20200215SS00008
20200212SS00003
むかし思えば とま屋の煙
ちらりほらりと立てりしところ
今はもも舟もも千舟
泊るところぞ見よや

20200212SS00008
いまを思えば やき場の煙
ぼっぽ ぼっぽと立てりしところ

20200212SS00004
20200212SS00005
 複数のメディアは、中国本土住民の主張を引用して、「中国国家衛生健康上の発表よりも、実際の死亡者がはるかに多いだろう」と伝えた。続いて、新型コロナウイルス感染症に掛かった武漢だけでの死者は毎日100体以上にもなり、遺体を火葬するという事実が暴露された。
 イギリスの日刊紙は6日武漢火葬場勤務者の情報提供を受けて「武漢肺炎で死亡した遺体を火葬するのに1週間を通して1日24時間ずつ休まず仕事をしている」と報道した。報道によると、武漢火葬場で先月28日以降、毎日100体以上の遺体が火葬されたのは事実だという。また火葬場の前の10個のゴミ箱には、火葬後に残った灰で満たされている状態だという。
ゴゴ通信
 新型コロナウイルス感染者の対応のために、中国当局が湖北省武漢に建設した隔離施設、火神山病院に務めているという医療従事者は匿名サイトで、院内では毎日、200~400人が軍部により運び出され、新しい患者が直ちに入室すると書き込んだ。
 中国国内メディアによると、火神山病院は、中国軍が管轄し、軍医が対応する。院内警備は兵士が行い、情報統制が強いことから「強制収容所」と例えられている。
大紀元


愚痴・ボヤキ日記 ブログランキングへ