今後の朝霞市を考える会

朝霞市議会議員選挙のあり方を考え、情報提供をおこなっていく会です。

朝霞市民の投票行動意識調査の結果発表

朝霞市選挙管理委員会が、市民の投票行動の意識調査を実施し、その結果が発表されています。

朝霞市民投票行動意識調査

関心の高い選挙について、1位と2位が発表されているが、合計すると、衆議院が280人、参議院が148人、県知事が109人、県議14人、市長193人、市議103人、選挙に関心がない66人となっています。

衆議院の関心が高いのは、次の選挙が衆議院議員選挙ということで、テレビや新聞でいつかいつかと話題になっていることが反映されている結果です。

意外に関心の高い項目は市長選挙。参院選を引き離して2位につけています。しかし前回の投票率は22%で朝霞市の有権者が約10万人いるなかで、約2万人しか投票していません。次こそはきちんと政策論争が行われる市長選挙が必要なのではないでしょうか。

同時に関心のない選挙も聞いていて、1位が県議選で209人、2位が市議選で176人で、3位の参院選の106人を圧倒的に引き離しています。自治体議会がどのように機能しているのかわかりにくいことと、地元マスコミが議会の論争を伝えていないことに原因があるのではないでしょうか。
この中では、市長選挙の無関心が最も低く、45人しかいません。

なぜ関心のない選挙なのか、という質問には、1位が生活に影響がないから85人、2位が知らない人しか立候補しないから、というのが77人となっています。自治体議会や市長選挙での低い投票率は、選挙管理委員会の啓発の問題ではなく、立候補者の主張が不明確であったり、広報がきちんとされていないで身内の票だけで当選していることが影響していると思います。

どうして投票しなかったかという理由は、用事があったからを除くと、関心がない、投票したい人がいない、というのが圧倒的な上位です。

なぜ自治体の議員、首長選挙の投票率が低いのか、というのは的確に問題を指摘していて、1位が期待できる候補者がない(少ない)231人、投票する前から当選人が決まっているような選挙が多いから190人、3位市民の政治不信170人、4位地元に関心がない147人という回答で、選挙管理委員会の努力不足を指摘する項目を引き離しています。

投票の視点も興味深く、将来を決めるという人が169人とダントツです。一方、身近さを選んだのが107人など、親密性を基準に選んだ人が引き離されているのも興味深いところです。

自由意見では、とにかく選挙カーに対する批判が強く、これに公費を出し続けていることはどうなのかという疑問が起こるのは当然です。一方で、政策をきちんと知るための文書配布や個別訪問が厳しく規制されていることは、大きな問題だと言えます。

朝霞市の子育て政策について考えるシンポジウムを開きます

朝霞市は首都圏でも子どもの多いまちです。子どもの急増にどのように対応していくのか、地域や市役所の課題です。
実際に子どもを抱えて活動している方々との率直なパネルディスカッションから、朝霞の事情について情報交換をします。

朝霞の
子育て環境について
みんなで考えよう

*保育所の現状ってどうなってるの?
*地域の小中学校の現状ってどうなの?
*地域の遊びの環境ってどうなの?
*障がい児へのサポート環境ってどうなってるの?


日 時 2008年7月13日(日)13:30〜16:00
会 場 中央公民館1F 集会室 朝霞市青葉台1-7-1
参加費 無料(事前申し込み不要)
保育 あります(要事前申込み・有料)
  対象 1歳〜未就学児 
  子ども1人につき1200円 (会場内でお子さんの同席も可)
  保育申込先 池本(090-6141-4654)7月6日 締切
  メールアドレス happy-my-love@mail.goo.ne.jp

ちらしをダウンロード

朝霞市議会が議会改革を求める請願を否決

11日の朝霞市議会議会運営委員会で、市民の岩垣清文さんが提出した朝霞市議会の改革を求める請願が、市民ネット、共産党の賛成、進政会、公明党、明政会の反対で否決されました。

私たちの会は、議会改革を進めて「自治体議会改革フォーラム」の指標をクリアしていくことを求めています。岩垣さんの請願がその実現のための第一歩になればと思っていますが、残念なことです。

