いつもブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。



母の葬儀から明日まで、会社の特別休暇をとっています。


毎日様々な手続きをするためにあちこちに電話したり、出かけたり...


実家に行ったら近所の方から色々聞かれたり、連絡先を教えたり...


沢山の人と会って話して...そんな日々を過ごしていると今迄自分がどんな生活を


していたのかわからなくなってしまって、地に足が着いていないような現実感が


ないような変な感覚です


これも初めての特別な経験をしているからこそ味わえているのだと思います。


そして母もかつては父や祖母が亡くなった時に、忙しく頑張って話して出かけて


手続きをしていたのだろうな~と感慨深くなりました。


母が亡くなって初めて母の苦労がわかりました。


本当は生きているうちにもっと母を理解できていれば良かったのに...と思いますが


これからもっともっと母を理解し、更に感謝できるようになると思います。


******************************

佐藤康行著『天運を拓く』より

~運は明るく積極、前向き そして素直な人間に寄ってくる~

ですから、常に心の状態をよくしておくと自ずと運はよくなります。

自分の心がマイナス思考になっていると、心と身体との間に不調和が起き、

健康状態まで悪くなるのです。

人間関係においても、人を恨んでばかりいる人は、必ず相手にも恨まれてしまいます。

このように、運命というのは、自分の心の状態そのもののことをいうのです。


では、どのような心の状態がいいかというと、明るく、前向きに、積極的に、

夢と希望をもって、プラス思考で、愛と感謝の気持ちで、素直な心で、

勇気をもって、というような、プラスの心を常にもちながら生活することです。

このような心で物事を発送していると、放っておいても運命はどんどん

よくなります。



佐藤康行リンク集


↓↓ランキングにご協力よろしくお願い致します。


ファミリーランキング

ありがとうございます!




ファイル 2017-07-29 16 56 29
ファイル 2017-07-29 16 56 09