2007年04月26日

koreaだけどtaipei

会社の社員旅行で、台湾に行ってきました。
初・台湾だったのですが、さすが南国、暑かった〜。
でも、食べるものが美味しくて、人柄が良くって、とっても好きになってしまいました。
何でも、台湾人の7割がO型なんですって。だから、のんびりとしていておおらからしいですよ(←ガイドさんが言ってました)。
それに、台湾にも韓国同様、兵役義務があるので、兵役行った男子はとっても礼儀正しいんですって(←これもガイドさんが言ってました)。

今回は3泊4日で、1日はガイド付きの観光コース巡り、1日は自由行動日(で、あとの2日は移動日)。
2日目のガイド付きの観光コースは、
忠烈祠
忠烈祠での交代式(兵隊さんが、警備を交代するのに、すごく見応えのある交代式をしてくれるんですよ)




a href="http://livedoor.blogimg.jp/koreamax/imgs/7/5/7536659a.JPG" target="_blank">故宮博物館




国立故宮博物院(有名な翡翠の白菜があるところです。歴史を感じさせる展示物がいっぱいあって、時間が足りなかったです)






小龍包







ティンタイホンで飲茶(台湾と言えば、小龍包ですよね。ここは地元の人にも観光客にも人気のお店らしく、ものすごい人で溢れ返っていました。しかも、ウマかったです、ハイ)







行天宮







行天宮(『三国志』の関羽が祀られている、商売の神様らしいです)








蒋介石







中正記念堂(蒋介石の大きな銅像があります。ここでも衛兵の交代式が見れます)

とまあ、こんな感じです。
初めての台湾だったので、主要な観光スポットを1日で巡れてとても充実した日でした。
この日の夜は、一緒にいったみんなと火鍋を囲み晩餐会。
その後、宵っ張りの私と『懸賞なび』編集部のM嬢は、24時間営業の本屋さんへ行ってきました。
そこで、驚くべきことが!!!!!
な、なんと『Korea Max vol.4』が売られてましたよ!
たった1冊だったけど、台湾の雑誌に混じってポツンと1冊、ヒョンビンがいましたよ!
感動です。誰か買ってください!

まあ、それ意外にも日本の雑誌はだいぶ輸入されていて、今、台湾では日本ブームなんだな〜ということがよくわかりました。
それと不思議だったのは、お客さんが地べたに座り込んで、本を読んでいたり、書き写していたりしていたこと。しかも、店員は注意する気配さえもない。あれで、経営は成り立つのだろうか?人ごとながら心配してしまいました(笑)。

(台湾もいいねと思ったSでした)





koreamax at 19:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年04月20日

RAIN

がコンサートを開きますね。
アノ東京ドームで。
韓国人アーティストでは、初めてなんですって。
すごいですね〜。
神話も東方神起もチケットがとれませんでしたが、今度はとれるような気がします。
一体、どんなことを見せてくれるか、楽しみです♪

ところで、、、、
この間、日本武道館で行われた神話のコンサートがDVDになって発売されましたね。
コンサートは見に行けなかったので、早速DVDを入手して家コン(家でコンサート映像を楽しむの略)したのですが、ドンワンがソロステージで、Xの「Tears」とラクリマ・クリスティの曲(題名思い出せない)を日本語で歌ってました。
それがまた、上手なんですよ。元々歌唱力がある上に、日本語の発音が完璧で、かなりイイ感じです。

しかし、気になることが……果たして会場にいる人の中で、ラクリマを知っている人がどれくらいいたのでしょう? なんで、ラクリマを歌ったんでしょうかね?もっとメジャーなものをセレクトすれば良かったのに。と他人事ながら思ってしまったんです。

私自身は、20代の頃、ビジュアル系バンドが大好きだったためラクリマを知っていたので、1人大盛り上がりでしたが、普通は知らないよな〜。ドンワンは一体、ラクリマの曲をどこから仕入れたのでしょうか? 今後、会う機会があったら聞いてみたいです。

(明日から台湾に行くSでした)




koreamax at 17:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年04月17日

『恋するハイエナ』ファンミーティング

この春からスカパー!衛星劇場で放送が始まったドラマ『恋するハイエナ』の主演俳優が来日して、ファンミーティングするというので、取材に行ってきました。

来日したのは、ユン・ダフンさん、キム・ミンジョンさん、ソ・イヒョンさん、オ・マンソクさんの4人。当初はシン・ソンロクさんも来日する予定だったんだけど、ドラマ撮影のため急きょ来れなかったそうです。残念!

