2006年11月14日

ゴーンですら逃げることは不可能! あの法則の魔手

 今年の一月、「ルノーサムスン製のSM3が日産のバッジをつけて輸出開始」というニュースが流れました(朝鮮日報)。
 SM3というのは、ブルーバードシルフィーのOEM車です。っていうか、サムスンルノーというのはただの工場ですので、独自の車を作る能力はありません。この記事に出ているSM5とSM7というのはティアナだったかな? OEM車を製造しているだけのところです。
 つまり、これまでサムスンルノーのバッジをつけて売っていたOEM車を日産のものであるということにして売りはじめたわけです。
 このニュースを見たとき、わたしは日産株をウオッチリストからはずしました。
 普通なら海外工場での生産みたいなものなのですから、生産台数が増加すると思いそうなものなのですが……。

 さて、この中間決算がどうであったかは皆さんのご存知のとおり。トヨタ、ホンダは過去最高の中間決算発表となりました。
 あのヒュンダイに襲われていた三菱自動車ですら、赤字額が大幅に縮小されています。
 円安の恩恵もありましたがそんな中、日産はなんと8年振りの減益となりました。
 それも15%というレベルで。
 さて、あなたは『あの国のあの法則』を信じますか? 信じませんか?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koreanlaw/50671657
この記事へのコメント
初めまして
楽韓ウェブから参りました。
私、今回のワールドカップドイツ大会から「法則」が真実であることを確信するようになりました。
経済界は言うに及ばず、大阪、対馬そして福岡と地勢でも法則は発動中ですね。
こんな状態でいいんでしょうかね・・・・・・
Posted by 父チャン愚夢 at 2006年11月14日 12:07
日産と言えば先日発表された米国ユーザーの評で、ワースト方に何車種か入ってましたね
Posted by Err at 2006年11月14日 16:34
ゴーンですら韓国面の祟りには敵わないのか
魔除け効果のありそうなお顔なのに・・・
Posted by   at 2006年11月14日 17:22
信じますw
Posted by にょ at 2006年11月15日 03:57
あの国のあの法則ってまるでデスノートみたいですね。
Posted by Gookをやっつけろ at 2006年11月15日 18:43