「CAの声が震えていた」
 全日空機が与圧系統の不具合で緊急着陸 けが人なし
20170813SS00001
 8月12日、羽田空港発伊丹空港行きの全日空37便が午後6時に離陸後、羽田空港に引き返し、緊急着陸するトラブルがあった。乗っていた客によれば、離陸時にエンジンがある後方部から爆発音のようなものが聞こえたとのこと。
 午後6時の離陸から約15分後に緊急降下のアナウンスが流れ、酸素マスクが降りてきた。具体的な説明はなく、機長からは「与圧系のトラブル」と説明があったそう。
 客は「一番怖かったのが、CAのアナウンスのときの声が震えていたことです」と話す。
BuzzFeed Japan

あのときは、相模灘でのミサイル発射訓練が原因?
と言われていたが、南スーダンの黒塗り日誌より
強引な中曽根内閣の隠蔽工作があったみたいだな。



戦後日本暗黒史の大きな一コマ


愚痴・ボヤキ日記 ブログランキングへ