February 2007

February 19, 2007

卒業設計がおわった〜〜〜!!

模型1
●卒制の模型の一部


いや〜終わった終わった。

正直最後、あんなにてんぱったことなかったし、(ていうかだいぶ最後間に合ってなかったし)いろいろあったが個人的には楽しくやれたな〜。3回だけ病んだかな。3回もか。


けど、なんかようやく4年間かかって、なんとか自分の筋道たてたことで最後までやれたってことには満足しときたい、とりあえずは。


でもなんだか、終わった〜っていうよりも、なんかこれからまた始まる…って感じのほうが強い。


去年のデザインレビューで古谷誠章さんが言ってた。
「卒業設計ってのは今後何年間かの自分の方針を打ち出すことだ」的なことを(間違っていたらごめんなさい、でも僕はこういうふうにとらえていました)。


多分、これはみんな10年もすれば変わって行く。


でも僕の中で地域だとかそういう地元のこととか考えることって、まずはこれから基本大事になってくるんじゃないかと思った。
それが、建築という媒体を通して、はたまた自分というレイヤーを通してどこまでいろんな人々を介入させることができるか。
きっとそれが自分が生きていくなかでの生き甲斐であり、人生なんじゃないだろうかと。


そんなことを考えることができた卒業設計だった。


どうも、日本は嫌な方向にいっているようで怖い。今の日本は決して美しくない。
本当の豊さってきっともっと違うところに、というかそれが気づけない世の中になってしまった。

それらを包括して進む建築の力に興味がある。
真の豊さがわかり始めた今だから、それをもとに生きていくことできっと周囲の環境も設計していけるはずではないだろうか。


人は変われる、それをいつも許容したいと思う。






以下の写真は卒業設計の合間にアップしようとしてやめた写真です。

月虹
月虹



ボンジュール
ボンジュール食堂にて

サドルに雪
サドルに雪

koohsuke at 01:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!