37


九州新幹線CM、再び話題に 「また笑顔が見たい」2つの震災励ます


頭の片隅にあったこの九州新幹線のCMでまさかこんなに感情が揺さぶられるなんて思いませんでした

 
熊本での地震がおきて以来、FacebookTwitterも、熊本の知人・友人の投稿でいっぱいで、ニュースや新聞記事よりもずっと皆の「声」が反映された、現実味をおびた投稿であるにもかかわらず、正直、そこで流れる変わり果てた熊本の姿はどこか現実味がなくて

(知ってる場所やけど)これ本当に私の住んでた熊本なんかな…」って思っていました。

正直、自分の目の前の毎日や研修や仕事に目をむけて忙しいふりをしていれば、悲惨な熊本の現実から目をそらすことなんて簡単でした。 

でもこのCMのなかには、3週間前に「またくるねー!」とか「東京に住むなんて考えられん~もっと九州おりたかな~」って言いながら見ていたときの風景がそこにあって、 「ああこの22年住んだ九州が、大事な4年を過ごした熊本が今本当に大変なことになってるんだな」とやっと現実味をおびてきました。

すごく恥ずかしいけど、距離が離れると人ってこんなにも現実味がなくなってしまって、色んなことが自分事じゃなくなるんだなって思うと同時に、このCMのおかげで熊本や九州のいまから目をそむけてた自分に気づくことができました。

多分きっと私たちにできるのは本当に募金と友人・知人を思いやることしかできないけど「目をそむけることは簡単なんだ」って思ってそれをするのとしないのではだいぶ違う気がしました。


大好きな場所だからこそ、こんなことが起こる前の姿の映像ほど心にくるものはないなぁと。想いが溢れてしまった勢いで書いてしまったけど、少しでも共感してくれる人がいたら嬉しいです。


※社会人になりました。社会人になって初めての投稿がこれって悲しい。でも大事なことだから書きました。