示されます」
クリックしてさらに拡大されますとA4サイズになります。

吉池旅館へご宿泊を検討されている方へ
館内などの紹介です、参考までにどうぞ!!
「吉池ほのぼの旅行」はこちら←クリック

源泉はかけ流し?源泉はどのようになっているの?
そんな時はこちら↓
「吉池旅館6本の自家源泉」の詳細はこちら←クリック

現在は新緑のライトアップをおこなっております
「THE・新緑」詳細はこちら←クリック

これが先ほど撮った写真↓
h2









とっても綺麗に撮影することができましたが・・・
1時間掛かりました(ノд・。) グスン
nikonD80 レンズTAMRON SP DI 90mm MACRO
ISO感度320 露出時間3.6秒 露出補正−0.3 最大絞り 4

このホタルを見れる場所はお風呂場に行く途中の通路です
そして男子露天風呂からでも見ることが出来ると思います。

それでは簡単にホタルの生態について説明をします
こちらはメス↓
h1









お尻の黄色い発光体部分が一箇所である事
そしてオスよりも体の幅がありふっくらしている。
一箇所の発光体なので光り方がゆっくり一定間隔している。
メスは基本的に地面などに生息しあまり飛ばない、これは
オスを誘致・産卵しやすいように一定の場所に居る為である

オスの場合は黄色い発光体が二箇所あり
メスよりも体が細い↓
発光体が二箇所なので光も強く連続発光し不定発光する。
オスは空高くまで飛びメスを探す ですので
高く飛んでいるホタルはほぼオスであると言うことである
h3










ホタルの全体写真を撮りたかったのですが
これがまた難しいヾ(´ω`=´ω`)ノ
また次回チャレンジします。
h4









ホタルは水辺で産卵し翌年の3月頃まで川で過ごします
そして3月から陸に上がり地中にてさなぎになり今頃羽化するのです
羽化したホタルは7〜10日程度しか生きることができません
その間は何も食べず水しか飲まないのです。。。

お子様がいる家族の方々・・・このホタルを見ながら
是非とも教えてあげてください!!!

そしてさらにお客様にもっと身近に見ていただくために・・・
こ〜いちは、秘かにとある考えをしていましたが
今日 草むらで一人でホタルを観察していて
ホタルの行動・飛ぶ高さ・照明度・ナドナドがわかり
ようやくプランがまとまりました。。。
もちろん来年度のお話ですが・・・ムフフ。  Zzzz