いつもブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。


毎年、5月3日~5日には浜松まつりが開催されます。

    

170以上の町が参加しての勇壮な「凧揚げ合戦」や80台以上の屋台が夜の街を華麗に彩る「御殿屋台の引き回し」。

 参加するものも見るものも、熱気と歓喜に包まれる。

1年がまつりで始まりまつりで終わる。浜松っ子のエネルギーが、今爆発する。

子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統

浜松まつりの特徴のひとつは、「都市まつり」ということ。東京の天下祭りや京都の祇園祭と違って、

神社仏閣の祭礼とは関係ない"市民のまつり"なのです。

浜松まつりの始まりは、一説によると今からおよそ450余年前の永禄年間(1558~1569年)に、

当時の浜松を治めていた引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが、

凧揚げの起源であると言われていますが、記録としては定かではありません。

なお、記録に残っているものとしては、寛政年間(1789~1800年)の記録に凧の記述がみられます。

「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、

子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統は、浜松まつりとして現在までこの地に根付いています。

凧揚げ合戦とは

5月3日、午前10時。開会式の花火の合図とともに、約170か町の凧がいっせいに揚げられ、

空は凧一色で埋め尽くされます。

続いて、激闘を鼓舞するラッパの音とともに数百人が入り乱れての凧揚げ合戦が始まります。

太さ5ミリの麻糸を互いに絡ませ、摩擦によって相手方の糸を切ることから「ケンカ凧」とも呼ばれます。

糸と糸がこすれ合う焦げた臭いと砂埃が立ち昇ると、会場は熱気と興奮に包まれます。

浜松っ子の心意気が真正面から激しくぶつかり合う、これが伝統の凧揚げ合戦なのです。

       IMG_1489

絢爛豪華な御殿屋台

浜松祭りの夜を幻想的に彩る御殿屋台の引き回し。 練りが御殿屋台を先導し、

町中にラッパと掛け声が響き渡ると、
まつりはクライマックスを迎えます。


IMG_1490


御殿屋台の歴史

浜松まつりの御殿屋台の始まりは明治の末頃。凧合戦の帰りに大八車の四隅に柱を立てて

凧を屋根がわりにして引いていたところ、伝馬町若松座の森三之助丈という役者が芸者衆と一緒になって

鐘や太鼓ではやしたてたのがきっかけと言われています。

造花や提灯を飾りつけた底抜け屋台が登場したのは大正4年。

昭和3年頃から各町が競って格調高い屋台を造るようになりました。

昭和6年には二重屋根で彫り物がたくさん嵌められた重層唐破風入母屋造りなどの御殿屋台が続々登場。

現在の絢爛豪華な御殿屋台が浜松まつりの夜を彩るようになりました。



IMG_1491

激練り

激練りは、大凧、御殿屋台と並ぶ、浜松まつりのもうひとつの顔。凧場げ会場で繰り返されていた練りは、

夜の屋台引き回しで最高潮に達します。

すり足で練り進む法被姿の一団が、うねりとなって「オイショ、ヤイショ」の掛け声とともに激練りを展開。

華麗な御殿屋台の光に激練りの姿が幻想的に浮かび上がり、この瞬間、町は興奮の坩堝と化します。


に、浜松市内のスーパーやホームセンターでは、激練りの音楽が流れています


祭りの季節だ~と心が躍ります。


浜松講演会の日は、初凧の糸目付をしている場面に出くわすかもしれません。


 

4月22日は佐藤康行浜松講演会


↓ランキングにご協力をお願い致します。

ファミリーランキング

ありがとうございます!