生活保護の受給者に面会せず、うその記録を作成していた明石市の職員が、ほかにも2時間半のうちに29世帯を訪問したという記録を作成していたことが分かり、市は、ねつ造の疑いがあるとして調査を進めています。
 明石市でケースワーカーをしていた50代の男性の元職員は、平成29年度、生活保護の受給者の女性と面会していなかったのに、4回にわたって面会したといううその記録を作成していました。
 さらに、この職員の去年2月7日の記録では、この女性を含めて29世帯を訪問したとされていましたが、車両の運行記録は2時間半となっていて、明石市は、検証の結果、時間内に全世帯を訪問するのは不可能と判断したということです。
NHKニュース
ねつ造か?ってクエスチョンつけてるのは
ナマポ団地を廻れば、時間内に全世帯を訪問するのは可能!
なんだろね

20190920SS00006


よくある質問 県営住宅 お申込み前 - 兵庫県住宅供給公社

昭和31年4月1日以前に生まれた方、身体に障害のある方、生活保護の方などは申し込みできます。
それに、前任者もやっていたって言うし
20190920SS00007
先月には、失対者どもがネコババしてる
20190920SS00008
痴呆公務員は、縁故で採用する失業対策要員なんだろ
そういうのに、現金扱わせちゃダメでしょ
#上級国民と痴呆公務員を優遇するのは
そろそろやめませんか
ギリシャみたいになっちゃうぞ



愚痴・ボヤキ日記 ブログランキングへ