このドラマは、昨年開局された韓国のケーブルテレビ局で制作された韓国男版『SEX AND THE CITY』なんです。男性の心理がよく分かる、ラブコメドラマです。この春、私のオススメドラマのうちの1つです。
その中でもオススメは、オ・マンソクさん。このドラマの前に出演していた『ぶどう畑のその男』とはガラリと変わった姿が素敵すぎます。
もちろん実物も素敵でした。話し方がすごく早くてなかなか韓国語を理解できませんでしたが、本人も日本語を勉強しているらしく、ところどころ日本語が飛び出したりもして、イイ人なんだな〜、と感動しちゃいました。

ほかの3人もとても紳士的で、好感度大!
今回来日した男優陣3人のインタビューが次号に掲載されますので、お楽しみに♪

ところで、この春からスカパー!各局が新ドラマを放送し始めましたが、その中から私のオススメを3つ紹介しますね(『恋するハイエナ』は先程紹介したので、はぶきます)。

その1_『私の名前はキム・サムスン』(衛星放送で5/6スタート)
言わずと知れたヒョンビン×キム・ソナ主演のラブコメですね。もうDVDにもなっているので、見ている方も多いと思いますが、これは何度見ても面白いし、ヒョンビンが素敵ングです。

その2_『ありがとうございます』(KNTVで5/3スタート)
兵役から戻ってきたチャン・ヒョクの復帰第1作。チャン・ヒョクと言えば映画『僕の彼女を紹介します』でチョン・ジヒョンの相手役だったあの方ですね。今回は、心に傷を追ったドクターという役柄で、陰のある役が似合ってます。相手役は、コン・ヒョジン。『サンドゥ、学校へ行こう!』でピ(RAIN)と共演してました。韓国ではかなり人気の高かった感動作です。

その3_『18・19〜妻が突然18才?〜』(ASIA DRAMATICTVで4/15スタート)
主演は、パク・ソニョンとリュ・スヨン。原作者は『私の名前はキム・サムスン』のチ・スヨンなので、その面白さは……想像できるでしょう? ちなみに、リュ・スヨンは『ラストダンスは私と一緒に』や『ソウル1945』などで渋い演技を見せてくれた俳優さんです。

以上、たくさんある中から個人的視点で選んでみました。
この他に、オススメがある!というドラマがあったらおしえてくださ〜い!
(Sでした)







2007年04月06日

強力な助っ人登場!

昨日から、『Korea Max』編集部に強力な助っ人が加入しました!
韓国語ベラベラの上に、すごく優秀な人材なんですよ!
しかもビジュアルもステキングなんです。
なんと、山田優似!

いや〜、これで一安心です。
なんたって、韓国語を任せることができます。
なにより、なにより♪

ということで、夏号はより充実した内容でお届けできます!

(Sでした)

koreamax at 11:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年03月30日

韓国語の勉強

4月より韓国語の勉強を再開することにしました。
1年程前に、留学生の家庭教師に1年間、個人レッスンを受けて基礎は学びましたが、
1年のブランクは大きかったようです。

先日、新大久保にある某韓国語学院へ入学するため、レベルチェックテストを受けたんです。
結果は、初級の真ん中くらいでした。
初級はクリアしていると思っていたので、驚がく!
語学ってむずかしい、って思っちゃいました。

ということで、4月より週1ペースですが、通うことになりました。

(暗記力に自信のないSでした)

koreamax at 18:33|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2007年03月23日

お久しぶりです、覚えてますか?

