対応エリアについて

もしかしたらこのテーマが皆さんにとって一番切実なテーマかもしれません。

と、言うのも…

どれだけあなたが“フレッツ光”を使いたいと思ってても
どれだけあなたが“auひかり”を使いたいと思ってても


エリアが対応していなければ、使うことはできません…。


そこでひとつの指標となってくるのが、各社のエリアカバー率です。

2012年現在、フレッツ光はエリアカバー率95%となっています。auひかりは70%です。

フレッツ光であれば、ほとんどの地域で利用することができますので、
結果的に使われてる方も多いんだと思います。

ちなみにマンションに関してはエリアカバー率は一切関係ないです。
それぞれ回線会社の設備がマンションに導入されてるか、されてないかが判断基準になるからです。


なので、ここで大切なのはただひとつ!

エリア”が対応してるかどうか事前のチェックを欠かさないという点だけです。

料金プランを確認するのと同じ要領でエリアの確認ができます。
検討を重ね、いざ使おうと決心したのに使えなかったでは、誰よりあなた自身が浮かばれないでしょうから。