ハイベックの洗濯日記!

30年前にハイベックに惚れ込み、クリーニング師の資格を持ってハイベック洗濯のご指導やアドバイスを行っています。ハイベックの洗濯に自信がない方や、これからハイ・ベックを始める方のためにブログを書いています。 ハイベックShop専門スタッフです。http://senzai.ene.co.jp/

ドラム式洗濯機でハイベック洗濯

洗濯おばさん事ハイベックShop洗濯機の大畠京子です。
あるお客様が昨年12月にドラム式洗濯機でハイベック洗濯を我流でしています。
と投稿くださいました。抜粋してご紹介します。

「夫のビジネススーツ、コート、ダウン、ベンチコート、息子の制服や私のトレンチコートやジャケットなど、全てこちらの洗剤と仕上げ剤3点で洗っています。
ドラム式洗濯機なので最初はなかなか調整が難しかったのですが、
洗いの時に水で溶かしたドライ洗剤を洗剤導入口に入れる
→すすぎ2回にして1回目のすすぎの脱水が終わった所でおけになみなみの水に溶かした仕上げ剤2種を洗濯物投入口からバサっと入れる
→最後のすすぎの後は脱水1分に設定し、ほぼ自動で洗い上げています。

仕上げ剤を入れるタイミングが我が家の洗濯機だとスタートから30分なので、タイマーをかけてそこだけ逃さないように注意しています。」

ドラム式洗濯機はメーカーや機種によってもまた年代によっても随分異なります。
でも上記のお客様のやり方は的を外していないやり方だと感心しました。
皆様もヒントにされては如何でしょうか。

又ご自分はこうやってうまくいってるという投稿をくださると、他の方へのヒントにもなりますので宜しくお願いします。




衣替えの洗濯

ハイベックShopの大畠京子と申します。

今年は急に暑くなりまして、のんびり衣替えの洗濯をするわけにいかなくなりました。
我が家は収納する場所が少ないため、夏物を出さなければ冬物を収納できません。

そこで収納ケースを開けて夏物を出したところ、結構たたみじわが入っている。
アイロンをかけなければ着れない洋服もあって、昨日は出してきた夏物を洗いました。
アイロンを1枚ずつかけるより、薄めのハイベック液に浸け込んだ方がはるかに簡単!

実は私は秋の衣替えの時も、収納ケースから出した時にハイベックに浸け込みます。
(ハイベックを入れないと水だけでは浸透しません。)
水に浸け込むことで復元力が働き元の状態に戻ろうとします。

ということは、衣替えの洗濯は汚れを落とす良く乾燥させる防虫、湿気対策をしっかりする
これでいいのです。
仕上剤は来期に出した時にもう一度洗ってから浸けると良いと思うのです。CS200CH200

ウールは結構仕上剤を浸けると浸けないとでは仕上がりが違います。
高級感を出すには、しっかりした質感と、艶が必要です。
意外だと思われるかもしれませんが、コーティングハードが良い仕事をします。

衣替えの洗濯はあっという間にできます。
仕上がりを気にせず、お天気の良い日に集中してやってください。
仕上がりは来期に手当てしましょう。

汚れる前に洗って欲しい…

ハイベックShopの大畠京子です。ユーチューブではエネスペースの大畠京子です。

最近は電車に乗ると、周りの方のコートの汚れ具合を見ます。
白いコートがグレーになっている、何となくくすんでいる、ふわふわした毛がなくなっているようだ
全体によれっている等々見渡しながら、「あ〜 ハイベックで洗濯してほしいなー」と思うのです。

クリーイング屋さんに洗ってもらう場合、プロが洗うのだから付いた汚れは全部取ってくれるので
汚してから出す、と決めてていませんか?