『korea max』編集部のSです。
というか、相棒のわくいちゃんが辞職したので、たった1人で『korea max』を作ってます(涙)。
このブログも今後、ワタクシが張り切って更新してきます。
元来、筆無精なので少々不安はありますが、『korea max』最新号の進行状況などをご報告できたらと思います。

ということで早速ですが、
現在『korea max』は7月9日に発売されるvol.5の制作中です。
今日は、先日の韓国出張のときの取材風景を少しアップしますね。
わくいちゃんが書いたブログと合わせてお楽しみくださいな。

※ちなみに写真は、マイカメラで撮ったものです。
写真が誰か知りたい人は『korea max vol.5』で確認してくださいね(笑)。

イ・ジヌク1

イ・ジヌク2














ギョンジュン1

ギョンジュン2

koreamax at 12:38|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2007年03月15日

お別れの挨拶。


関係者の方々、読者の方々、ブログを読んでくださっている方々へ

短い間でしたが、ありがとうございました。
『Korea Max』を通してたくさんのことを学ぶことができました。たくさんの人々に出会いましたし、インタビューもさせていただきました。結構、自分本位でやっていた部分もたくさんありましたので、文章もめちゃくちゃだったり、変になっていた部分もあったと思います。とても楽しい思い出ばかりです。

最初は、S編集長が怖い人だな〜、なんて思っていたこともありましたが、今じゃあマブダチぐらいの勢いで仲良くさせてもらっています。うれしいことです。人とどう付き合っていけばいいのか、楽しく仕事をすることはどういうことか、仕事とは一体どういうことなのか。『ハケンの品格』じゃないですけど、とても充実した日々を送ったと思います。

今日で、白夜書房を卒業します。
実はあまり実感がありません。というのも、たぶん素敵な方々に出会えたからで、仲良くなりすぎて、これで最後な感じがしないからかもしれません。長旅とかに出たいのですが、明日からもう他社で働くことになっていて、そのことで頭がいっぱいいっぱいだったりします。

実はこれから送別会があります。
というか、色々な事情がありまして、送別会に関する内情を知っている私にとっては、本当に辞めるのか?というような気持ちがあったりして。
てか、スピーチどうしよ。ここに書いたようなことを言うか。

それでは、皆さん!
今後も『Korea Max』そしてブログ(坂田さん頼むよ!)ともに、愛してくださいね。
それから羽ばたく私にも応援してね。

さようなら、そしてありがとう!! (わくい)

koreamax at 18:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

ソウル出張日記 4日目 最終日

3月8日金曜日 晴れ

朝5時起床。のつもりが、5時10分ほどになってしまった。S編集長の宿泊しているホテルがあるミョンドンまで約1時間かかる、ウチ。10時発の飛行機ということは、8時ぐらいには空港にいなくてはいけない。となると、6時10分の電車に乗っていかないと、7時20分の空港行きバスに間に合わない。はぁ〜。「おにぎり、作るね!」と圧力鍋にセットした母親もちょっと寝坊し、ご飯が少し焦げてしまったらしい。時間もないのに、おかゆを食べていけという。間に合わないから断ると、黒豆入りのおにぎりとゆでたまごを渡してくれた。

韓国ではなぜか、汽車に乗るときにゆでたまごを食べる。理由は分からないけれど、ゆでたまごとサイダーは必ず食べるんだよね。というわけで、バスだけどゆでたまご。

早めに到着した私。飲み物を買おうとコンビニに行った。間違えて日本の500円を出してしまい、あやうく損するところだった。重そうな荷物をかかえて現れたS編集長。重そう……。バスに乗り、1時間しか寝ていないというS編集長におかまいなしにベラベラと今回の出張旅のことをしゃべりまくった。おにぎりとゆでたまごを食べる前に空港に到着してしまった。「おいしいね〜」と言ってくれたS編集長。味薄くなかった?

