June 07, 2007

お休みします!

諸事情がありまして、しばらくkopimanisをお休みします。
応援してくれた皆様方、ありがとうございました!

先月からヒミツの別ブログを始めてますので、
個別にボチボチお知らせします〜


kopimanis at 21:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)note 

May 19, 2007

Come Back to Me!!

私の「アメリのDVD」さん、
また貸しの旅に出てから
未だにお帰りにならないのね。

お目にかからなくなってからかなり久しいので
うっかりあなたのことを忘れそう。

思い出したついでに手紙を書くわ。

『持ってる人、早く返して〜



May 18, 2007

オトちゃん登場

またまたデスクの水槽ネタ。

「魚よりタニシのほうがカワイイ」とのたまう○熊ちゃんに
大量のタニシを寄贈してから、水槽ガラス面のコケが
気になるようになってしまった。

熱帯魚やさんで「コケを食べる魚」を教えてもらい、
オトシンクルスを2匹投入した。

今回は時間をかけて慎重に水に慣らしたものの、
ちゃんと適応するかちょっと心配した。

が、水槽に入ったとたんに、ものすごい勢いで2匹とも
ガラス面に吸い付き、コケを激しく食べまくり!!
うれしいけど、びっくり

名前はユキとマキに決定。



kopimanis at 23:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)note 

May 17, 2007

暑いんだか寒いんだか

うちのママンが昔よく言ってたし、
最近の不安定な気候のせいか、会社でもよく聞く言葉。

「暑いんだか寒いんだかよく分かんない」

わたしはこの言葉にめっぽう弱い。
だって、笑けるよー
「暑いんだか寒いんだかよく分かんない」って
何のために言うの〜?!

言われたときのリアクションに困るし
(とりあえず「そうだねぇ」とか?)
つまりそれってちょうどいいってことなんじゃない?とか
つい突っ込んで考えてしまう。

ちなみにgoogleで「暑いんだか寒いんだか」を検索したら
17,300件もヒットした!
ほんとのところ、言う人の気持ちとしては
「着たら暑いし脱いだら寒い」って意味らしいけど、
普通にみんなが「暑いんだか寒いんだかよく分かんない」と
同じ表現を使うことに妙にウケてしまう今日この頃であった。



kopimanis at 23:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)note 

May 16, 2007

陣痛かっ?!

会社のデスクで元気に泳ぐ、生後4ヶ月のまだまだ小柄で
あどけなさの残る♀のグッピー
今月に入ってから急にお腹が大きくなった。

こんなに小さいのに妊娠?うっそー、まっさかー
とか思っていたら、今週から急に動きが悪くなった・・・

グッピー専門家のサイトを参照すると、
グッピーってば生後3ヶ月ですでに性的に成熟するんだって。
産卵前には動きが悪くなり、水槽のコーナーでじっとしていたり
上下運動を繰り返したりするそうな。
グッピーも陣痛は苦しいんだなー。

てか、お父さんは誰っ??
水槽の中にいるオスはただ1匹。
彼女と一緒に生まれ、共に育ち、最近急に色気づいた
(実際カラフルになった)ヤツしかいない。
あ、あなたたちっ、兄妹なのにっ。

まー、病気でなければいいんだけれど。
早く元気になってくれ〜



kopimanis at 23:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)note 

May 07, 2007

トリアージ

NHKスペシャルで衝撃的な番組を見た。
「トリアージ 命の優先順位」
トリアージタッグとは、大規模な事故や災害で、一人でも多くの人の
命を救うためにケガ人搬送の優先順位を付けたタッグだ。

阪神大震災の教訓を受け、医療現場の訓練を重ね、
初めて適応されたのは、JR福知山線の脱線事故だった。

呼吸の回数、意識の有無、血液循環を表す爪の色を
30秒以内に判断し、赤・黄・黒のタッグを付ける。

赤は、至急搬送と処置が必要な人。
黄は、赤より優先順位が低い人。
どんなに重症でも、搬送は後回しにされる。
そして黒は、処置をしないと決めた人。
つまり、処置をしても亡くなるであろうと判断した人。


どの色も細かく基準が決まっている。
その基準に当てはまれば、
重症患者に黄色のタッグを付けなければいけない。
まだ息のある患者に黒色のタッグを付けなければいけない。

タッグを付けられたケガ人の気持ち。
タッグを付ける役割の医師の気持ち。
タッグを付けられたケガ人の家族の気持ち。

1人でも多くの人を救うための最善の処置なのに、
なんてせつない、気の遠くなるような命の選別なんだろう。

そんな事故も災害も、起きなければいいのに。
何もない平凡で平和な一日が、たまらなくいとおしい。



kopimanis at 23:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)note