りんこ☆神戸お散歩日記*・゚゚・*ときどき韓国*.。。..*

毎日をアクティブに! 神戸っ子♪ 神戸グルメから・旅、日々・Runのあれこれつづってます。

タグ: 小豆島

閉館時間のPM5:00まであと1時間!
車をブッ飛ばしてやっと到着しました。

二十四の瞳映画村

CIMG2380

入村料 大人700円(JAF会員証を見せると少し割引ありました)
HPからも割引券がありました。

あれ?あれ?あれ?
10年前に来た時にはこんなに立派じゃなかった様な気が・・・

どう考えてもこんなに立派じゃなかった


苗羽小学校田浦分校とボンネットバスぐらいしかなかったやん!

なに??伊勢のおかげ横丁みたいにお土産屋さんとかできてるやん!

CIMG2398

コスモス畑

CIMG2397


坪井栄生誕百年記念銅像もなかったやん!
(数えました。ちゃんと12人いました)

CIMG2396

まだまだ小豆島、二十四の瞳映画村をイチオシ観光名所
ここも小豆島へ来たら99%観光するところです。


瀬戸内海を見渡す1万平米の敷地に オープンセットを保存・公開

昭和62年に田中裕子さんの主演で製作された映画『二十四の瞳』の
オープンセットで今でも当時のままを残して観光客が絶えない場所です。
CIMG2381

苗羽小学校田蒲分校

小さいお子さんが父親に『ねぇねぇ、二十四の瞳ってなに?どんな映画?』って聞いてました。
私も知りたい!
しかし、私と同年代ぐらいの父親の答えは・・・・・かなりボヤけた苦しい説明

映画の内容は分かりませんが、いい映画みたいなので新 二十四の瞳
で今の時代にリメイクしてくれればなぁ〜

先生役の田中裕子さんは、勝手に友達の満場一致で上戸彩ちゃんに決定!

CIMG2382

映画村の前に広がる 汐江海岸
CIMG2385

10年前来た時、たしかこの五右衛門風呂に入って写真を撮ったのを覚えてる。
CIMG2392

イヤイヤ懐かしいね〜また10年後に五右衛門風呂に入ってみました。
10年経っても成長してない自分の行動に1人ニタニタしてしまいました。

小豆島で来たかった場所の1つ天使の散歩道へ来ました。
小豆島国際ホテルのすぐ裏です。
CIMG2367


1日2回の干潮時に現れる砂の道が島と島を繋ぐ道

天使の散歩道(エンジェルロード)

CIMG2368

大切な人と手をつないで渡ると砂の天使が降りてきて
願いを叶えてくれる。という神秘なる道
らしいです。

なんだか道が出来るって神秘てきです。
10年ぐらい前に来た時小豆島1泊2日したけどこんなの知らなかった。
あったと思うけど、こんなにメジャーではなかったのかもしれない。

CIMG2371

エンジェルロードを見下ろせる丘へ登るといい景色。
CIMG2372

天使の散歩道近くのお土産屋さんで見つけたロケ地MAP。
韓国ドラマ フルハウス2
05

ファン・ジョンウムちゃん主演のフルハウス2フルハウス2のHP
香川県が舞台でここ小豆島もロケ地で撮影された日韓共同制作です。
06

小豆島の主なロケ地は、
エンジェルロード・肥土山農村歌舞伎舞台・小豆島オリーブ公園
と書いてありました。
07

エンジェルロードを出発してオリーブ公園でおトイレ休憩
CIMG2373
CIMG2375
CIMG2377

オリーブ公園のお土産屋さんでエンジェルロードが出来る
予想時間が書いてありました。
CIMG2379
こう見ると随分と長い間道が出来てるんですね。
どうせなら道が出来始める瞬間 OR 道が消え始める瞬間
を見たかったなぁ〜

笠ヶ龍寺のロッククライミング拝観で体力を使い果たしてお腹が減ったな。

小豆島で食べるランチ
東西芸人いきなり2人旅でルー大柴と笑い飯西田が棚田でホッコリしていた

こまめ食堂

CIMG2350


古民家を改築して作られたお店でお店の前にはアタシと同じように
テレビでの放送を見たのでしょうか?人人人人と車でいっぱいでした。
ちょっと時間帯をずらしていったのですが5組後だったので取りあえず待ってみることにしました。

