開催中の冬季五輪で初めてフィギュア・スケートに国別対抗チーム戦なるものが導入され、噂によると女子フィギュアを最後に放送したがった米NBC局の一身上の強いご要望で、個人戦よりも先に行われることになってしまったらしい。まずは個人戦に向けて備えたいだろう選手達の気持ちを無視して、こうした流れになったのは残念だが、浅田真央がトリプル・アクセルで転倒してしまったので、個人的には今回はチーム戦が先だったことを有難く思っている。だが、実はこのチーム戦が先とう構成には恐ろしい落とし穴があるのだ。転倒等のミスをした上で1位を逃した日本女子はとても幸運だったとしか言いようがない。ショートとフリーでほぼ完璧な演技をしながらも、2位に位置づけられてしまったイタリアとアメリカの女子選手らは、それがいかに悲劇的な状況を示しているかに気づいているのだろうか?フィギュア・スケートという競技はジャッジによる評価によって勝ち負けが決定するものであり、一度でも出された選手への公式スコアが次の大会で同等の演技をしたとして一気に上がることはまずない。つまり、今回のチーム戦で出されたスコアに矛盾しないスコアを個人戦で出さねば、どちらかの採点がミスジャッジだったということになってしまうので、ショートとフリー両方で1位だったロシアの選手がミスをしない限り、ほぼ完璧な演技をして既に彼女の下に位置付けされてしまったイタリアとアメリカの女子選手は、個人戦でも良い演技をしたところで勝てる見込みは既に無いも同然。浅田・鈴木の日本女子選手はむしろミスをして1位を逃したことで、ほぼ完璧な演技ができれば勝てる可能性を残せたのだ。同じ立場でもアメリカの選手はともかく、イタリアの選手はこのあたりを見極める経験値が豊富なので、彼女がこの状況をふまえて個人戦に臨まねばならないと思うとあまりにも憐れだ。こうした意味からも、やはりチーム戦は先に行われるべきではない。チーム戦があるいかなる競技でも、やはり選手達は個人戦での金メダル獲得を一番に望んで五輪を目指し続けてきたはず。選手達はそれぞれ違った個人の物語を背負い、最終的には一人で闘い抜くことになるからだ。さて、今回は1964年の東京オリンピック男子10000m走で、誰も予想していなかった優勝を見事に成し遂げたアメリカのビリー・ミルズという選手を描いた『ロンリー・ウェイ』(原題:"Running Brave"83年米)という映画を取り上げようと思う。この実話に基づいた物語の中には、文字通り一人で闘い抜いた孤高のアスリートの姿がある。ミルズは五輪での優勝以前に一時は大学生の頃にランナーとして注目を浴びもしたが、その後はスランプに陥り、何とか五輪出場選抜で代表入りを勝ち取ったが、誰からも期待されない中で五輪に出場した選手。その際にはコーチもトレーナーもおらず、レースを中継していたアメリカのアナウンサーさえ彼の名前をろくに覚えていなかった。加えてミルズには他の一般的なアメリカ代表選手にはなかっただろう、ある特殊な苦悩を乗り越えねば栄冠を手中にできない背景があった… 

runningbraveミルズはネイティブ・アメリカンのハーフで、貧しいインディアン保有地で生まれ育った。クロスカントリー走者としてスカウトされ、カンザス大学にスポーツ奨学生として入学したが、ネイティブ・アメリカンであることへの差別に耐え、彼には予想しえなかった白人社会の価値観に順応するだけで当初は苦労する。コーチのイーストンは自分の選手らを勝利に導くことに余念がなく、審判に見られないように他の選手を腕で弾くコツまで伝授するような人物だった。大きくリードして勝ちが見えていてもゴールまで力を抜かずに全力疾走しろというのは当然としても、背後から追い上げて勝利するのもダメ、勝利した後に他の走者へ励ましの声をかけるのもダメ…ミルズがそうだったように、この映画を観る側もイーストンの絶対勝者的思想には首を傾げたくなる部分が多いだろう。そもそもイーストンはネイティブ・アメリカンは良いランナーであっても、結局は途中で投げ出してキャリアを棒に振ってしまうものだと懸念していた。実際、彼が過去にそうした走者を何人かコーチしてきた経験からたどり着いた結論だ。一体どうしてネイティブ・アメリカン走者は長続きしないのか?それは作中でミルズ自身をも襲ったカルチャー・ギャップ等の問題があったからだと想像できる。ミルズは自分は絶対に投げ出さないと何度も主張し、やがてカンザス大学のスター走者になって行くが、そうした中でも新たな問題に彼は直面するようになる。一つは上手く白人社会に馴染み、パットという白人のガールフレンドもできた彼の生き方を、保有地の仲間達が認めてくれなかったこと。カンザス大学への入学が決まった当初は自分のことのように喜び、保有地の出世頭として自慢に思ってくれていた仲間達だったが、ミルズに招かれて彼の大学での生活を垣間見てからは態度が一変。彼らにネイティブ・アメリカンとしてのアイデンティティーを失ってしまったかのように責められ、ミルズは落ち込んでしまい、レースでも結果が出せなくなってしまう。もう一つの問題は、イーストンが彼をやたらとレースに出場させ、ミルズの意思とは相反する競い方を常に強要したため、いつしか走る喜びを感じられなくなってしまったことだ。ミルズにとって走ることは一に喜びであり、二にそれをもって保有地の家族や友達に誇りに思ってもらえることだった。その両方が失われてしまった時、遂に彼はイーストンに「俺も所詮は今までコーチが言っていた通りのインディアンの一人だったよ!」と言い残し、大学を辞めて保有地へ戻ってしまう。

