2013年03月

2013年03月31日

*南信州の桜開花予想 3月30日現在*

南信州の桜は、開花ラッシュです。
安富桜は開花したと思っていたら、既に満開となっています。
行って見ましたが、大勢の花見客で賑わっていました。


高森南小学校と瑠璃寺の桜は、今日開花しました。
ぽかぽかした日だったこともあり、あっという間に花が開いていきました。
桜が咲くと、いよいよ春本番といった気がします。


【開花予測】

・飯田市 安富桜    3月25日開花、現在は満開!
・飯田市 大宮桜並木  3月26日開花!
・高森町 高森南小学校 3月30日開花!
・飯田市 麻績の里舞台桜 3月28日開花!
・高森町 瑠璃寺    3月30日開花!
・伊那市 高遠城址公園 4月3日
・大鹿村 大西公園   4月5日

見頃は、開花から5日前後。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。


korokero at 01:04コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月28日

*南信州の桜開花予想 3月27日現在*

桜の開花予測ですが、引き続き暖かい日が続いていることから、咲くのが早まりそうです。
安富桜は既に開花しました。
他の桜も、近日中には開花しそうです。


今後も高温が続くとみられます。
そのため、南信州にある桜の見頃期間が、4月6・7日の週末まで持つかどうか、何ともいえないところです。


【開花予測】

・飯田市 安富桜    3月25日開花!
・飯田市 大宮桜並木  3月26日開花!
・高森町 高森南小学校 3月29日
・飯田市 麻績の里舞台桜 3月29日
・高森町 瑠璃寺    3月29日
・伊那市 高遠城址公園 4月4日
・大鹿村 大西公園   4月6日

見頃は、開花から5日前後。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。


korokero at 00:49コメント(0)トラックバック(0) 
outdoor 

2013年03月23日

*南信州の桜開花予想 3月23日現在*

続編
3月16日に行った開花予測ですが、その後にかなり暖かい日が続いたことから、開花日は早まりそうです。
又、昨年まで使っていた情報を今年から入れ替えたのですが、精度が良くなかったので、改善しました。


4月23日現在の予測です。
開花日が早い桜ほど、高温の影響を受けて、咲くのが早まりそうです。

【開花予測】

・飯田市 安富桜    3月26日
・飯田市 大宮桜並木  3月29日
・高森町 高森南小学校 4月3日
・飯田市 麻績の里舞台桜 4月3日
・高森町 瑠璃寺    4月4日
・伊那市 高遠城址公園 4月8日
・大鹿村 大西公園   4月10日

満開は、開花から4日前後。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。


korokero at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 
outdoor 

2013年03月20日

*南信州の桜開花予想*

開花予測続編


平成25年になったばかりだと思っていましたが、桜の時期が近づいてきています。
桜の開花予測を何年かやってきたこともあり、ここのところ、今年はいつ頃咲くのかといった問い合わせをいただくようになりました。


これまでは、2ヶ所の予測をしてきました。
・日本一の学校桜と言われる、高森南小学校のソメイヨシノ。
・高森町の瑠璃寺にある、源頼朝が寄進したと言われている、瑠璃寺のシダレザクラ。
2013年は、他の桜についても、予測してみることにしました。
これまでの実績がないので、あくまでも参考ということですが。


まず、今年の傾向として、冬の間はかなりの冷え込みでした。
3月上旬までは、4月12日に南小学校が開花となった昨年並みの寒さが続いていました。
一転して、ここのところのぽかぽか陽気です。
予測は3月16日に行ったのですが、その後も想定以上の暖かさですし、今後も続く見込みです。
開花は予測よりも、2〜3日早まるかもしれません。


【開花予測】

・飯田市 安富桜    3月30日
・飯田市 大宮桜並木  3月31日
・高森町 高森南小学校 4月5日
・飯田市 麻績の里舞台桜 4月5日
・高森町 瑠璃寺    4月6日
・伊那市 高遠城址公園 4月10日
・大鹿村 大西公園   4月12日