プロが洗うドライクリーニングにも得手と不得手があります。皆様が出した大量の洗濯物を洗うわけですから、1点1点洗うのとは状況も違います。

ドライクリーニングは石油系などの油で攪拌して洗います。すすぎはありません。
油洗いは、縮まない、風合いも変わりにくいなどの良い面があり、大事なお洋服はドライクリーニングに出すのが常識になっています。
良い部分はありますが、良くない部分もあります。
油汚れしか落ちない、攪拌するため生地が痩せる、濯がないので洗った時に出た汚れが残る、などです。

水洗いも長所と短所があります。
水は元に戻そうとする復元力が強く、加工された素材を元に戻そうとします。
そのため、しわができたり、縮んだり、風合いが変わったりします。

ハイベックはドライクリーニングの欠点と水洗いの弊害をなるべく取り除くために考えられました。

ハイベックで洗濯するためには、なるべく汚れが薄い時に簡単にすることが上手に洗えるコツになります。

ドラム式洗濯機なら、洗濯ネットに入れてホームクリーニングコースで、洗濯5分、すすぎ1回、脱水1分に設定、ハイベックは水で溶かしてから入れる。この方法で汚れが落とせるくらいの状態で、洋服になるべく負担をかけないで洗ってください。

タテ式は、浸け込むだけで攪拌しない⇒脱水⇒ドライコースにセットして水を入れるときに回らなければそのまま満タンまで水を入れる⇒軽く手で動かして脱水(回り始めてから1分以内)⇒陰干し

干す時に手間をかけるのとかけないとでは、仕上がりが違います。振りさばいてから軽く畳んでから干すと綺麗になります。上着類はボディハンガーに干すと良いです。ハイベックボディーハンガー140衣替え洗濯のこの時期、簡単な洗濯ですから気軽にやってみませんか?




冬のブレザーの洗濯

IMG_0569ハイベックShopの大畠京子です。
今、男性が一番着ているのが、ツィードなどのブレザーです。毛織物で織柄が入っています。

その他にも、合繊のものも出ていますしカラフルで、スーツよりもファッショナブルに着こなせてこの時期多くの男性が着用されています。

2月になります日差しが明るくなります。今、一度洗うと明るい陽射しに中ですっきりとしたブレザーを着ることができます。

ハイベックでの洗い方は本当に簡単で、よっぽど襟や袖口を汚していなければ、浸け置きだけできれいになります。
特に厚地のウールは汚れが取れやすいのです。
ボディハンガーに干せば、アイロンも何も要りません。
※ブレザーが大きくてボディハンガーの肩から外れるときは、背中の縫い目をつまんで肩はハンガーに合わせて乾かしてください。

クリーニング屋さんでドライクリーニングをすると、くすんでくるのと表面の毛が減って元布が出てきてみすぼらしくなります。

アイロン不要の簡単に洗えるお洋服は、自分で洗いましょう。
洗い方はこちらから見れます。

夏服のヘタリ防止

ハイベックShopの大畠京子です。

各地で豪雨の被害が出ています。いつ自分のところへ来るかもしれません。
命を守る行動を早め早めにしたいものですね。

天気も悪い中、洋服の洗濯もないものですが、
OIF[8]
いつも夏の終わりころに、電車で見かける服装が、
色褪せしてる、ヘタってだらしなくなっている人が多いと感じていました。

夏のお洋服の洗濯を今から気を付ければヘタリが少ないので方法をお伝えします。

◎ 同じ洋服を繰りかえし着ないで休ませる。

◎ 洗うときは攪拌などの力をなるべくかけない、増白剤入りの洗剤を使わない。

◎干す時は縦糸に重さがかかるようにする、直射日光にあてない。

◎汗を付けたまま余り長い期間放置しない。

仕上剤コーティングハードを付けて形態安定加工と生地にハリや厚みを出す。CH200

夏は洗濯の回数が多いために洋服がくたびれてしまうのですね。
くたびれは色にも、生地にも、形の崩れにも出ます。

これらを意識して洗濯することが、来年もまた新品のように着れることになります。

夏のジャケットとを洗おう!

su-tu
ハイベックShopの大畠京子です。
右のようなジャケットをTシャツの上から来ている方をみます。昔では考えられませんでした。なぜなら襟が皮脂や汗ですぐ汚れるからです。
こういう着方はおしゃれな人かリッチな人しか着れません。
しかも、普通のクリーニング屋さんに出しても汗は水溶性の汚れなので取れません。次年度着ようと思って出したら白い襟は黄ばんでいるし、濃い色の襟は色が抜けるのです。
お洒落な方で1季節で終わりの方か、特別なクリーニング屋さんを利用するかしかありません。

