神奈川県からブロードリンクに引き渡された時点で、HDDには簡易なデータ消去(初期化)が施されていた。HDDは都内にあるブロードリンクの施設で保管されていたが、データの消去作業の担当者が一部を持ち出し、オークションサイトに出品したという。
 出品されていたHDD9個を、IT企業経営の男性が仕事に使おうと落札。使用前に安全性を確かめるため男性が中身を確認したところ、データの存在に気づいた。復元ソフトを使うと、神奈川県の公文書とみられる大量のファイルが保存されていたという。
朝日新聞デジタル
今頃、官邸では「復元ソフトでデータが復元出来る」ことが
証明されちゃったんで、大騒ぎじゃろ

こんどは、どんな”しどろもどろ”するかねー


愚痴・ボヤキ日記 ブログランキングへ