韓国ブームなのはなぜ

人気の韓国コスメ、芸能人など韓国ブームに関しての日記です。

脱毛サロンとクリニック

脱毛は一回では不十分なので、
そのつど数万?数十万かかる事になります。
(私の場合は一度に3箇所の脱毛で6万円で、
4回通いました)ですので、
全身脱毛大宮など完璧をきす場合はその施術施設のセット(「半年の間、
何回やってもいくら」とか「脱毛が完了するまで何回でも」)といったものがお得です。
一口に脱毛と言っても、
その方法は、
光脱毛・レーザー脱毛など色々あります。
技術的に言えばレーザー脱毛の場合、
その機器・医師資格者・等の事柄が必要で一番コスト高の傾向があり料金的にも高い方法と言えるでしょう。
私個人の考えでは費用はかかりますが、
エステやサロンではなく皮膚科医院や美容外科で行う方が安全で安心だと思っています。

効果がその場しのぎかもしれないので価格からも想像できないのでお勧めできません。
大手の美容外科でもそんな値段で12回なんて無理です。
1回受けてみればその価値が分ると思うのですが、全身脱毛して一回が15000円ちょっとだなんて・・・
膝下だけの1回分くらいですよそれ?!

出来ればいくつかカウンセリングいくとよいです。
最近サロンにカウンセリングにいってるんですが(脱毛目的でなく光効果をためしたい)、この店…なんてとこもあります。


繰り返しますがおすすめは断然レーザー脱毛です!
特に産毛なんかは光脱毛は時間かかると思います。

韓国料理

まず韓国の肉料理ですが、私が知ってるだけでもかなりたくさんありますよ~

ポッサム(ゆで豚肉の葉野菜包み):ゆでた豚ばら肉をサンチュやゆがいた白菜に包んで食べる豚肉料理。
トッカルビ(餅カルビ):牛のあばら肉を包丁でミンチにして丸めて焼いた肉料理。
スユク(ゆで肉):薄切りにした牛や豚のゆで肉を、酢じょうゆなどにつけて食べる肉料理。
カルビチム(牛カルビの蒸し煮):骨ごとぶつぎりにした牛ばら肉を、甘辛く蒸し煮にした料理。
プルコギ(焼肉):甘いたれに漬けてから焼く牛焼肉。
コムタン(牛肉と牛の内臓煮込みスープ):牛肉と牛の内臓を長時間煮込んだ、うまみたっぷりのスープ。
デジカルビ(豚カルビ):たれに漬け込んだ豚肉を焼いて、葉野菜に包んで食べます。
タッカルビ(鶏肉炒め):甘辛いコチュジャンで鶏もも肉、野菜、餅などを炒めた料理。
サムギョプサル(豚の三枚肉):やや厚めの豚ばら肉をじっくり焼いた、韓国定番焼肉。
ケランチム(韓国式茶碗蒸し):だしと溶き卵を土鍋に入れ、火にかけて作る韓国式茶碗蒸し。
カルビ(骨つき牛カルビ):骨つき肉を豪快に焼く、日本でも有名な牛カルビ。
タッカンマリ(鶏の水炊き):大きめの鍋に鶏1羽が入った豪快な鶏の水炊き。
カムジャタン(じゃがいもと豚の背骨鍋):じゃがいもと豚の背骨を辛いスープで煮込んだ鍋。
ユッケジャン(牛肉の激辛スープ):野菜と牛肉の細切りを、粉とうがらしで味つけして煮込んだ辛いスープ。
ソルロンタン(牛煮込みスープ):牛肉や骨、内臓を長時間煮込んだコクのある白濁スープ。
サムゲタン(鶏煮込みスープ):若鶏のおなかにもち米や高麗人参などを詰めて煮込んだ滋養食。
カルビタン(牛カルビスープ):骨ごとぶつ切りにした牛カルビを煮込んだ、スープ料理。

鍋料理は
ポソッジョンゴル(きのこ鍋):きのこがたっぷり入った、ピリっと辛い秋の鍋料理。
ヘムルタン(海鮮鍋):魚介類がらのうまみが凝縮した豪華海鮮鍋。
メウンタン(魚の辛い鍋):魚の身や“あら”を粉とうがらしやコチュジャンで煮込んだ辛い鍋料理。
テグタン(たら鍋):たらを粉とうがらしやコチュジャンを使って煮込んだ鍋料理。
プデチゲ(洋風食材の寄せ鍋):ハムやソーセージなどが入った、韓国の寄せ鍋料理。
テンジャンチゲ(味噌鍋):たっぷりの具に青とうがらしの辛味がきいた韓国式味噌汁。
スンドゥブチゲ(おぼろ豆腐鍋):とうがらしベースの辛いスープに豆腐が入った鍋料理。
キムチチゲ(キムチ鍋):酸味のきいた白菜キムチを、野菜や豚肉と煮込んだ料理。

飯・麺料理には
ヘムルカルグクス(韓国式海鮮うどん):魚介類をたっぷりと入れた温かい麺料理の王様、ヘムルカルグクス。
ヤクシク(韓国式おこわ):もち米を蒸して、ごま油やはちみつなどを加えた甘いおこわ。
ホバッチュク(かぼちゃ粥):ほんのりと甘く、胃のはたらきを活発にしてくれる、かぼちゃのお粥。
パッチュク(あずき粥):軽めの食事のほか、間食としても食べられているあずき粥。
チェユットッパプ(豚肉炒め丼):とうがらし味噌をベースに甘辛く炒めた豚肉をごはんの上にのせた料理。
コンナムルパプ(豆もやしごはん):シャキシャキとした歯触りが魅力の、豆もやしを使った炊き込みごはん。
キムチポックンパプ(キムチチャーハン):白菜キムチのぺチュギムチを具にしたチャーハン。
ムルネンミョン(水冷麺):そば粉やでんぷんを使った麺に、牛肉だしの冷スープをかけた料理。
ピビンネンミョン(辛いスープなし冷麺):とうがらしをベースにした辛いたれをかけ、混ぜて食べる麺料理。
チャプチェ(春雨炒め):色とりどりの野菜や肉を春雨と混ぜ合わせた炒め物。
スジェビ(すいとん):小麦粉の生地を、あっさり風味のスープに入れて作る韓国式すいとん。
カルグクス(韓国式うどん):煮干しやあさり、鶏でとったあっさりスープで食べる、韓国式の手打ちうどん。
ユッケピビンパプ(牛肉の刺身入りビビンバ):牛肉を具のメインにした韓国3大ピビンパプのひとつ。
ピビンパプ(ビビンバ):野菜や山菜、牛肉などをごはんの上に盛り、かき混ぜて食べるごはん。
トルソッピビンパプ(石焼ビビンバ):石釜の器に、ごはん、野菜、山菜、牛肉などを盛り、器を熱して作る料理。
チョンボッチュク(あわび粥):あわびを使った韓国の代表的なお粥。栄養価が高く消化にいい滋養食。
コンナムルクッパプ(豆もやしのスープごはん):豆もやしのスープにごはんを入れた朝食の定番料理。
キンパプ(のり巻き):たくあんや卵焼きなどの具を巻いた、韓国式のり巻き。

あと、宮中・宮廷料理には
クジョルパン、シンソルロ、タンピョンチェなどがあります。


どれでも美味しいのが韓国料理かな~


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