到着した仁川空港には、観光客でいっぱい!のりやなんやらを抱えた日本人。ようやくチェックした私たち。ふたり席は一番後ろとなってしまった。飛行機にもギリギリで乗った。待ちくたびれていた乗客の目が痛い。席につくと、すぐに離陸。で、通路隣の韓国人?がギリギリまで携帯で電話し、しかも離陸したにもかかわらず、ずっとCD?MP3?ともかく、日本に着くまで聞いていた。おいおい! ダメだろうが!
「ちょっと! これまさか落ちちゃったりしない? 前輪が降りなくて胴体着陸したらどーすんのよねー」とふたりで囁いていた。

でもって、ベラベラしゃべっていたときキム・テヒ似のスッチーが登場!!
これは話しかけておかないと!と思って、食事をもってきた彼女に「キム・テヒに似てますね」と声を掛けた。なんで女の私が声をかけたんだろう。横でS編集長は爆笑。残念ながら、今回の飛行機にはゲームというか画面自体ついていなくて、しゃべり続けるしかなかった。

食事についてくるチューブ式のコチュジャン。名誉挽回!
「Sさん! コチュジャンもらいましょうよ〜!」と言ってた私に、失笑しながらも「やれば?」的な目線。なので、言っちゃいました!通り過ぎるスッチーをつかまえて「コチュジャン、いくらかもらえますか?」となぜか日本語で言ってみたら、「え?」という返事。あちゃー。「ちょっと待ってください」との声。え〜? それって、YESなの?NOなの? コチュジャンを頼んだスッチーが私の周りを通り過ぎるんだけど、手には何もない。「無視された」と思っていた私に、「どうぞ」と隣のS編集長の分まで持ってきてくれた。しかも袋入りで5個ぐらい入ってた。ありがとう、スッチー。おかげで友だちのおみやげひとつ増えたよ。

無事に日本着陸! おお〜、着いたよ。帰国! 「お疲れ様でした〜!」でS編集長とお別れ。私は都内暮らしではないため、最寄の駅までのバスを1時間半以上も待った。待つのって辛いわねー。で、ようやくバスに乗った。疲れていたんだろうね〜。ヨダレこそ出てないけど、寝た。12時ごろ空港に着いて、家に着いたのは16時ごろ。

あ〜、テンションアゲアゲの出張だったわ。S編集長の意外な一面も見れたし、私も見せたしね。今後はメル友になることになりました。今後ともお友だちしてくださいね。

というわけで、内容の濃いソウル出張をしてきました。

↓インタビュー掲載予定の方々!

イ・ジヌクさん
ギョンジュンさん
キム・ミンジュンさん
オ・マンソクさん
ユン・ダフンさん
キム・レウォンさん
他続々!

『Korea Max vol.5』は、7月9日発売だよ。よろしくねっ!(わくい)


koreamax at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月13日

ソウル出張日記 3日目 <ギョンジュンさんインタビュー秘話>

3月7日水曜日 晴れときどき雪

今日は午後からギョンジュンさんのインタビューだったので、午前中はみやげを家の近くのスーパーで買いあさった。とはいっても、友だちってみんな韓国旅行経験者だからねー、何を買えばいいのか。とりあえず、のりでしょ? おかしとかでしょ? 
ああ、ひまわりチョコは欠かせないでしょ。って、かぼちゃの種チョコを発見! 
こりゃ買いだね。かごの中はお菓子とのりでいっぱい。

そうそう、今後はコチュジャンとか買っても飛行機の中に持ち込めなくなりますよ!
のりはどうかわかんないけど。コチュジャンとかパック入りのものは、スーツケースに入れてね! 日本でも調味料とか見かけるしね、そういった面でも韓国が近くなったよ。韓国でも日本のしょうゆとかみそとか手に入るし。でも種類はあんまりないけどね。

13時にスタジオでギョンジュンさんのインタビューが始まりました!
初めて行くスタジオなので、タクシーの運ちゃんに聞いても分からずで、しかも、「ここらへんだよ」と降ろされた。

韓国ではよくあることです。だからタクシーに乗るなって言われているんですよ。タクシーの運ちゃんは、基本的に性格が悪いです。優しくないです。日本人がキライです。そのぐらいですね。悪いところばかりなので、できればあまり利用しないほうがいいですよ。黒タクシーの運ちゃんはいい人です。しかも、日本語しゃべれる人もいるぐらい。