ここからはハイベックおばさんの出番となるのですが、ハイベックで洗えばいつも清潔で気持ち良く着れます。綿・麻といえどもアイロン不要です。むしろ素朴な風合いが楽しめます。

もちろんパンツも一緒に洗って下さい。IMG_0508
干す時は男性のパンツは画像のように折り目で畳んで裾から干すのがしわが1番伸びます。

1度着ると洗濯したくなる時期になります。どうぞハイベックをフルに活用して清潔で気持ち良いお洋服を着てください。型崩れや生地の劣化も防げます。



ドラム式洗濯機の浸け置き洗い

ハイベックShopの大畠京子です。
洗濯機先日十数年ハイベックをご愛用いただいている方から注文の電話がありまして、ドラム式洗濯機で浸け置き洗いをされているというお話を伺いました。
私はハイベックで浸け置き洗いをするには縦型洗濯機が便利ということでずっと縦型を使っているのでドラム式のことは詳しく解りません。25万以上もする洗濯機だそうでドラム式は高価な洗濯機と驚きました。
この方はとても高価なものを身に着ける方で、その代わり長く着ると言われます。
カシミヤのセーターも数万するものだし、外出するときはきちっとしたスーツと帽子を被られます。
その彼女が、ドラム式洗濯機のホームクリーニングコースですべて洗われるそうです。
私が、浸け置き洗いが1番だというお話をいつもするものですから、何とか浸け置き洗いができないかと工夫されたそうです。
それは洗いの最中に一時停止をすることでした
洋服が洗剤液に浸かったら一時停止をして、5分経ったら再スタートするのだそうです。
洗濯機はホームクリーニングコースを選らんでも手動で洗濯時間、脱水時間、すすぎの回数は選べます。
洗濯時間はなるべく短時間に設定、脱水時間も1分〜2分になるべく短く設定、すすぎは1回
洗濯機に洋服を入れたら、ハイベックは水に溶かしてから投入してください。
洋服はできるだけ洗濯ネットに入れます。
画像で見たい方はこちらをクリックしてお洗濯の仕方を見てください
仕上剤を使われる時は、溜めすすぎを2回にして2回目に仕上剤を水の良く溶かしてから入れてください。
洗濯機はいろんなメーカーからいろんな種類のものがあります。ご自分の洗濯機を良く研究されることをお勧めします。

超?楽な衣替え洗濯方法

今年はコロナ騒動で何となく空気が変ですね。
気候も暖かいのか、寒いのか分からないのは私だけでしょうか。
やっと衣替えの洗濯を始めました。今日はオーバーコート1枚ダウン2枚ニット3枚を45リットルの水にハイベック2杯弱で洗いましたIMG_1979
3年前に購入したカシミヤのコートですから3回目の洗濯になります。画像は3年前のものです。今洗っても全く変わりません。ドライクリーニングに出すとかき回して洗うからでしょうね、毛並みが薄くなってきませんか?ハイベックでは何年間も新品のような状態が保たれるのです。
大体洋服が傷むのは、着用時と洗濯時です。着用は仕方ありませんのでせめて洗濯は傷まない洗濯を選択された方が良くないかといつも思います。

それに洗い方が楽です。浸けて5分〜10分ほっておいて脱水、うちの普通の洗濯機の場合”ドライコース”のボタンを押して水を入れると洗濯機が回らないので洋服を出さずに入れたまま水を一杯に入れて電源を切り、手で軽くかき回して脱水、仕上剤を使う時は洗濯機から出して仕上の液を作って洋服を戻し浸したら脱水⇒陰干し

ここでイレギュラーの更に楽な洗濯をご紹介します
私は仕上剤を気に入っていますから必ずつけますが、衣替えの時、大量の洗濯をするときは仕上剤を省いて、収納します。次のシーズン出して着る前にもう一度洗って仕上剤を付けます。そうすると収納時のしわがアイロンかけなくても伸びるし、気持ち良く着れるのです。皆様も試してみませんか?こうすると全部の衣替えの洗濯はあっという間に終わるかもしれません。