満開は、開花から4日前後。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。


korokero at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 
outdoor 

2013年03月17日

*今シーズン最後のそり遊び*

あららぎ高原スキー場へ、そり遊びに行ってきました。
今回のそり遊びは、子供達に地域の自然の良さを感じてもらうためのイベントにしようと思って、友人達に声をかけていました。
昨年のキャンプの続編の位置付けです。


雪解け












本来であれば、2月中には企画したかったのだけど、1ヶ月以上も風邪をひいていたこと等もあって、スキー場のシーズンオフ直前になってしまいました。
年度末の忙しい時期ということもあってか、残念ながら、2家族だけでの参加です。


あららぎ高原スキー場は標高が1,000m以上ありますが、ここ数日の暖かさもあって、ところどころ土が見えていました。
そんなこともあってか、本来500円のスノーランドの利用料は無料になっていました。


仲間












今回参加した子供たちは、我が家の息子と、息子のいとこです。
仲良くそりをしていました。
又、空気を入れたりすの形をした滑り台でおおはしゃぎ!


暑い日だったので、ウェアーを着ていられません。
上着を脱いで遊んでいたのですが、転んで「冷たい〜」、走り回って「暑い〜」。
楽しく遊ぶ様子を見て、親達は、ほほえましくなりました。
帰りは、昼神温泉の湯ったりーな昼神で、汗びっしょりの体を休めました。


今回は2家族だけの参加でしたが、次回は、夏にキャンプをやりたい。
多くの子供たちに、川遊びの楽しさを教えてあげたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。




korokero at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 
outdoor 

2013年03月16日

*獅子舞を休む*

昨年から参加し始めた獅子舞ですが、練習に出ながらも、祭りの当日には用事があり欠席することになりました。
今年こそはと思っていたのですが、ひざが回復しないので、参加は見送ることにしました。

来年こそは出たいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。



korokero at 00:06コメント(0)トラックバック(0) 
event 

2013年03月10日

*ラミー2000と4ペンの替え芯を変更*

愛用しているペンとして、LAMY2000と4PENがあります。
2000は4色ボールペン(黒・赤・青・緑)、4ペンは0.7mmシャープペンと3色ボールペン(黒・赤・青)という構成です。

4pen&2000












参考

ラミー2000と4pen

ラミー 4ペン


2種類のペンは共に、デザインや質感の高さと、書きやすさが優れています。
違いは主に、2000はプラスチック製なので軽く、4ペンは金属製なので重量があります。
2000は、シンプルな中に飽きの来ないスタイルが最大の魅力です。
4ペンは重量があるので好みは分かれると思いますが、グリップ部分が太いので持ちやすく、軽く動かすだけでスムーズに文字を描くことができる。
私の最もお気に入りのペンです。


     
(LAMY2000)         (LAMY4PEN)

ボールペンの交換用の芯(リフィル)は、ラミー純正であれば「LM21」になります。
純正品の書き心地が素晴らしければ、そのまま使用すればよいのですが、書き始めの文字の一線目から一文字目位までが、インクが付きにくいのです。
筆記時に抵抗もあるので、多少力を入れて書く必要があります。


又、ラミーを設計しているドイツでは漢字を書く必要が無いからか、線が太めになることも改善したいところ。
ヌメッとした書き心地はドイツ製品を思わせるのですが、トータルで見ると改善すべき点が多いように感じられます。


リフィル












(右側がパイロット0.5mm。真ん中がパイロット0.7mm。左側がラミー純正。先端の太さが違う。)

リフィルを交換する度に、改善されてきていることは実感できるのですが、それでも書き始めがかすれたり、インクが出にくい傾向があります。
そこで、インクを使い終わったタイミングで、他社製のリフィルを試してみることにしました。


多機能ペン(マルチペン)の交換用芯は、4Cという規格に基づいたものが多いです。
4Cの規格の芯は、長さが約67mm、径が約2.3mmです。
各社から販売されていますが、主なメーカーとしては、パイロットとゼブラでしょうか。


受け












(4ペンのリフィル受け。)

