20200706SS00007
 私大支援事業で便宜を図る見返りに、息子を東京医科大に合格させてもらったとして、受託収賄罪に問われた元文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太被告(60)は6日、東京地裁(西野吾一裁判長)の初公判で「私は無実です。私の知らないところで息子の入試の加点がなされていた。不正の請託も受けていない」と述べ、起訴内容を否認、無罪を主張した。
共同通信
ずいぶんと白髪が目立つなー
出廷は、あの億ションから来られたのだろうか

f8371005
この事件で気がかりなのは
忽然と消えた讀賣新聞の薩川 碧さんなんだが
ご無事なのだろうか

20180731SS00004

愚痴・ボヤキ日記 ブログランキングへ