なお、獅子倉、神谷、小山の3議員(それぞれ与党、中立、野党)は1人会派のため、議運での投票権はない。

岩垣清文さん「朝霞市議会の改革を求める請願」
朝霞市議会の新たな出発にあたり、より「市民に開かれた議会」をめざして、以下のとおり請願いたします。
1 透明性を確保し、さらに開かれた議会にしてください。
2 チェック機能を強め、簡素でわかりやすい議会にしてください。
3 市民の請願権を全面的に保障してください。
4 市議会の改革を、市民参加により進めてください。

朝霞市議会6月定例議会の日程

第2回市議会定例会の日程が公表されました。この他に委員会審議があり、別途日程は公表される見込みです。


平成20年第2回朝霞市議会定例会の会期予定について
内容  平成20年5月27日(火)に議会運営委員会が開催され、会期予定は以下のとおりとなりました。

6月2日(月)開会・市長提出議案の提案理由の説明
6月6日(金)市長提出議案に対する質疑
6月16日(月)市政に対する一般質問
6月17日(火)市政に対する一般質問
6月18日(水)市政に対する一般質問
6月20日(金)議案の採決・閉会

いずれの会議も、午前9時より開かれる予定です。

会場/朝霞市役所 議場

傍聴について/
(1)傍聴をご希望の方は、傍聴人受付にお越しください(市役所正面玄関右の、傍聴人入口からお入りください)。
(2)傍聴の受付は先着順に行い、定員は50名となっております。
担当課 議会総務課
連絡先 E-MAIL : gikai_somu@city.asaka.saitama.jp
電話番号:048-463-1111
内線番号:2284
ダイヤルイン:048-463-0549

県選挙管理委員会調査 政治への不信50%

県選挙管理委員会が毎年意識調査をしています。
その中で、投票に行かない理由として「政治への不信」が49.9%、国民の意識が政治に反映されていないが87%などの結果が出ていて、選挙への信頼感が低下していることが出ています。

埼玉県内の自治体選挙の投票率は極めて低くなっています。選挙管理委員会の啓発活動も必要だと思いますが、何のために投票するのか、抽象的です。やはり、選挙に関心のあるテーマが出てきたり、政治に緊張感があると、投票率が上がるものです。

住民が自治体の動きを手に取ることができるような、情報公開や住民参加の推進、立候補者の主張がわかるような、立候補者発の責任ある情報発信が必要ではないかと思います。

ちなみに衆議院選挙については関心が高く、政局がらみの影響もあるかとは思いますが、日々の国会の報道とともに、マニュフェストの配布から、選挙ビラの規制の緩和、ポスター規制の緩和、政見放送のスタイルの自由化なども効を奏しているのではないかと思います。

そういう意味では、全然情報が入らない今の自治体選挙の規制のあり方について、全面的な見直しが必要ではないかと思います。続きを読む

25日、学習会「自治体の財政破綻を知る」を開きます

5月25日に会の集まり3回目、学習会「自治体の財政破綻を知る」を開きます。ぜひともご参加ください。

●日時 5月25日9時30分〜
●会場 朝霞市コミュニティーセンター
        朝霞市青葉台1-7-1  048-465-7272
●講師 松本武洋さん(和光市議会議員)
        著書 洋泉社「自治体連続破綻の時代」「会計のルールはこの3つしかない」
        その他雑誌多数
●内容 自治体の財政の仕組み
     自治体の財政破綻とは何か
●参加費 無料

基地跡地の問題や福祉のことを議論すると、財政について必ず意見が出てきます。
例えば「町の活性化をするためにシビックコアは必要である」という意見に対して「ハコモノはムダである」という意見があります。「保育所にお金を使うのはムダである」という意見に対して「人を育てることにお金を使えば必ず戻ってくる」という意見もあります。
そうしたいろいろな意見の中で私たちは無用な混乱をしたり、特定の政策を誘導しようとする人たちに感情を利用されているのではないかと思うことがありませんか。
あるいは「財政がもたない」とよく言われますが、それは具体的にどういうことなのか、きちんとわかって言われているのでしょうか。

今回、著書や雑誌執筆記事で自治体の財政破綻に警鐘を鳴らしてきた松本武洋さんに財政をどう考えたらよいのかお話を聞き、「財政」という言葉を冷静に見る視点をつくりませんか。

