L'appartement三つの指輪とシンデレラ探し

ジル・ミモーニ監督の『アパートメント』の主人公であるマックスは、どこにでもいそうなビジネスマン。ニューヨークでの生活を経て、二年振りにパリに戻って来た彼は、婚約者のミュリエルのための結婚指輪を購入しようとする。店員は彼に三つの指輪を見せる ―― 一つ目はオーソドックスなデザインだがしっかりした指輪、二つ目は豪華絢爛で見る分には良いが触ると怪我をしかねない指輪、そして三つ目は華やかさはないが光にかざすと星のように輝くという指輪。マックスはどれも気に入ってしまって選べないと言い、何も購入せずにこの冒頭のシークエンスは終ってしまう。これらの三つの指輪は、彼がこれから人生のパートナーとして一人だけ選ばねばならない、三人の女性を象徴している。マックスには悲しい恋の想い出がパリにはあった。二年前にニューヨークに旅立つ以前に、惚れ込んでいた恋人のリザが、突然置き手紙一つ残さずに彼の元から去ってしまったのだ。そんな悲しい過去は忘れて、市内のレストランで仕事の商談をしていた最中に、電話をかけに席を外したマックスは、摺りガラスに囲われたテレフォン・ブースが使用中だと気づいて外で待つことに…だが、電話をしている女性の声は、リザにそっくりだった。電話を終えた女性は大慌てでレストランを出て行ってしまい、後を追って行ったマックスは彼女を見失ってしまう。女性はレストランを去り際に転んでしまい、靴のヒールを折ってしまうが、顔は最後まではっきりとは見えずじまい。だが、長い黒髪のその女性こそ、間違いなくリザだとマックスは確信する。彼女がブースに置き忘れたホテルのキーを頼りに、彼はその日から東京へ行く予定の出張を密かに先延ばしにし、婚約者には内緒でパリに残ってリザの泊まっているホテル・ルームに忍び込む。リザと思わしき女性は不在だったが、彼はそこで見覚えがあるアンティークのコンパクトを見つける。興奮したマックスは、昔からの親友である靴のブティックに勤めるルシアンに会いに行き、リザと遭遇したことを話しては何とか彼女と会うつもりだと語る。婚約中の身でそれはどうかとルシアンは忠告するが、マックスの決意は固かった。しかも、マックスがホテルから持ってきてしまったリザのものと思われるコンパクトを、自分が落として鏡の部分を破損してしまった申し訳なさもあり、ルシアンはリザ探しのために自分の車をマックスに貸す。マックスはホテルに残されていた僅かな手掛かりを元に、リザが今は画商のダニエルという男と付き合っていると推測し、彼を尾行してリザのアパートを突きとめることに成功。だが、そこでもリザは留守だった。マックスはダニエルがリザに残した手紙と、リザのメール・ボックスに入れて帰った鍵を入手する。ダニエルの手紙からは彼がリザと別れたばかりであることが判明し、それでも彼が彼女を諦めきれずにいることが窺えた。マックスは鍵を使ってリザのアパートに忍び込み、そこで彼女を待つことにした。けれども、夜になってアパートに戻って来たのは、マックスが会ったこともない女性だった。彼女は自分をリザだと名乗る。ホテルでマックスが見つけたコンパクトも自分のものだと言う。電話をしていた女性が踵の部分を折ってしまった赤いハイヒールも室内にあった。名前は同じだが、マックスがレストランで見かけてから探し続けていた女性は、かつての恋人ではなく全くの別人だったのだ…尚、この先はエンディング以外でサスペンス要素のある部分のネタバレがありますので、知りたくない方は映画をご覧になってからお読みください。


