IMG_20190222_171011

IMG_20190222_172801

CIMG3549

台湾2回目の夕食…

台湾料理+台湾🍺を名いっぱい堪能して向かった先は➡

IMG_20190222_202300

台湾で一番高いビル“台北101”

CIMG3552

CIMG3553

CIMG3554

CIMG3555

台北のシンボルとしてそびえるビルで地上382mにある89階の展望台や91階の屋外展望台からの眺望が壮観とのこと。


時刻は19:00一寸。

夜景を堪能するには良い時間帯😆

ということで…

CIMG3556

CIMG3557


…とその前に………


夕食時に🍺を飲み過ぎたせいか下半身の一部に異変が…

実を言うと、台北101は夕食のレストランから🚌で30分くらいの場所にあるのだけど、その🚌に乗って5分後に尿意を感じて😨😨😨

現地に着くまでのその30分…ずっと我慢をしていて…

幸い渋滞には巻き込まれはしなかったのだけど、🚥で停まる度に…


で、現地に着いて一目散に🚻へ😅

🚻の案内表示を見るや否やする全速力で走っていったもので職場の仲間達からは相当弄られた事はいうまでもなく…


教訓としては、調子に乗って飲み過ぎないこと😔

これが一番難しいンだけどな-_-#


……と横道にそれたので本題に😅

CIMG3558

台北101展望台の入口。

CIMG3559

CIMG3560

この日は週末。

週末だからなのかどうかまでは知る由など無いが、展望台から眺める夜景見たさにこの人集り

夜景というのはそれほどまでに人を引きつける…

まあ何とも浅い哲学だこと…


CIMG3561

CIMG3562

展望台入口で行われている写真撮影📸

別にスルーしても良かったらしいのだけど、皆素直に写真撮影を受け入れ。

とそんなこんなで、

CIMG3563

CIMG3564

エレベーターへ到着😊

CIMG3565

そのエレベーターの中。

ちなみにそのエレベーターは36秒で展望台にたどり着くとのこと。

静止画では分からないけど、上昇する瞬間は全く揺れないものの耳が一瞬詰まるような若干の違和感が。

そして36秒後…


CIMG3566
89階展望台到着


✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

CIMG3567

CIMG3568

CIMG3569

89階展望台からの眺望😊

ガラス越しでの撮影なので見づらい部分はあれど台湾一高いビルからの眺めに(別の意味で)酔いしれた瞬間😆

CIMG3571
その展望台の一角にある床が鏡張りの空間。
その鏡張りの床の上に立った瞬間心理的な恐怖感が😨

鏡張りの床ですら相当な恐怖を感じるのだからそこが強化ガラスで出来た床であれば余りの恐怖感に腰を抜かすのは確実😱(東京スカイツリーだったっけ?確か強化ガラスで出来た床がある建物って!)

ただその反面、そんな体験もしてみたい😓

(という記号も今回だけでかなりの頻度で使用。俺的には使いかっての良い記号ではある(-.-)y-~~という衝動に駆られた瞬間(…はたして、これまで何度瞬間という言葉を使ったのだろうか? 考えようによってはボキャブラリーが足りね~な~)

CIMG3572

CIMG3573

CIMG3574

改めて…台北101ビルの89階から眺める台北市内。

地元山形ではお目に掛かる事はまず無いこの風景。

まるでFFシリーズ(ファイナルファンタジーの事です。まあ知らない奴はいないとは思うが…)の世界に入り込んだ様にも😌


なんだかんだ言いつつもただただ“ヤバい”という感情に心を奪われ、尚かつしばらくは何も考えずに眺めているだけで癒されてゆく…

言葉では表現できないとはこの事だろうか😌

自分でも何が言いたいのか分からなくなるとはこういう事…ということにしておきましょう


台北101の89階展望台(実はこのビルの2階上には屋外展望台があるとのことなんだけど、時間及び観光コースの都合上そこには行けず。ただ、屋外ということでこの場所よりはより鮮明かつ恐怖感は半端ないのは確実)の夜景を堪能して…

CIMG3575

CIMG3576


いざ下界へ(そういう表現もしっくりくるといえばしっくりくるンだよね😊)


CIMG3551

その下界から撮影した台北101ビル。

偶然なのかそれとも📸自体のチョットした機能の影響なのか、神秘的な画像に😄

前述の通りこういう画像はFFシリーズなんかで出てきそうなイメージもあるけど(特にFF7の世界観)改めてそのFFの世界に入り込んだ…

一瞬そう思える画像といわれればそんな気もするヾ(≧∇≦)


続く🌉🌉🌉🌉🌉🌠🌠🌠🌠🌠✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