オーバーコートは早目に洗いましょう。

ハイベックShopの大畠京子です。IMG_1985
左の画像はカシミヤ100%の黒のオーバーコートをハイベックプレミアムドライで洗って干したばかりのものです。
ご覧の通りしわもなければ、カシミヤの光沢も失われていません。
これは冷たい水に浸け置いたでけの洗濯で、攪拌などの力を加えていないからです。

カシミヤの風合いをなくす原因は、押したりもんだり攪拌したりの力を加えた洗濯を行うこと、お湯やぬるま湯を使うこと、アルカリ洗剤を使うことです。
と考えますと、まだお水が冷たい頃にプレミアムドライで浸け置き洗いをするが良いということになります。

ウール系統は、自然の油を持っていること、繊維の断面がシンプルなので汚れが表面に付くので汚れは落としやすいです。プレミアムドライは洗浄力が非常に高く、やわらかくしわを作らずに洗えます。

ただカシミヤの場合、やわらかいのですが、コシがない繊維ですので、仕上剤コーティングハード・ソフトは使うことをお勧めします。カシミヤのコートが仕上剤込みで100円以下でクリーニングできますので・・・こう考えると安く感じませんか?

クリーニング屋さんでの洗浄の場合は溶剤(油)で攪拌しますからコートの毛が減ってきます。
白っぽいコートや、いつまでも長くきれいに着たい方は、新品の時からハイベックプレミアムドライで洗われることをおすすめします。(エースドライもOK)
裏地がキュプラの場合、裏地にアイロンを当てた方良いかもしれません。その時は低温でゆっくりかけてください。

夏にジャケットの襟の汗汚れは水洗いでないと

ハイベックShopの大畠京子です。

ここのところ男性の服装で丸首のTシャツの上にジャケットを着ているのを良く見ます。
昔は必ず襟のあるシャツの上からジャケットを着たものです。

IMG_1483
汗や皮脂汚れが襟に付くからです。
汗汚れは水に溶ける汚れですからドライクリーニングで洗っても取れなくて、翌年着るころには、薄い色合いのものは黄ばみ、濃い色合いのものは脱色が起きます。だから着て捨てることを良しとする人だけのファッションなのです。そういえばアメリカのIT長者辺りの方が着ていましたね。

でも安心してください。ハイベックで浸け置くだけできれいになります。カジュアルなジャケットはアイロンも何もいりません。でもボディハンガーはあった方が良いです100ボディーハンガー120×
ひどく襟が汚れている場合は、ハイベックの原液を水と一緒につけて洗濯ブラシでこすりますが、
夏物、綿・麻はブラシで強くこすらず、軽くたたくように使ってください。強くこすると色剥げのもととなります。
これから秋冬物のジャケットになりますが、ウールでもシルクが混じっていても、もっと簡単に汚れが取れてノーアイロンで着れます。

ドライクリーニングでは汗が取れない実験動画

ハイベックメーカーの実験動画
暑くてて汗だらけになる夏が来ます。
夏のスーツや外出着、帰ったらすぐに洗いたくありませんか?
喪服などの礼服もそのままでは収納えません。
しかし、クリーニング屋さんに持って行っても汗は取れないのです。
そんな実験動画が、メーカーから出されましたのでご紹介します。

ネクタイの洗濯

ハイベックShopの大畠京子です。
ネクタイは結構汚れるものですね。食べこぼしに、首の皮脂汚れも付きます。
しかし、ネクタイには洗濯表示がなく、基本的に洗濯を考えて作られていません。
生地はシルクでバイヤス裁ちです。裏地と芯地があります。

洗濯を考えて作られてないとはどんなものか私が経験した例を挙げます。
▲表地が縮んで反り返った。
▲裏地が縮んで表地がぶよぶよした。
▲芯地の他にフェルトのような生地が入っていて真っ赤で色が出た。表地・裏地からも色が出た。
▲バイヤスで裁っているためネクタイがよじれた。
などです。

こんな状態は、直輸入もので価格の高いネクタイに主に出ます。
推測するに紳士物の高価なものは洗濯のことは考えられていなくて使い捨て発想ではないかと・・

日本製はほとんどこんな現象は起こったことはありません。でも洗濯表示はありませんのでダメ元で洗ってください。
洗い方は簡単!強い汚れやシミは水を付けてハイベックの原液を付けてカット綿で叩きながら落とします。
洗面台にハイベック液を作ってネクタイを折りたたんで軽く押し洗いをして、すすぎます。仕上げ剤は付けた方は良いです。(コーティングハードは薄く)ネクタイが重ならないようにバスタオルにくるんで脱水、これだけできれいになるネクタイもたくさんあります。