ゼブラでは、以下の替え芯があります。
最後の数字は、ペン先の太さ(mm)を指しています。

(ボールペン:径2.4mm)
4C−0.4
4C-0.5
4C-0.7
4C−1.0

(ゲルインク:径2.4mm)
JSB−0.4
JSB−0.5
JSB-0.7


(エマルジョンインク−「水性+油性インク」:径2.4mm)
ESB−0.5
ESB-0.7



続いて、パイロットです。
(ボールペン:径2.3mm)
BRF−8EF(ペン先0.5mm、ブラックのみ)
BRF−8F(0.7mm)
BRF−8M(1.0mm、ブラックのみ)

(ゲルインク:径2.4mm)
LHRF20C3B(0.3mm)
LHRF20C4B(0.4mm)


装着












(パイロットの0.5mmリフィルを装着したところ。)

メーカーホームページを見たところ、パイロットのボールペンリフィルの太さ(径)が2.3mmで、それ以外は2.4mmになっていました。
ラミーの純正リフィルが2.3mmの太さだと思われるので、2.4mmの太さのリフィルを選ぶと、ペン側のリフィル受けが広がってしまう心配がありそうです。


そこで、径が2.3mmである、パイロットのボールペン0.5mmのブラック、0.7mmのブルーを選びました。
実際に、今まで装着してあったリフィルを抜いてパイロットのものを差し込むと、ラミーよりも若干の抵抗が感じられました。
2.3mm径のパイロットのリフィルでも、ラミー純正より僅かながら径が太そうです。
この程度であれば受けが広がって純正がユルユルになってしまうことは無さそうですが、2.4mm径のリフィルを使う場合は、自己責任で行う必要がありそうです。



比較












(上から順に、パイロット0.5mm。パイロット0.7mm。ラミー純正。ラミー純正蛍光ペン。)

書いてみると・・・・・
書き始めからかすれない!!
しかも、ペンを走らせても抵抗がない。
軽いタッチで書けます。
精密部品での、日本製品の優秀さを実感できます。


0.5mmの極細は、若干カリカリ感はありますが、それ以上に気持ちよく書けます。
0.7mmはバランスが良いですね。
ラミー純正リフィルよりも若干線が細いので、漢字を書くのが楽です。


書き味があっさりしているので、ラミーのねっとりとした書き心地が好みの場合もあるかもしれません。
私はこれまで、ラミーのリフィルで書き始めにインクが付かないだけでなく、書いている際にも字がかすれることがあったので、総合的にパイロットが優勢です。
リフィルを使い終わるごとに、パイロット製に交換していきたいです。
自分好みの道具に仕立てていくことで、更に愛着が強くなりそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。



korokero at 23:24コメント(0)トラックバック(0) 
stationery 

2013年03月07日

*モレスキンポケットサイズ用 ペンホルダー*

今年のスケジュール帳は、モレスキンのスケジュール+ノート ハードカバー ポケットサイズを使用しています。
手帳やメモ帳を携帯する中での課題は、ペンの収納方法です。


今のところ2つのアイテムを試してみました。
1つ目は、ミドリのドラベラーズノート ペンホルダーM。
2つ目は、クイヴァーのモレスキン ポケット用 2本差しペンケース A6サイズ。



(ミドリ トラベラーズノート ペンホルダーM)


クイヴァーのモレスキン ポケット用 2本差しペンケース A6サイズ
 ワキ文具 楽天市場店



クイヴァーの製品は、他にも種類があります。
 ↓
ワキ文具 楽天市場店


最初に、ミドリの製品を購入しました。
安価で簡単に装着できてペンが持ち運べるために便利です。
直径が11mm程のペンまでは、スムーズに装着できます。
ラミー2000や4ペンはぎりぎり装着できますが、スムーズに出し入れできません。
金額が840円なので、費用対効果は高いです。


ミドリ





















(裏側表紙に装着すると、モレスキンのポケットが使いづらくなってしまう。)