今後の朝霞市を考える会
090-8705-5891

きょう市議会についてのシンポジウムを開きます

先日予告しましたが、きょう、朝霞市議会の運営を考えるシンポジウムを開きます。

多くの市民にとって、朝霞市議会は遠いところです。
市議会議員選挙の投票率は低く、さらに選挙で選んだ市議会議員がどのような議論をしているのか、見に行くこともあまりありません。

そうした中でずっとサンクチュアリを保ってきた朝霞市議会。
議論の内容、議論の運び、議会のつくり、市民との関係、そうしたことを新議会になってから傍聴をされている市民の方と、市議会のチェック活動をされている市民、新人議員から問題提起をし、参加者で考えていこうと思います。

日時 3月20日13時30分〜16時 受付開始13時15分〜
    ・途中参加・退出可です。
    ・保育はありませんが、子ども連れでの参加も可です。
    ・駐車場に限りがありますので、できる限り公共交通機関でお越しください
会場 朝霞市中央公民館 会議室
参加費 無料ですがカンパをいただけるとありがたいです

3月20日市議会の現状に関するシンポジウムを開きます

今後の朝霞市を考える会では、11月に改選された新議会がスタートした後をフォローするため、市議会の現状に関するシンポジウムを開きます。

「市議会は役にたっているか」
新市議会の現状と改革を語る
   市議会の傍聴活動をしている市民
   市議会議員の評価活動をしている市民
   新市議会議員
  による対談形式で行います。
日時 2008年3月20日 13時30分〜16時
会場 朝霞市中央公民館

※参加希望の方はコメント欄に入力してください。公開はいたしません。

情報 三重県議会が年間228日開催

三重県議会が、会期の見直しを行い、この中で、議会の開会日数を年間228日とすることを決めています。

通常、自治体の議会は、3、6、9、12月の年4回開催し、それぞれ1会期につき20日〜25日間開会します。年間では80日〜100日の会議と、若干の閉会中の審査となっています。この開会日数が「大して働いてもないのに給料をもらっている」という批判を呼んでいます。
また、一方で、自営業者等が兼業のまま立候補しやすく、給与所得者が失職しながら立候補するという不公平をもらたしています。

福島県の矢祭町議会では、議員の報酬を廃止し、日当制に移行しています。現状の年間開会日数を前提として、常勤である必要がないという考え方から取られたものです。

逆に、三重県議会は、議員間の積極的な討議や政策立案機能や行政監視評価機能の強化を目的としていることから、議員の専門職性を強める改革を行ったといえます。

会議の長短についてもプラスマイナスあり、長所としてはじっくり議論する場面を作ることになりますが、一方では時間切れで条例が成立しないということがなくなるので、多数派の強硬な議会運営はやりやすくなる問題もあります。

党派がつばぜりあいをして憎しみあっているような議会では開会日数を増やすことはマイナスに働き、党派間の調整がしなやかな議会は、開会日数を増やすことで議論の中身を深められるのではないでしょうか。

三重県議会だより続きを読む

広報あさかの議会だよりに発言議員名が掲載

この会が問題提起をしていた朝霞市議会の情報公開ですが、12月議会から広報あさかに掲載している市議会の質疑討論の紹介で、発言議員名を公開し始めています。

まだまた情報公開のためにやるべきことはたくさんありますが、匿名性が強く、市民チェックが不可能だった議会でしたから、まずは改革の第一歩だと思います。素直に評価したいと思います。

まだ、議案の賛否について議員名の公開がされていないことは引き続きの課題です。

2月22日市議会で議会改革の請願が審議されます

2月22日朝霞市議会で、議会改革の請願が審議されます。
この議会改革案は、私たちの会とは関係ありませんが、大きな方向では同じなので、関心をもって注目しています。

朝霞市のホームページから

日時/2月22日(金) 午前9時

会場/朝霞市役所別館2階 第2委員会室

議題/
(1)平成20年第1回朝霞市議会定例会について
(2)平成19年請願第12号 朝霞市議会の改革を求める請願

傍聴について/
(1)傍聴をご希望の方は、議会事務局(朝霞市役所2階)へお越しください。会場へご案内いたします。
(2)開催日時については、都合により変更される場合があります。
(3)詳細については、議会事務局にお問い合わせください。
担当課 議会総務課
連絡先 E-MAIL:gikai_somu@city.asaka.saitama.jp
電話番号:048-463-1111
内線番号:2284
ダイヤルイン:048-463-0549