しかし洗い上がりが良くない場合はアイロンの熱を借ります。
ネクタイをアイロン台の上で形を整えて、アイロンを生地にあてないようにぎりぎりのポジションを保持して生地の表面を乾かします。裏表かなり乾かして平らなテーブルの上に貼り付けるように置いて乾かします。

これできれいになれば十分ですが、ネクタイの両端がペッちゃんこになった場合は、菜箸など長い棒を両端に突っ込んでアイロンの蒸気を吹きかけて菜箸を横に引っ張ってネクタイを広げます。
図解が出来ないで申し訳ありません。

ネクタイは基本洗えないものですから、新品時に撥水スプレーをたっぷり振り掛けてドライヤーで
熱を掛けると撥水加工が効いて食べこぼしが付きにくくなります。


ストール・マフラー7枚洗いました。

ハイベックShopの大畠京子です。
連休のお天気が良い日は衣替えの洗濯で忙しいです。
IMG_2210現在干しているところですが、この他に何とセーター11枚、ユニクロの薄いダウンジャケット1枚を45リットル15gのハイベックで洗いました。
少し多過ぎた感があります。
それに今回はうっかりしていて洗濯機を何分か回してしまって風合いが変になるかと心配しました。
それで画像のようにしっかりと畳んで繊維を落ち着かせました。ほとんど10年は経っているもので結構価格の高いものなので、洗濯機を回したくはなかった。
でも結果、縮んでもいないし、風合いも変わっていなくてホッと胸を撫で下ろしたところです
ハイベックで基本通りの洗濯をする限り、洗う前よりも洗った後の方が状態が良くなっています。
IMG_2209
水に浸け込むことで元の戻ろうと復元力が働くので、着用中無理がかかっていたところが元に戻ったり、汚れが落ちて色が鮮やかに戻ったりします。
今年は結構寒い日が続いていますので衣替えはこれからという方もあると思います。汚れが良く落ちて、簡単な洗濯、しかも経済性抜群のハイベックをぜひご活用ください。洗浄力の実験動画を確認したい方はこちらからどうぞ!ページの中ほどにあります。

冬物洗濯ほど簡単なものはない!

ハイベックShopの大畠京子です
明日から10連休という方も多いでしょう。連休中衣替え洗濯をされる方も多いのではないでしょうか。

ハイベックを余りご存じない方は、冬物の洋服がハイベックで洗う時1番簡単であることをご存じないでしょう。IMG_2207
左の画像は、今洗って干したところです。どこにもシワはありません。
手前のブレザーは、バーバリーのツィードです。もう20年くらい前のものですが昔と変わりません。
これを20年間クリーニング屋さんに出していたら、表面の毛は坊主に、汗などの汚れは重なって変色していたことでしょう。45リットルの水にプレミアムドライスプーン1杯半15gで画像の洋服を洗っています。見えないところにパンツがもう1枚あります。冬物は生地が厚いので水で洗ってもシワはできません。今まで洗ったことのないよう服を洗う勇気と自信が出ないために自分で洗えない方が多いのは残念でなりません。

夫が見ていて「こんなにクリーニング屋さんに出したら高いな!金が溜まるな!」とジョークを言っています。

皆様も、「目からうろこ」のハイベック洗濯を、冬のコート・ブレザー・ダウン・学生服など簡単なところからやってみてください。

衣替え洗濯 あまり汚さないで洗うのが1番

ハイベックShopの大畠京子です。

あともう少しで平成から令和に年号が変わります。私がハイベックに関わったのは昭和の末期でした。
30年以上ということで私は自宅で仕事をさせてもらっています。
IMG_0949IMG_0954
今日は昨日に引き続き衣替えの洗濯をしています。
薄いダウンジャケット2枚、中綿入りコート1枚、人工スェードコート1枚、ニット4枚を45リットル(ハイベックプレミアムドライスープ−ン軽く2杯)で洗っています。