で、不動産に聞いてみなさいという運ちゃんに言われるがまま、聞くと教えてくれた。地図で。しかも「まっすぐ行ってふたつ目の角を曲がってまたその道を行って右にある不動産で聞きな」って、そりゃないっしょ。S編集長とえーこりゃえーこりゃ歩きました。その不動産さんのおじさんも地図を出して、「すぐ近くだね」と教えてくれた。感覚ながらにして韓国語を理解しているS編集長のほうが、理解してた。
私は、道音痴なので全然ダメ。

でも見つからないスタジオ。電話してみると、後ろから「ここだよ〜!」という声。
到着してよかった。こんな入り組んだ場所じゃあ、わからないさーと、軽くジョーク交じりにカメラマンとご挨拶。なぜ、男のカメラマンってみんな揃って似ているんだろう。どこかしら、知り合いのカメラマンにそっくりだ。

挨拶と打ち合わせとしていると、階段から長身のモデルみたいな人が現れた。「アンニョンハセヨ〜!」。え? この人がギョンジュン。あ〜らホントだ。S編集長は顔が赤かったかもね。このインタビューは、私が白夜書房を辞めるから『Korea Max』に迷惑をかけるし、何よりもS編集長に迷惑がかかるからと、S編集長が3番目ぐらいに好きな俳優さんをインタビューさせてあげようと思って、必死でアポをとって、やっとこインタビューできることになったという、ものすごい深い意味が込められているんだよん。

彼はなんとも珍しく、ケーキを買ってきてくれた。しかも、スタバコーヒーも。
いやはやビックリするほどにとっても素直でいい人。S編集長がハマるわけだわ。
ケーキにコーヒーにはビックリしたけど。予定以上の時間を割いてくれて、インタビュー1時間以上、撮影2時間半以上を費やして臨んでくれた。こんないい人、いないよ! カメラマンさんもすごかったね。もうとことんやってやろうじゃないの!っていう気持ちからかなー。面白いポーズもたくさんあったし。

何よりも、俳優業って大変なんだなーって改めて思ったことだわね。
簡単に稼げる職業なんてないんだ。ふぅ〜。

撮影の合間に、「日本という言葉だけでワクワクしちゃう!」と日本への熱い思いを語ってたギョンジュン。最後は皆で記念撮影もしたし。となりにしてみると、やっぱり背が高い。うーん、背がない私にとっては全然高すぎて、話かけずらい。S編集長曰く「和久井さん、子どもみたい」って。そりゃ、S編集長は高いからさ。ちょうどお似合いよ! 背が高いことがまず理想のタイプのひとつだって言ってたS編集長の気持ちがよーく理解できました。

撮影の最後にサインを書いてもらって、ギョンジュんは、そっと私に耳打ち的なコソッと一言。何かというと……。教えないよっ! ウソウソ。「また、どこかでお会いしましょう」という言葉だけだよ。でも、これってお誘い? でも、彼とは色々と飲みながら語り明かしたいね。面白いし、熱いし、やさしいし、のんべぇだし。

年を感じさせない、大人の俳優さんでした。
これから日本でも活躍していくでしょう。S編集長一押しのギョンジュンさん。
次号はさてどのぐらいページ割くのでしょうね。ちなみにテープ起こしと記事で15ページよ。

取材が終わって外を見ると、銀世界! 子どものようにはしゃぐS編集長。
「わ〜! 雪!!」。なんか、私が男だったらちょっと抱きしめたくなったね。
あの雪を眺める横顔とか。ソッチ系じゃないから安心して! でも、意外な一面をたくさん知ったね。意外にS編集長ったら、かわいいんだねー。フフフ。

その後、タクシーでミョンドンへ。各自自由行動。私は雪がひどくなってきたから家に帰ろうとしていたところ、約束通りに友だちからの電話。2年ぶりに友だちに再会。残念ながら、女3人のぐーたんぬーぼ的食事会となった。でも、一番親しい友だち5人の中で私ともうひとりを抜かして彼氏が出来ていた。ガーン。ないよ。ない。あーあ。一気に憂鬱になったし。