CIMG2347

棚田のおにぎり定食・そうめん定食・ハンバーガーセット
う〜ん、何にしようかな〜
CIMG2349


お店の周りに広がる棚田
もう収穫が終わってなにもない棚田
これで作られたお米が棚田定食のおにぎりになっているんですね。
CIMG2352

順番が来て名前が呼ばれてやっと入れた店内。
お店のおばさん達もてんてこ舞いでした。

なぜ?こんなに忙しいのか謎!とやや切れてましたが、ある日突然
ドッとお客さんが増えて今まで細々していた平和な島に襲い掛かった
来客に驚いてるようでした。

テレビで放送されたことが影響しているとは思ってらっしゃいませんでした。

CIMG2358

大きいテーブルに相席は当たり前。
料理を待っている間もお店に並べてある雑誌を読んでこの後のスケジュールを
決めてたりしてましたが

出てくるのがメッチャ 遅い小豆島時間ですね。
CIMG2359

隣りに座られた珈琲を飲みに来ていたご夫婦がおススメの
こまめ食堂で飲める  名水100選に選ばれた
湯船のお水

このお水を使ってたてた珈琲も美味しいようです。
CIMG2356

栄養のバランスが取れた
棚田のおにぎり定食 1,000円
CIMG2361

棚田のお米を利用したおにぎり
ちょっと硬めのご飯で握ったおにぎりがとっても大きくて美味しかったです。
CIMG2362

日替わりのメイン この日のメインはカレイ(上に載ったのは野菜のかき揚げ)
CIMG2363

カレイには小豆島のポン酢をかけていただきました。
CIMG2360

定食を完食したころにはお腹いっぱいです。

レジカウンターでは、焼き立てマフィンとパンが販売中
CIMG2364
CIMG2365

焼き立てのいい匂いにそそられて買ったバターロール
CIMG2366

パン生地が甘くて定食食べたばっかりでも別腹に収まりました

今回の小豆島日帰り旅行は紅葉を見に来たわけじゃないの。
寒霞渓をさっさと見て、この旅メインへ向かいます。

小豆島には、小豆島八十八ヶ所零場の72番目
笠ヶ龍寺


途中まで車で坂道を登れるらしかったんですが、前日に降っていた雨のせいで
落ち葉が濡れて道が滑り車が登らない急な坂。

諦めてお寺の下で車を停めて階段を登ってまず最初のポイント

お寺の入口にある金の鐘を撞きます。

ゴーーーーーーン

CIMG2331


小豆島八十八ヶ所零場の一番の難所でもあるこの階段というか
岩を登らないとお寺がないんです。

見上げてビックリな岩山

CIMG2332

噂には聞いてたけど凄い!
スニーカーの紐を締め直し、用意していた軍手をして
足元に気を付けながらゆっくり上ることにしました。

このお寺、拝観者の身の危険を守るためAM8:00~PM2:00までに
拝観しないといけないそうです。

CIMG2333

急な傾斜が写真で伝わるかな?

あ、拝観が終わって降りてくるお遍路さん達が後ろ向きに降りてきます。
そうだった、登りも大変なんだけど降りがもっとも怖い。
昔テレビで見たけど、ここの住職さんも毎日この岩場の階段を登って
出勤?しているそうです。
CIMG2334

第2ポイントクリアです
登ってきた景色で一息入れて・・・
CIMG2336


見上げるとお寺までもうひと難所
CIMG2337

次は手すりがなく、鎖の手すりで持ってきた軍手が大活躍してくれてます。
CIMG2338

山の上に建てられたお寺

CIMG2339

命がけで到着したお寺の入口に到着
CIMG2340

笠ヶ龍寺
CIMG2341

ここからは、撮影NGなんですが本殿に入るまでに更なる難所


暗闇の洞窟の中に木をくりぬいた丸太があります。

幸せくぐり

くぐるしかないでしょ?これをくぐれば願いが叶うらしいです。
何度でもくぐってあげるよ!

しかしどう見ても くぐれる?アタシもちょっと心配になるぐらいの六角形の穴

もちろん挑戦。
くぐったものの、最後に体を抜くのがちょっと厄介。
ワッセ、ワッセと腕の力で体をスルリと抜いて無事脱出。

もし1人で来てると脱出できなかったらどうするんだろう・・・・
次の拝観者さんを挟まった状況で待つんだろうか・・・・


中に入ると、本堂でありお参りしました。


さてさて、参拝した後は来た道を帰らないといけない!

CIMG2342

登り以上に慎重に一段ずつ足元に注意しながらの下山
CIMG2344


BlogPaint

笠ヶ龍寺さんで買ったお守り 指守り

01



住職さん曰く、
山の上で丁度でも下山するとサイズが変わる場合もあるので少し小さめがいい。
らしいです。

純銀、洋銀で出来た2種類の指輪があって純銀を買いました。
はめる指にも意味があるそうで

・・・右手・・・
親指:心さわぐ・安静(心の安静を得る)
   人差指:進歩・発育・学業(進歩栄達を得る)
   中指:辛抱(苦しみに耐え抜く)
   薬指:悪霊・厄除(戒めにより魔がささない)
   小指:病気(病気災難を断絶す)

・・・左手・・・
親指:入社・入学(智慧を得る)
   人差指:勝負訴訟(力を得る)
   中指:良縁・就職(願いが叶う)
   薬指:商売・財産(財産を得る)
   小指:開運(恵みを受ける)


やっぱり左手の中指でしょ


叶ったら指輪を返しにいかないといけないそうです(汗)。
実際、お寺の本堂には山積みになった指輪が沢山積んでありました。

アタシも指輪を返しに来る日が来るといいな。。。。

すっかり冬ですが去年11月に小豆島へ日帰りで行ってきました。

姫路港からフェリーで小豆島へ渡る為
AM6:30 到着した姫路港

姫路港 7:15発→小豆島(福田港) 8:55到着
に乗る為に数日前から四国フェリーグループでインターネット予約で予約していたので
姫路港で車検証とお金をフェリー乗り場チケットでお金を払って車と共に乗船しました。
往復で10%割引になりました。


小豆島らしくフェリーの名前は オリーブ号
CIMG2314


満員御礼なオリーブ号

何故こんなに多かったかというと翌日が小豆島マラソンの為、前日に
島へ渡る人が多かったらしいことを帰宅してから知りました。
1日7便のフェリーは朝一番の船は予約していて正解だった。

CIMG2319

昔ほどフェリーって揺れない気がした。
船中で朝食を食べたりしている間に到着しました。
CIMG2317

小豆島へ到着してから直ぐ向かった場所は、小豆島の見所

瀬戸内海国立公園 寒霞渓
CIMG2327

小豆島へ来た観光客は99%ここへ足を運ぶぐらい有名な場所


ビューポイントらしい寒霞渓なのですが
かなりガッカリな眺望

おまけに薄暗く山頂は雨が降ってきたよ。
CIMG2322

途中車で通り抜けた紅葉トンネルが一番綺麗に紅葉していたCIMG2330

寒霞渓から降りてくるとさっきまで降っていた雨も止んできました。

このページのトップヘ