ですが、注意点が幾つかあります。
ハードカバー表紙側に装着する場合、ホルダーの紙を挟んで固定する部分が、若干ゆるめになります。
太目のペンを挿していた場合には、ペンの脱着時にホルダーがぐらつつくことも。
鞄に入れた後にモレスキンを出すと、ホルダーがあさっての方角を向いていることもあります。
表紙側に付ける場合には、表紙以降の紙も一緒に挟むのがポイント。
ただし、モレスキンを留めているゴムバンドを外す際に、ペンが邪魔になります。


続いて、裏表紙に装着した場合。
ポケットがあるので厚みがあり、ホルダーがぐらつくことはありません。
ただし、ポケットを押さえ込んでしまうので、ポケットの使い方に制約が生じてしまいます。
ゴムバンドの使用には、特に支障はありません。


ミドリの製品の場合は、ペンがノートの側面外側に装着されるので、スペースをとります。
ホルダー部分の幅があまりなく、素材が柔らかいので、ペンが比較的動いて、ぶらぶら揺れます。
又、ペンの脱着の際に、ペンがホルダー部分とこすれて、スムーズに行いにくいときがあります。


ミドリ+クイヴァー





















(ミドリ&クイヴァーの製品を装着したところ。ミドリに付けてあるペンは、LAMY4pen。)

ミドリの製品を使用することによって、モレスキンと一緒にペンを持ち運べるようになったことは大きなメリットです。
費用対効果も高いことから、お勧めの商品です。



しばらくミドリの製品を使用していましたが、更に使い勝手の良い製品を見つけることができました。
クイヴァーのモレスキン ポケット用 2本差しペンケース A6サイズです。


モレスキンの表紙側に、太いゴムバンドが一体となった、ペンホルダーを装着する製品です。
使い勝手が良いところは、下の通りです。
収納できるペンの太さに制約がない。
一般的な太さのペンであれば、2本まで収めることができる。
2本差しのペンケースのイメージ。
写真では、LAMYサファリと2000が装着してあります。


内側





















(クイバー内側。強力なゴムで押さえつけます。ソフトカバーには装着することができません。)

ペン全体を覆うので、ペンが傷つきにくい。
ペンの脱着が行いやすい。
デザインが良い(色も4色から選べる)。
モレスキンのゴムバンドの動きを制約しない。
ペンの分だけ厚みが増えるが、思ったよりも場所をとらない。


一方、デメリットです。
メモを書き込む際に、モレスキンを開くと表紙の下にホルダーがあるので、ノートが完全に水平にならない。
価格が2,980円なので、手帳よりも高価。
販売しているのが、今のところ1店舗のみなので、入手しづらい。


厚み












(厚みはそれなりに増します。)

デメリットよりも、メリットのほうが多いと感じました。
書き込む際に若干、帳面が斜めになりますが、特に支障にはなっていません。
それ以上に、確実にペンを収納できることの方が大きいです。


2つの製品を使用してみて、日程表と一緒にペンを収納できることが、とても便利なことだと感じました。
その上で、どの製品を選ぶのかは、費用対効果やペンホルダーに求めることによって異なってくると考えられます。
他にもモレスキン用のペンホルダーは幾つかあるようなので、徐々に試してみたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。



korokero at 00:29コメント(0)トラックバック(0) 
stationery 

2013年03月03日

*長野時代の思い出会*

長野時代の思い出会に参加しました。
4年前に1年間、仕事の関係で長野にいたのですが、今でも年に1回程集まっています。


長野





















(長野市内を散策。善光寺や歴史を感じさせる建築物が増えていくことに、好感が持てます。)


その当時の仕事は結構大変で、経験したことのない業務内容であったし、仕事量も多かった。
帰宅が日をまたぐことも良くありました。


同僚とは、協力したり、時にはぶつかりながら、仕事をやりとげました。
随分とお世話になったものです。


かっつん





















(仕事後によく行った店。)

そんな苦労を共にした仲間だからこそ、こうして集まれるのかな。
話が盛り上がりました。


人と人とのつながりは大切な財産です。
これからも大切にしていきたい。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
1日1回ポチッと押してね。



korokero at 23:12コメント(0)トラックバック(0) 
work 

ブログランキング・にほんブログ村へ

楽しいブログがたーくさん(^^)
応援のポチッをよろしく!
Recent Comments
Archives