2006年04月12日

就活病。

ccc2e155.gif最近、就活病にかかった。

人それぞれこの病に対する見解が違うと思うので、あらかじめ定義しておく。

就活病=就活が原因で毎日ため息ばかりついてしまう病

なぜ就活病にかかったのか、自分なりに考えてみた。

それは、小寺の短所であるはずの、人を見下す、自信過剰、調子乗り、偉ぶる、俺がナンバー1だ!!といった性格が、薄れつつあるから。

要するに、自分を誇る余裕がなくなっている。

七月から就活を始め、本当にいろんな人にあってきて心から凄いと思える奴にたくさん会ってきた。

ただ、当然逆(アホ)もたくさんいた。

両極端の就活生を見てきて、思った。

自分は絶対前者グループに入りたい。
ってかもう入っとる!!

と思っとった。
しかし、最近の就活状況はどうだろうか。

毎日毎日就活で、半年前の、
『就活楽しい!!』
って気持ちが完全になくなっとる。

たった一つの行きたい会社からの次回選考の連絡を毎日毎日待ちつづけ、プレッシャーで脳が腐りそう。

昔のように、
「俺を落としたら後悔するで!」
っていう余裕がないし、
「この俺が落ちるわけがない!!」
と思う余裕もないし、

「俺をとらない会社に未来はない!!」
と豪語していた小寺は、今や外資系金融に捨てられるただの子犬。

それでも、ただただ本命会社に入りたい入りたいって気持ちばかり先行し、
毎日それ以外のことを考えられなくなっている。

他の会社の選考は、正直本命会社の1パーセントの力も出してない。

手抜きしているのではなく、全てのエントリー企業の選考は、本命会社に受かるための一種のプロセス(練習)としてしか捉えてないから。

でも、今日静岡発名古屋行きの新幹線の中で一人ぼぉ〜と考えながら思った。

あれ?就活って昔は楽しくなかったっけ?

いろんな方面の凄い奴に出会って、グループワークしたり世間話したり飲みに行ったり、いろんな考え聞けたり、
野望でかい奴らと誉め殺ししあったり、
いろんな会社の社員の人やOBの人と話して、
その人の武勇伝聞いたり、小寺の武勇伝語ったり、
自分の将来のこと考えれば考えるほど、ワクワクしよったのに。

俺ってどんだけすごい大物になるんじゃろ!!

こんな単純な間抜けなワクワク感を忘れとった。

自信過剰で調子乗りで偉そうな性格は、実は小寺にとっては長所だった。

そして、誇り高き小寺様は、会社に選ばれる立場じゃなくて、会社を選ぶ立場だという過信。

そして、就活で成し遂げるべきミッションは、
本命会社に入ることではなく、本命会社の社員のような数年後を送れる会社に入ること。

・・・って思うと少し楽しくなってきた。

就活ってめっちゃおもろかったわ!
って数ヵ月後、捨て台詞残せるようなイケてる会社の内定者になったろ!!

っつーことで、今日のブログはこれでおしまい。

あっ!今日のブログへのコメントは一切無しでお願いね!

なんか悔しいけー!

そーいやーさっき、英会話ブラック企業から面接後一ヵ月ぶりにかかってきやがった!

この天才児を一ヵ月放置する会社に興味ありません。
さようなら。

koppy1229 at 18:12│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. おなかがたるんでるし!! Σ(゚д゚lll)ガーン  [ erena ]   2006年04月13日 23:41
マズイ・・・・絶対太ってきてる・・・・自分の生活を振り返ったら太る要素ばかり・・・・このままじゃマズイかも。毎日少しずつでもいいから体鍛えないとね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