ダウンやコートの襟汚れは確認しますが、特別に汚れていないのでそのまま浸け込みました。
少々の襟汚れは浸け込んでからブラシで擦っても落ちます。真っ黒に汚してしまうと前洗いが必要で、その分手間がかかります。
IMG_2203
IMG_2205
カシミヤのセーターに食べこぼしらしきシミが付いていましたので、前洗いをしました。
水で濡らしプレミアムドライの原液を付けて洗濯ブラシで一方方向に擦ります。
柔らかいカシミヤですので結構固い馬の尻尾のブラシで擦るのは心配になります。そこで擦るのをやめて軽く叩きたい衝動に駆られます。これがいかんのです。獣毛繊維は洗濯ブラシで叩いてはいけません。(木綿や麻は繊維に溝があってそこに入り込んだ汚れを浮かすために擦るよりも叩きます。又綿麻は染が弱いため余りブラシで擦りすぎると色が飛んでしまう可能性も起きます。)しかし毛やカシミヤ等獣毛繊維はうろこ(キューティクル)がありますのでブラシで叩くとうろこが絡んでフェルト化して縮むのです。一歩方向に擦るのがベストです。

暖かくなるにつけ冬物衣類がうっとうしく早く片付けたくなるものです。
1日10枚以上ずつ洗って片付けたらいかがでしょう。仕上げ剤を使っている方は衣替え洗濯でも使って下さい。

ニットに毛玉ができている場合は、干す前に乾いた洗濯ブラシで毛玉を救うように梳かすようにすると傷めずにきれいになります。アクリルなど毛玉が多くできるニットは毛玉取りを使うしかありませんが、カシミヤなどは毛が薄くなりますのでなるべく毛玉取りは避けたいものです。




さあ、本格的に衣替え洗濯の始まりです。

ハイベックShopの大畠京子です。
今年は花冷えが続いて、桜も開花宣言から満開まで日数がかかっています。
ようやく今日から暖かくなるみたいで、気になっていた本格衣替えに向かって洗濯開始しました。
IMG_2195
IMG_2197

ニット9枚とパンツ3枚を普通の洗濯機45リットルの水にプレミアムドライスプーン1杯半に浸け込みました。5分〜10分放置して脱水ボタンを押します。
水が引いて脱水が始まってから1分間回します。(洗濯物の量が多かったり、冬物はこのくらいの脱水が適当です) 
次にすすぎの水を入れます。私の洗濯機の場合、ドライコースを選択して洗濯ボタンを押すと水が入る時に洗濯機が回りませんので、そのままで水の量を最大量にセットして入れます。(他のコースは洗濯物の重さを計量して水の量を決めるため、水が入る時洗濯機が回りますので一旦洗濯物を出してから水を張ります)
いっぱいすすぎの水が入ったら手で優しくかき回して脱水します。脱水後ニットは画像のように一度たたみます。IMG_2201そして陰干しします。
IMG_2202

アッと今に12枚の洗濯の出来上がりです。

コート洗濯のちょっとした注意

ハイベックShopの大畠京子です。

只今楽天マラソン中ですね。今お得です。IMG_1982

急に暑くなって厚地のコートの洗濯を3枚洗濯を始めました。
これ3枚を洗うのに洗濯機の水45リットル、プレミアムドライスプーン2杯弱
実際やっている途中で気が付いたことをお教えします。
コートをたたんで浸け込んだのですが、畳んだ奥の方に洗剤液が浸透していません。
畳んだところを少し開いてあげると液がすぐ浸透しますので、確認するように畳んだところを開いてみてください。
獣毛繊維は天然の油を少し残していますので浸透しにくいのです。

今朝も仕上剤のことでお問合せをいただいたのですが、絨毛のコートはコーティングソフト2:コーティングハード1の割合が良いです。カシミヤも柔らかいだけでは物足りない、ツヤ、コシも必要です。カシミヤは柔らかくコシのない繊維ですからハードがしっかりいるのです。セーターなどはソフト2:ハード0.5が私の基準です。
毛足の短いカシミヤの生地はものは毛が立たないように配慮してください。前洗いでブラシ擦るとか、脱水後振りさばく(他のものは振りさばきます)とかはしない方が良いです。干した後、手アイロンで毛並みに沿って撫でてあげるとかするとカシミヤの光沢が保てます。
IMG_1979

IMG_1843
3枚目のコートは中綿入りです。どのコートもハイベックの最も得意とする洗濯です。ボディハンガーはあった方が仕上がりが違いますね。

カシミヤのマフラー上手に洗いたいですか?