2l'appartement-1995マックスはその事実に愕然とし、外は大雨だから泊まって行くようにと、そのアパートに住むリザの言葉につい甘えてしまう。そして、落ち込んだ気持を癒すかのように、彼女と一夜を共にしてしまったのだった。翌朝、リザは病院に勤務しているため仕事に行くと言って先に出て行ってしまう。リザは好きなだけ彼女のアパートにいても構わないとマックスに言うが、マックスはその後彼女の部屋の鍵を捨てて、夜には東京へ出発しようと決めていた。愚かな人違いと、幻のような見知らぬリザとの一夜…彼はそれらを葬り去って、現実の生活に戻ろうとしていたのだ。だが、舞台女優である恋人のアリスとの関係が上手く行っていないルシアンが、その夜に催される彼女が出演する芝居を一緒に観に来てくれと頼み込む。マックスは親友に同情し、芝居を観てから東京へ発つことを承諾。しかし、芝居が既に始まってから遅れてマックスが到着すると、舞台上のアリスは演出に反して客席に背を向けて、台詞もまともに語れなくなってしまう。挙句の果てに舞台上で失神してしまったアリスの姿に客席はざわめき、マックスは何が起こったのかさっぱり理解できない。仕方なく幕は下ろされ、芝居は中途半端なまま終ってしまう。空港へと向かうマックスに別れを告げ、ルシアンはアリスのを心配して彼女の楽屋を訪れる。泣きながら顔を覆った厚い舞台用のメイクを落としているアリス…驚くべきことに、彼女の素顔はマックスにリザと名乗った女性のものだった!

1l'appartement『アパートメント』は随所にそれぞれの人物の回想シーンが挿入されている。前半は主に二年前のマックスと彼の恋人となったリザとの出会いから、二人の愛情に満ちた日々が回想として描かれ、ここで初めてマックスが探していた本物のリザの姿を観客は目にすることとなる。当時、破損したビデオ・テープの修復をする仕事をしていたマックスは、持ち込まれたテープの中に写っていたリザに一目惚れし、それがきっかけで二人は恋人同士となったのだった。本物のリザも舞台女優だった。そして後に挿入されるアリスの回想シーンで、リザがマックスの前から姿を消してしまった理由の全貌が明らかに…二年前のアリスは向かいのアパートに住むリザと親友同士だったのだ。ニューヨークへ一緒に来て欲しいとマックスに誘われながら、翌日に返事をすると言ったまま消えてしまったリザは、急に所属する劇団の海外での興業に参加せざるを得なくなり、アリスにその事情とニューヨーク行きに対する返事を記した手紙をマックスに渡してくれと強引に頼んで、その夜のうちにパリを離れてしまったのだった。リザはマックスから受けたプロポーズも同然の誘いに狂喜していた。興業から戻ったら、マックスと共にニューヨークへ行くつもりだったのだ。しかし、リザは知らなかった ―― 彼女がマックスと出会う以前から、アリスが実はマックスに恋焦がれていたことを…リザが映っている壊れたビデオ・テープを撮影し、修復屋へ持参したのはアリスだった。アリスはそこでマックスを目にして以来、ずっと彼のことを想い続けていたのだ。ところが、あろうことか親友のリザとマックスが恋仲になってしまった。アリスはリザのアパートで幸せそうに戯れる二人の姿を覗き見ては嫉妬と哀しみに駆られる。そのような事情から、アリスがリザに託されたマックスへの手紙を彼に渡すことなどなかった。マックスはリザに捨てられたと思い込み、パリに戻ったリザはマックスが自分を見限ってニューヨークへ行ってしまったと誤解してしまう。真相を知るのはアリスただ一人…彼女はそれらの日々のことを全て日記に記していた。

