auひかり・フレッツ光徹底比較TOP ≫  ひかりに纏わる雑談

auひかりorフレッツ光、お勧めはどっち?

今や自宅にインターネットがあるのが当たり前の時代。
こうしてこのページをご覧になられてるあなたも、当然インターネットをご利用されてるからこそご覧になられてるわけですよね?

ただ、そこまで家庭に密接になってくると、少しでも料金を抑えたいのは皆さん同じはず。

そこで、auひかりフレッツ光

代表する二つのひかり回線を徹底比較してみました。
まず月額の料金ですが、比較すると下記のようになります。

■戸建て(ネット+ひかり電話)
auひかり:月額5,985円
フレッツ光:月額5,985円~6,720円

■マンション(ネット+ひかり電話)
auひかり:月額4,515円
フレッツ光:月額4,515円~4,986円
※フレッツ光は選ぶプロバイダによって料金が異なります。
※マンションはVDSL方式/16契約以上のプランです。


料金だけを見ると、正直どちらもあまり変わらないですよね?

ただ、ここで注意して欲しいのは、フレッツ光で料金を抑えたい場合、
プロバイダがかなり制限されてしまうんです。

実際、多くの皆さんが使われてる@niftyBIGLOBESo-netといった有名なプロバイダでは、
料金は同額にはなりません。

それに普通の代理店では、フレッツ光auひかりと同額にできるプロバイダが、
選べない事も多いので、相対的に料金を抑えたいのであれば、やはりここはauひかりに軍配が上がります。

では、それでもフレッツ光を選ぶメリットがあるとすれば…
それはauひかりに比べ、フレッツ光の方がサービスが充実してる点です。

10,000本以上の動画やカラオケが楽しめるコンテンツのサービスや、
アンテナがなくても地デジCSが受信できるようになるサービスもありますし、
家では無線LANルータとして使え、外に持ち出せばモバイルWi-Fiルーターとしても使える光ポータブルといったサービスもあります。

尚、CSに関してはauひかりでもアンテナなしで視聴ができますが、
ラインナップでは劣りますので、やはりサービスの面ではフレッツ光に軍配が上がります。

つまり、上記のポイントを纏めるなら

  • 料金で選ぶならauひかり
  • サービスで選ぶならフレッツ光

と、いうことになります。

もちろん、どちらを選ぶかはあなた次第ですが、
上記のポイントを参考にした上で、ぜひあなたに最も相応しい回線会社を選んで頂ければと思います。

フレッツ光を選ぶメリット・デメリット

フレッツ光を選ぶメリットですが、まず一番に言えるのはその対応エリアの広さです。

auひかりが対応してなくても、フレッツ光は対応してる。
その他、通信各社が対応してくなくても、フレッツ光は対応してる。

お住まいの環境にもよると思いますが、十分にあり得ることです。

なので、ひかり回線を使いたいと思った際に、対応してるのがフレッツ光だけだったので、
今現在フレッツ光を使われてるという方も多いと思います。

この辺りはさすがNTTと言わざるを得ませんね。

あとauひかりと比較したら、確かにフレッツ光の方が料金は高くなるんですが、
ひかり電話との併用ではなく、ネット単体でのご利用ならauひかりより毎月のランニングコストを下げることができるんです。

例えばauひかりは、マンションタイプ(16契約以上)でネット単体の場合、
毎月掛かる費用は3,990円です。

では、フレッツ光はと言いますと、マンションタイプ(16契約以上)でネット単体の場合、
毎月の料金が2,993円+プロバイダ利用料です。

プロバイダ利用料込みでいくつか例を挙げてみますと、

基本料金 プロバイダ 合計金額
BB.excite 2,993円 +525円= 3,518円 
BIGLOBE 2,993円 +945円= 3,938円 
BB.excite 2,993円 +997円= 3,990円 

と、いった感じです。

上記の場合だと、BB.exciteBIGLOBEでしたら、auひかりの3,990円を下回ります。

ただし、ひかり電話も追加すると、auひかりの場合は+525円に対し、
フレッツ光は+997円(基本料525円+ルーター利用料472円)が掛かりますので、
ひかり電話とセットで使った場合、

基本料金 プロバイダ ひかり電話 合計金額
BB.excite 2,993円 +525円 +997円= 4,515円 
BIGLOBE 2,993円 +945円 +997円= 4,935円 
BB.excite 2,993円 +997円 +997円= 4,987円 

料金は上記のようになります。

ちなみにauひかりはネット+ひかり電話の料金は4,515円です。

なお、便利なオプション一覧でも記載してる通り、フレッツ光の方がサービス面では充実してますので、auひかりではなくフレッツ光を選ぶのであれば

  • マンション住まいでネット単体で使いたい
  • 利用したいオプション・サービスがある
  • フレッツ光のみがエリア対応している

上記の辺りがポイントになってくると思います。

つまり、一般的に高いと思われてるフレッツ光でも、
場合によっては安く使えることがあるという事ですので、とにかくまずはあなたのお住まいが対応してるプランを一度調べてみて下さい。

思いがけない結果が得られるかもしれませんよ。

auひかりを選ぶメリット・デメリット

auひかりを選ぶメリットですが、まず一番に言えるのは回線スピードの早さです。

マンションタイプは100Mbpsなので、スピードに関してはフレッツ光と何だ変わりませんが、
マンションミニやホームタイプだと1000Mbps(1Gbps)も回線スピードが出ますので、その差は歴然です。

ただ、auひかりにも当然デメリットがあって、サービスやオプション面の豊富さでは、フレッツ光に遅れを取ってしまいます。

例えば今現在、フレッツテレビやケーブル会社経由で地デジを見られてるのであれば、
auひかりの場合アンテナを建てないことには地デジは見れなくなります。

フレッツ光で地デジを見る為、月額682円かかってることを考えれば、
アンテナの工事費(安ければ20000万前後)なんていずれは元を取れますし、建ててしまうのもひとつかもしれませんが、そもそも選択肢がないといった点ではやはりデメリットになります。

ただし、あなたが今現在auケータイをお使いなら、
ひかり電話からauケータイの通話料を無料にするといったサービスもありますので、フレッツ光とはまた違ったサービスの恩恵を受けることができます。

なお、料金に関しても基本的にauひかりの方が安いです。

もちろん条件によっては、フレッツ光の方が安い場合もありますが、
あなたのお住まいが戸建てなら、間違いなくauひかりの方が安くなります。

なので、注意すべきはあなたがマンションにお住まいの場合です。

詳しくはフレッツ光を選ぶメリット・デメリットに記載してますので、
そちらをご覧頂ければと思いますが、ひかり電話との併用ではなく、ネット単体で使う場合、フレッツ光の方が安くなるケースがあります。

つまりフレッツ光ではなく、auひかりを利用したいのであれば

  • 回線スピードを上げたい
  • ひかり電話とネットをセットで使いたい
  • auケータイを使ってる

上記のポイントを考慮した上で、ご検討頂ければと思います。

例えどちらを選ばれたとしても、それがあなたにとってベストな選択であったのならば、
あなたのネットライフはきっと楽しいものになるはずですから。