終電で家路に。母親はずっと怒ってたね。ったく、話す時間もないんだから!って。
んなわけで一緒にご飯を食べた。2度目の夕飯。明日は10時の飛行機で日本に帰国。
5時起きじゃん。母親はおにぎりを作ってあげるよと、ご飯を炊く準備してた。そして風呂も入らず眠る。(わくい)

koreamax at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月11日

ソウル出張日記 2日目 <イ・ジヌクさんインタビュー秘話>

3月6日火曜日 晴れ

いやはや、ソウルは寒い。朝のニュースで、「今週はとても寒いでしょう」って言ってるし。雨女の力が効いているのか? オンドルは暖かいけどね。オンドルの中にいると、洋服が薄着になるんだよね。母親へのプレゼントと酒だけが詰められたスーツケースで来たため、洋服もしいては下着さえ持ってこなかった。まぁ、母親には変な顔されたけどね。これでも重かったんだもん! というわけで、顔は違うが、母親の格好でミョンドンに。ミョンドンからインタビューする場所のアクジョンへタクシーでゴー! 

ソウルでも有名なドラマ撮影やMVによく登場する“ヌリゲコッキ”というスローフードカフェで、そう、あのこれから大活躍するであろうイ・ジヌクさんインタビューをしました。インタビュアーとして申し訳ないけれども、彼のことはそんなによく知らなかった。彼のCMはよく見たけども、ドラマは……。だって、私が日本に帰国してからドラマデビューでしょう? 知らないさ。 てなわけで、事前にネットで時間の許す限り彼の演技を見たわけです。

「カッケー」。この一言ですね。ああ、こんなにもカッコいい人がいるんだぁ〜。ゴメンなさい、もし同じ大学にジヌクさんがいたら、ストーカーしてました。いや、これからするかも。サイワールドに書いてること自体、もう一歩踏み外してるよね。編集長Sさんには「ただのファンじゃん」とツッコミ入ったしね。

いやいや、とっても良い人。しかも日本大好きな人だった。最後らへんは、日本語でちょろっと受け答えしたし。私も最近、『懸賞なび』のYさんに「のだめカンタービレ」の漫画を借りてみてるんですけど、ジヌクさんもドラマ見た!って大はしゃぎ。

長々とインタビューしてくれて、しかも向かいあって話しているのに、上半身を乗り出して話してくれているので、とても近い。うわ〜、デートみたいじゃん!と、いまさらながらに妄想を繰り返しています。とっても優しくて、友人の韓国で活躍する日本人モデルさんと仲良くしてるみたいで、日本語勉強中なんだって。でも、発音もいいし、素質ありますね!

私、日本語の家庭教師をしていたこともあったんですけど、ジヌクさんはすぐに日本語を覚えると思います。もちろん、読み書きはできないって本人も言ってますけども。簡単な会話ぐらいはすぐに出来ますね。編集長Sさんと私の会話にも入ってきてくれたし。

『恋愛時代』も『エアシティー』も日本での放映決定みたいだし。
そうそう。ファンの方々にはうれしいお知らせです! 
日程は未定だけど、春ごろ来日するよ! 

このブログを見た方々は、絶対に次号の『Korea Max vol.5』(7月9日発売)を買うべし!じゃなきゃ、お仕置きよ〜!

インタビューが終わってカメラマンさんたちと打ち合わせ。吐く息が白くて、寒くて、夜は、私の知り合いの放送局の方々とお食事。編集長Sさんは顔赤くして、一気してたねー。すげーと思いましたよ。

韓国では焼酎からお酒が始まります。しかもつがれたストレートの焼酎を一気するのが礼儀です。それで、自分のコップを相手に持たせてつぐ。そして相手がそれを飲む。それが仲良くなったという印です。もし、韓国で知り会った人がいたら、ぜひ試してみてくださいね。飲みすぎはいけませんけど、ほろ酔い程度ならヨシ!です。

ホテルについた、編集長のSさん。またも朝方5時ぐらいまで原稿書き。尊敬を通り越して、自分が恥ずかしいですよ。トホホ。(わくい)


koreamax at 18:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!