996APT_Romane_Bohringer_115一方、リアルタイムのストーリーは続いて行く。劇場を去った後のマックスは、一度は捨てたリザと称する女(アリス)の部屋の鍵を取り戻し、またも東京行きを中止して、彼女のアパートに戻ってしまう。彼はアリスが自称リザであることを未だ知らず、彼女との一夜の情事が忘れられなくなっていたのだ。帰宅したアリスに、マックスはプレゼントを用意していた。それは踵が折れてしまった赤い靴の代わりとしての、同じような真っ赤なハイ・ヒールだった。プレゼントに喜んでアリスはさっそくそれを履いてみようとするが、しかしサイズが合わない。マックスはヒールが折れた靴のサイズが37号だったため、それと同じサイズの靴を買ってきたが、アリスは自分のサイズは39号だと何気に語る。この時点で初めて、マックスはアリスが何者であるのかと疑惑を感じることに…『アパートメント』では赤いハイ・ヒールが二ヶ所で象徴的に使われている。一つはこのマックスとアリスのシークエンス。もう一つは、二年前に本物のリザがルシアンの店を訪れ、たまたまその場にいたマックスが店員の振りをして彼女が要求する赤いハイ・ヒールを探すシーンだ。赤いハイ・ヒールは在庫切れで、リザは何も買わずに店を去る。赤いハイ・ヒールはシンデレラ物語のガラスの靴を彷彿とさせる。マックスはリザにも、アリスにも‘ガラスの靴’を履かせることができなかった王子なのだ。やがて嘘をつき続けることに疲れ切ってしまったアリスは、マックスに自分こそルシアンの恋人だと認め、どうして彼を騙すような真似をしたかの真相が記されている日記を彼に渡し、これからローマへ旅立つからと別れを告げる。アリスはルシアンにも彼を‘利用していただけだった’と告白し、彼の元を逃げるように去って行く。残されたアリスのバッグの中から、ルシアンは彼自身が壊したリザのものであるはずのコンパクトを発見し衝撃を受ける。鏡と言えば白雪姫物語に登場する、この世で一番美しい女性が誰かを教えてくれる魔鏡が思い出される。実際は美しいリザのものだったそのコンパクトに、アリスは誰が最も美しいかではなく、誰がマックスに一番愛されているかと問いかけては、割れた鏡面に嘘の上塗りばかりをしてきた末にバラバラになった自分の本質を見たことだろう。こうした事が起きている間中、一度はホテルに泊まったものの、本物のリザはずっとアリスのアパートに実はいた。二年前にマックスに捨てられたと思い込んだ彼女は、それから妻のいるダニエルと不倫を続けていたが、別れ話を彼女が切り出した直後に彼の妻が事故死したことを、リザは訝しんでいた。リザへの執着を捨てきれず、邪魔な妻を殺して彼女を取り戻そうとする…リザはダニエルがそんなこともしかねない恐ろしい男だとアリスに言う。そんな事情からアリスとアパートを交換し、リザはアリスのアパートに身を潜めていたのだ。けれども真相が気になり、かつ孤独を感じ始めていたリザは、マックスが前半で彼女を目撃したレストランからダニエルに電話をかけてしまう。リザの予想に反してダニエルは憤慨していた。ダニエルはリザのアパートを監視していた折、不運にもアリスとそこで一夜を過ごしたマックスの姿だけ目撃し、リザが他の男と付き合っていると勘違いしてしまっていたのだ。ダニエルに誤解された傷心のリザは、レストランを出る際に、彼女が先日置き忘れたホテルの鍵を持っているマックスからのメッセージを支配人から渡される。彼女とホテルで会えなかった後、マックスはレストランに戻り、自分が彼女に会いたがっていることを記したメモを残していたのだ。マックスがパリに戻っていて自分に会いたがっていることを知り、リザは思いもしなかった幸福を噛みしめる。リザはそこに記されていた連絡先に、忘れた鍵を渡してもらうという名目で、レストラン側から待ち合わせ場所を伝えてもらうように頼む。待ち合わせ場所は昔、二人がよく落ち合っていた想い出のある小広場だった。けれどもリザがいくら待っても、遂にマックスは現れなかった。その頃、マックスは別の場所でアリスから渡された日記を読み、ここ数日の不可思議な出来事の全貌と、アリスの彼への一途な想いに心を打たれていたのだ。この先、マックスを含む主要人物らの運命がどうなって行くかは記述しないでおく。『アパートメント』はドラッグ、金銭への欲望、そしてバイオレンス・シーンが一切登場しないにも関わらず、先が見えない展開に観る側をドキドキさせてくれる、ある種のサスペンス映画だからだ。作中の複雑な人間関係を生み出し、物語として成立させているものは、主要人物らの恋愛感情だけ ―― 愛や恋といった強い情念が彼らを驚くべき行動へと疾走させ、その結果として僅か四日間の間にマックス、アリス、リザ、ルシアンとダニエルらの人生がどう変わって行くのか…是非ともご覧になって、恋愛の悦びと哀しみ、そしてその恐ろしさをもご堪能いただきたい。

作品関連情報リンク集:Wikipediagoo映画Yahoo映画

気に入られたら下記のランキング・バナーにそれぞれポチッと一票願います! ↓

 
  にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

ブログ全体のトップページに戻る

『アパートメント』予告編