保有地に戻って自由に大地を駆け抜けながらミルズは、すぐに走る喜びを取り戻すことができた。だが、故郷を失うくらいなら、二度とレースに出られなくてもいいという思いは変わらない。絵の才能に秀でながらも白人社会に順応できないまま画家の道を諦めてアル中になっていた親戚のフランクは、「お前はまだ外の世界で可能性がある」と諭し、走者としての才能を無駄にするなとミルズに訴える。それでもミルズは自分には故郷さえあればもう充分と、競技に戻ることを拒み続けるが、やがてフランクの突然の死によっていたたまれずに保有地を再び去って行く。様々なことを考えて整理する環境が必要で、それは保有地でも大学でもないと実感した彼は米軍に入隊。そこで再びランナーとしてトレーニングにも勤しみ、やがてミルズは自分が走ることで保有地という限られた世界に縛られたネイティブ・アメリカン達に、何らかの希望を与えられないかと感じるようになる。作中では詳細な描写はないが、ミルズがこうした考えに至ったのは、彼が軍隊という場に身を置いたからではないかと思う。軍人の最終目的は他者のために戦う、または他者を守ることであり、それをきちんと出来るようになるために様々な規律に従い、訓練を積んで行く。大学とは異なり、個人が自分のためだけに努力を重ねる場ではない。大学で感じた窮屈さも、保有地で感じた悲しみも、一度自分の‘個人’を放棄することでミルズは客観的に建設的な方向へ変換する道筋を見出せたのかもしれない。ちなみにミルズは東京五輪に出場した当時には米海軍中尉にまで昇格しており、決して軍隊を単なるトレーニングの場に利用していたわけではなく、真摯に軍人としても頑張っていた事実がうかがえる。軍隊内でも恐らくネイティブ・アメリカンへの偏見や差別は多少なりともあっただろうが、努力に応じてきちんと認められる世界であったからこそ、ミルズは再び‘白人の国’の代表としてでも走ることを選択する気になれたのではないか?