3月20日議会傍聴の体験報告会を開きます

11月のイベントに関心を持っていただいた方、ご参加していただいた方、その後の情報提供に間が空きまして、お詫び申し上げます。

3月20日(春分の日)、12月に改選されスタートした新議会を傍聴した方の傍聴体験報告会を開きます。
会場は、中央公民館・コミュニティーセンターです。

詳細が決定しましたら、追ってお知らせします。

これ以降、2ヵ月に1回ぐらいのペースでこうした勉強会を開いていきます。よろしくお願いいたします。

朝霞市議選の結果データ

遅くなりましたが、朝霞市議選開票結果です。

開票終了2日23:19
有権者数 100,643人
投票者数 37,916人
投票率 38.45%
有効投票数 37,375.998票
無効票 540票

当 2042 神谷大輔  無所属
当 1994 佐野昌夫  民主党
当 1993 篠原逸子  公明党
当 1839 利根川仁志 公明党
当 1661 田辺淳   市民ネット
当 1617 本山好子  公明党
当 1552 小山香   無所属・革新系
当 1519 浦川和子  公明党
当 1518 石川啓子  共産党
当 1494 岡崎和広  公明党
当 1454 石原茂   無所属 進政会
当 1392 須田義博  無所属
当 1333 獅子倉千代子 無所属 拓政会
当 1332 藤井由美子 市民ネット
当 1281 陶山憲秀  無所属 進政会
当 1262 浅川万次郎 無所属 進政会
当 1230 船本祐志  無所属
当 1136 福川鷹子  無所属 進政会
当 1097.193 高橋勅幸  無所属 進政会?
当 1088.190 小池正訓  無所属 民主クラブ
当 1083 斎藤弘道  共産党
当 1009 野本一幸  無所属 進政会
当 1002 堀内初江  共産党
当  945 大橋正好  無所属 進政会
   903.806 高橋安喜夫 無所属 進政会
   898.809 小池秀雄  無所属 進政会
   789 原山典    無所属 拓政会
   493 伊藤隼人   無所属
   418 栗原幸雄   無所属

私たちの会のアンケートにお答えいただいた7人のうち6人が当選しました(当選率85.71%)。
回答いただけなかった22人のうち、18人が当選し、4人が落選したことになります(81.82%)。
単純に言うと、アンケートの回答が4%程度、当落の可能性を変えたともいえます。

基地跡地利用市民連絡会のアンケートに関しては、回答した15人のうち14人が当選しています(回答率93.33%)。
回答していない14人のうち、10人が当選し、4人が落選しています(回答率71.42%)。
大きな争点であったこの問題に関して、市の方針に賛成であれ、反対であれ、その他であれ、立場を説明した候補がよい結果を出したといえます。

市議選の投票が終わりました

朝霞市議会議員選挙の投票が終わりました。
基地跡地利用をめぐる激しい争点があったものの、全部の投票者数は37,916人で前回より400人程度の増、有権者数が増えているため投票率は低下し38.45%という結果に終わりました。

投票率が低かったのは私たちの会の運動努力や、選挙管理委員会・明るい選挙推進委員会の広報に問題があるかと思いますが、何より、候補者陣営による活発な運動が投票率を上げる重要なカギとなります。

そういう意味では、重要な争点に決着を付けるだけの候補者のラインナップや、候補者自身の広く有権者への説明不足などが挙げられるのではないかと思います。

※私たちの会も、今後も議会改革の運動、選挙の改革の運動、政策研究活動などを引き続き続けてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

あすは投票日・1%の投票行く人が増えると当落が大きく変わります

あすは朝霞市議会議員選挙の投票日になります。
この会のフォローで、さまざまな選挙の判断となる情報や資料を提供し、その結果としての受け止めはいろいろだと思います。

しかし、投票にいかなければ投票に行く人だけで市政は決定されていきます。ぜひとも投票に行くようにしてください。会からのお願いです。

●朝霞市の投票率の情報です。
  年    1987年  1991年  1995年  1999年  2003年  2007年
有権者数  69,328  75,628  85,531  90,172  95,689 100,643
総投票数  39,965  37,408  37.720  38,700  37,511
投 票 率  57.65% 49.46% 45.16% 43.00% 39.20%
・昨日時点で2838人が期日前投票を済ませています。
・投票率が1%上がるだけで1006票増えます。市議1人の当選・落選が変わるぐらいの数です。投票率が低いからこそ、投票する人の1票の価値はおもくなっています。投票は無意味ではありません。