ハイベックShopの大畠京子です。

今日は今年になって1番暖かく桜の開花宣言も始まりました。
こうなると冬物の洗濯をしなくてはと焦るようになります。

ウールを含めてカシミヤのマフラーももう要らないでしょうね。スキャン0010 ke
これら獣毛繊維は、右の画像のように繊維の断面が丸くシンプルですから、汚れは付きにくく落としやすいですから特に前洗いは必要ないと思います。

カシミヤの光沢を保って洗う方法をお教えします。

まず冷たい水を使う、ハイベックで浸け置くだけの洗い方、すすぎは1回、脱水は水気をきちんと絞ってください。
干す前に畳んで軽く抑える(毛足を寝かせることでカシミヤ独特の光沢が戻ります。)
竿に掛けて陰干しにする。アイロンは要りません。

最近シルクのスカーフを使っている人は少ないですが、スキャン0010 silk
シルクのスカーフは洗面台でふり洗いで短時間に洗います。
お結びを結ぶように水気を切って、すぐ流水すすぎですすぎ同じように手絞りで(ここで仕上げ剤)バスタオルの上に広げて一緒にくるくると巻き脱水機で脱水。

脱水機から出したらすぐに表から素早くアイロンを掛けます。シルクの光沢は画像を見て分かるように繊維の断面が3角形になっています。アイロンで表面をきれいにするとこの3角形が独特の光沢を出すのです。
スカーフ等薄いシルクは濡れているうちにアイロンを掛けます。

厚手のダウンのコートは洗いたいですか?

ハイベックShopの大畠京子ですIMG_1992
そろそろ画像のようなダウンのコートはもう着ませんね。ダウンのコート位何の心配もいらない洗濯はありません。側の生地が、ナイロン、木綿は洗濯機でかき回してもOKです。コツは下の画像のように空気をできるだけ抜いてストッキングで縛って洗濯液の中でストッキングを外して洗濯液を浸透させることです。

次に生地の性質上汚れが付きやすいので、襟、袖口などは洗濯ブラシで前洗いが必要になっているかもしれません。ナイロンの場合元が石炭ですので皮脂と融合しやすいので、洗剤の原液もしくは「シミ取りザウトマン」を塗って洗ってください。身頃も汚している場合は洗濯機の中でブラシで擦っても構いません。
脱水は初めに1分間位脱水して、出し直してまた1分間以上脱水します。
生地が緻密なので脱水が難しいのです。
IMG_1993
仕上剤を使う場合はコーティングソフトです。羽の先の小さい羽毛までサラサラと開かせます。

干すときは羽毛をいじらず、そのまま陰干しします。完全に乾いてから天日にあててよく乾燥させてから収納してください。クリーニング代が大きく節約できて、汚れも良く落ちます。

人気ブロガーの日比理子さんがハイベックを・・・

ハイベックShopの大畠京子です。

今朝嬉しい情報が入りました。
人気ブロガーの日比理子さんがハイベックを買って下さってブログを書いて下さいました。読んでみてください。


「ハイベック、洗濯」なんて地味な商材で、30年以上昔に初めてハイベックに出会ったとき、私は自分で洋服を洗えることに感動しましたが、かなりの人はバブルがはじけたばかりでまだバブリーな余韻が残っている中、「これからの世の中お金を払ってでも洗って貰いたい人が多いのにハイベックなんて使いたい人はいないわよ」と言われることも多かったです。

しかし当時からハイベックを使う人は、むしろゆとりのある層の方が多くより納得いく洗い上がりを求められました。あれから30数年、世代は替り、また喜んで使って下さる方が増えてうれしいです。



livedoor プロフィール

koohataene

主婦目線でドライマーク洗濯のノウハウを大畠京子がお教えします。ハイベック洗濯のご指導やアドバイスは実績20数年の私にお任せ下さい。

Categories
Archives
  • ライブドアブログ