それ以降は最初に説明した通り、五輪出場選抜で五輪行きを確定させ、東京に行ってはもうこれ以上説明する必要はありませんねという展開なので語らないが、何点か触れておきたいことがある。まず、この映画は実話だという以外は大して重みがない作品のように思われがちだろうが、実はさり気なく脚本がなかなか良く書かれているのだ。初めて二人が出会った際、彼の元で走ることを切願するミルズに、イーストンはそうしたいなら自分の言う通りに走ることが絶対条件であり、"Are you willing to pay the price? (それだけの犠牲を払う気はあるか?)"と訊ねる。ミルズは勿論あると返答するが、ここで彼がやや戸惑った様子を見せるのは、この段階では本当の意味で彼が‘払わねばならない犠牲’がどのようなものか理解してはいなかったからだ。この映画はほぼ全編を通して、ビリー・ミルズという青年が五輪の金メダリストになるまでに‘払わねばならない犠牲’がどうしたものであったかを描いているとも言える。全てのトップ・アスリートにはその地位を築くまでに払った犠牲は多く、内容は千差万別だっただろう。ミルズの場合も民族的偏見との闘いや白人社会の中でのアイデンティティーの困惑を軸に、そうした部分は作中で細々と描かれているが、要約すると恋人・パットの作中の台詞がその全貌を顕著に示している ―― 「貴方が嫌でも、私は白人の中流家庭の娘なの。それでも私が欲しいなら、その事実を受け入れて私と付き合うことに伴う全ての事柄とも対峙してちょうだい」。これはミルズが後に彼の妻となるパットの両親が、彼が半分ネイティブ・アメリカンだということを快く思っていないのに臆した時にパットが語った言葉で、そのままミルズが競技走者となる上で、最早アメリカが白人の社会である現実を受け入れ、白人の社会のあり方を認めねばならなかったことにも置き換えられる。これが果たして正しい選択だったのか否かは、人それぞれの価値観によって違ってくるだろう。例えばミルズが保有地に戻ったまま永遠に去ることなく、ランナーとしての才能を捨ててまでネイティブ・アメリカンとしてのみ生きることを選んでいたとしても、それはそれで意義のある一生だったかもしれない。しかし、この作品はイーストンの哲学を前半から全面的に打ち出すことで、競技者にとっては勝つことこそ全てだという意識を観客にも叩き込み、ミルズの東京五輪での勝利は白人社会を受け入れるという彼が払った犠牲の上にしか成り立たなかったという図式を明確化している。「私が信じるのは勝つことだけだ。どうやって闘うかや、全力を尽くした云々等に興味はない。そんなものは負けた時の慰めでしかないからだ」と、イーストンはミルズらスポーツ奨学生らに入学時に語って聞かせる。全く以って同感だ。素晴らしいコーチではないか!道半ばで仲違いしたミルズとイーストンだが、ミルズが結果的には白人がもたらした競争社会の象徴でもあるイーストンのそうした考えをも受け入れ、勝つために必要な目標こそ自身で見出したものの、やはり勝利のみを究極の目的と定めて闘い続けた一面をも描いているのだ。それを裏付けるかのように、東京五輪の競技会場でミルズを応援しているのはパットだけでなく、密かに彼を見守り続けていたイーストンだった。個人的にはこのあたりのイーストンの描写が一番ジーンとくる。二人の和解シーンは、互いに認める部分は認め、譲る部分は譲ろうというネイティブ・アメリカンと白人の共存のあり方への提案でもある。作中前半でゴールするまでは一切力を抜くなというイーストンの教えと、自分流の後方から伸びてきて最後に刺すという両方の合わせ技でミルズが10000m走に勝利したことを暗示してもいる。そもそも、この映画の冒頭でクロスカントリーでのミルズの走りを見て、イーストンが「なぜ、最後に力を抜いた?」と訊ね、最後まで全力で走り抜くことの大切さを彼に説いたのは、レースにおいてのみならず、走者として頂点を目指すための総体的な心構えのあり方を示していたのだろう。米学生走者としてトップを極めてからミルズは迷い、一度はキャリアを放棄しかけて遅れを取ったが、再び有力選手の背後から全力でゴールを目指し、五輪金というフィニッシュに至ったというわけだ。イーストンとミルズのそれぞれの走法、原住民と新参者の文化 ―― この物語はこうした対局の要素を融合させる形式でクライマックスの五輪レースに単にレースだけを観た場合以上の意味合いを含ませている。アスリートとは誰であれ、自分が本来持って生まれた資質と、自分になかった新しい何かと、その二つの間の葛藤の末に生まれる能力をもって成長して行くのだろう。『ロンリー・ウェイ』はネイティブ・アメリカンと白人中心のアメリカ国民というアイデンティティー問題をモチーフに、そうしたアスリートの原点を素直に表現していて爽快だ。

残念ながらこの作品は現在、日本で観ることは少々難しいと思われる。ブルーレイやDVDは勿論存在しないのに加え、日本版VHSが存在したかも今一つ不明だからだ。ちなみに私はたまたま、高校当時に年に一度の全校映画鑑賞会で、この映画とは劇場で出会えた。生徒全員がこの手のマイナーな作品が選ばれてしまったことにガッカリしたものだが、いざ鑑賞会当日はラストのレース・シーンで全員応援しまくりの大盛況。80年代しらけ世代の中でも、多分にその頂点に輝いていただろう私立女子高の生徒らを、勝つに決まってると分かっていながらもあんなに熱狂させてくれただけで、この映画はなかなかの秀作だと感じずにいられない。"But it wasn't how he finished, it was where he started which made him a champion (しかし、いかに彼がフィニッシュしたかではなく、どこからスタートしたかこそが彼をチャンピオンにした)"という作品のキャッチ・コピーもこの映画だけでなく、アスリートを描いた映画全般の真髄をつかんでいるようで、実に巧いと思う。今回は映画の予告編が見つからなかったため、代わりにミルズの東京五輪での実際の競技映像を下に貼っておく。なお、イーストンの「勝つことにしか興味がない」という姿勢は、彼が教え子に与えた教訓であると同時にコーチとして彼らをサポートする自身のポリシーでもあり、それは教えることはなくとも応援という形のサポートをする全ての者達の信条でもあるべきだと私は感じている。「勝てなくてもいいから頑張って!」等と言うのはアスリートに対して失礼極まりないことで、勝負が決定するまでは勝つという展開のみを想定した強気の励ましをしてやることが応援側の務め。慰めの言葉などは負けた後に改めて考えればいい。確たる根拠などなくとも、これからソチ五輪で活躍する日本選手全員に「必ず勝てる!」という意気込みで応援するお気持ちをお忘れなく… 

作品関連情報リンク集:Movie WalkerYahoo映画
字幕無しOKな方㊙リンク

気に入られたら下記のランキング・バナーにそれぞれポチッと一票願います!
 
 
  にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

ブログ全体のトップページに戻る

1964年東京五輪 ビリー・ミルズ10,000m走