●候補者情報については過去、お伝えしています。
現時点での朝霞市議選の候補者
市議のHP一覧
その他、市役所や駅などで配布されている選挙公報などが情報源になります。

11/18シンポジウム 基地跡地利用とアンケート発表 議事録作成しました

11月18日に私たちの会が開きました「シンポジウム朝霞市の未来は安泰か」の第3部「基地跡地利用」と、最後のアンケート発表についての議事録ができましたので公開いたします。

●第3部 基地跡地利用 と 最終のアンケート結果公表 議事録

シンポジストは、大野良夫さん(基地跡地利用市民連絡会事務局長)、大畑茂さん(朝霞第四小学校PTA会長)です。

市議候補予定者アンケート結果
・アンケート結果を伝える私たちの会の広報ビラ
市議選候補予定者アンケート回答用紙

※第2部についてはもうしばらくお待ちください。

読売新聞に自治体議会改革フォーラムが紹介されています

30日の読売新聞朝刊2面「顔」というコーナーで、自治体議会改革フォーラムの呼びかけ人代表の広瀬克哉さんが紹介された記事が掲載されました。

11月18日に開いたシンポジウムの第1部の基本的な問題提起と同じです。
12月2日の朝霞市議選での判断基準になると思います。続きを読む

11/18シンポジウム 議会改革と市民参加 議事録作りました

11月18日に私たちの会が開きました「シンポジウム朝霞市の未来は安泰か」の第1部「議会改革と市民参加」の議事録ができましたので公開いたします。

●第1部 議会改革と市民参加 議事録

シンポジストは、高井章博さん(自治体議会改革フォーラム世話人・元三鷹市議会副議長)、松本武洋さん(和光市議会議員)です。

【参考資料】11/18シンポジウム 議会改革と市民参加 朝霞市議会の改革度

自治体議会改革フォーラムの採点です。自由な討議度、市民参加度、公開性それぞれ0点です。

資料 朝霞市議会の回答を記入した調査票
※私たちの会が自治体改革フォーラムにヒアリングして再現したものです。

1.自由な討議度(○=30点、△=10〜20点、×=0点) 0点=×
)棆餤弔如長提出議案審査を行う際に、賛否理由を述べる「討論」ではなく、議員相互で質問可能な自由討議を行っていますか?
  行っている → 5点
  議事録にも残している → 10点
■朝霞市の場合、どちらも行っていないので0点

委員会で、長提出議案審査を行う際に、賛否理由を述べる「討論」ではなく、議員相互で質問可能な自由討議を行っていますか?
  行っている → 5点
  議事録にも残している → 10点
■朝霞市の場合、どちらも行っていないので0点

2.市民参加度(○=30点、△=10点、×=0点) 0点=×
\全蝓δ直霏緝充圓説明する機会を保障していますか?
   保障している → 10点
  (その発言を)議事録にも残す → 20点
■朝霞市の場合、そもそも議員以外が議会で発言する機会がないので0点

3.公開度(○=40点、△=10〜30点、×=0点) 0点=×
)議絢圓蓮議員と同じ資料を閲覧できますか?
  できる → 10点
■朝霞市の場合、傍聴者に議員と同じ資料を閲覧させていませんから0点。

議案に対する議員個人の賛否を公表していますか?
  している → 15点
■朝霞市の場合、議案に対する議員個人の賛否を公表していないので0点。

2006年中に、議会や委員会主催の報告会など、議会報以外で、議会での審議・議決の結果を市民に報告する機会はありましたか?
  はい → 15点
■朝霞市は議会報告会は行われていないので0点。

きょう選挙公報が折り込まれています

今朝の新聞に選挙公報が折り込まれています。全候補者の公約や主張が書かれています。

残念なことに、選挙運動での言論活動があれもこれもダメと禁止されている選挙制度において、数少ない、個々の候補者の主張を確認できるものです。投票の前には必ず一読して、それぞれの候補者の主張を確認することを、私たちの会ではおすすめします。

なお新聞を購読していない方は、不在者投票所や駅頭などで配布しています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