青空が好き!

身の回りに、好きなものがいっぱいあった!というお話し。

<今日のひとこと>

とにかく笑えれば 最後に笑えれば
なさけない帰り道 ハハハと笑えれば

あきらめない 逃げたくない
自分を見失いたくない
汗をかき 恥をかき
転がり続ける

誰もが皆 いつも 満たされない思いを
胸の奥に抱いたまま 歩き続けていく

とにかく笑えれば 最後に笑えれば
答えのない毎日に ハハハと笑えれば

  
ウルフルズ トータス松本「笑えれば」より


IMG_1925


今日はイベントの手伝い。

子供たちがいろんな遊びや工作を体験する催しです。

私は「折り紙」コーナー担当。

いや、実際、私はできないんですよ、全然。

先生が子供たちに教えるのを、見守っているだけ。

先生が作り出す、数々の折り紙・・・へ~こんなん作れるんだ~とひたすら感心。

で、見ているだけじゃなんなんで、私も一緒に作ります。

はい、大人ですからね、折り方わかれば、作れます。

でもねー、覚えられないのよね~これが!

5分も経てば、あれ?これどうやるんだっけ?状態。

結局、何も見ないで作れるのは、定番の「鶴」のみ。

逆に、鶴の折り方は、もう体に染み込んで、絶対に忘れない。

私は、思いました。

ああ~子供の頃に、もっと鶴以外のもの、覚えとけばよかったなぁ~

子供時代の頭が柔らかい頃の経験って、すごく大事。

ゲームだけじゃもったいない、世界は広い!もっとイロイロやりましょう。

みなさんは、折れますか?鶴以外の何かを。

※折り紙の奥深さを知った・・・これは「コマ」です。クルクル回すとすごく綺麗なんですよ~


人気ブログランキング

↓これは難しいよね~立体折り紙!

IMG_1938

う~さ~ぎ~追いし、かの山~

有名な「ふるさと」の歌詞ですが、

今日、わたしは、文字通り、うさぎを追いました(汗)

小麦を刈り取った畑に、小さい動くものが・・・

見ると、まだ子供の野うさぎでした。

たぶん、トラクターに驚いて、お母さんとはぐれてしまったんでしょうね。

そうなんです、なんて素晴らしい大自然、北海道!

普通に、ウサギがいるんですよね。

私たちは「野うさぎ」と呼んでますが、正式は「えぞ雪うさぎ」と言います。

夏は写真のように、茶色ですが、冬は真っ白になります。

大人になると、結構大きくなります。

うちの子供たちが小さい頃は、家で飼ったりしてました。

でもね、野うさぎって、絶対、人に懐かないんですよね。

檻に入れて飼うのは、かわいそうなので、そのまま自然の中に返しました。

刈り取った小麦畑には、隠れる場所がないので、エサになるクローバーが生えている緑の畑へ・・・

正直、生き残れるかどうか、心配です。

まだ小さいし、キタキツネもいますしね。

でも、人間に飼われちゃうと、もう自然に戻れないだろうし・・・

せっかく会えたのに寂しいですが、すぐにお別れしました。

元気でな~!ぴょん吉~!(すぐ、さよならしたけど、一応、名前つけたよ~)

※写真 もう~むちゃくちゃ可愛いぞな!


人気ブログランキング

↓うさぎの耳のような形になる、多肉植物の栽培セットですって!

BlogPaint


この頃、なぜか「ウルフルズ」聴いてます。

いや、ほんとなぜか?って感じで、特別な感情はなかったんですよ。

ただ、昔流行った「ガッツだぜ!」という曲が好きだな~って思ってただけで。

で、ベスト盤を聴いてたんですが、

・・・・・ハマりました。

もうね、あの熱いソウルな歌声!

そして、私を魅了するのは、

ときどき曲の中に登場する、トータス松本さんの、「こってこての大阪弁」!

もう~たまらんです(笑)

普通の日常の中でも、たま~に関西出身の人がいます。

一応、標準語話してるんだけど、ほんのちょっと関西のアクセントが入ってたりして。

それを聴くだけで、「イイわ~もっと言って~」と思っちゃいます!

私の関西弁好きは重症です(笑)

みなさんは、どこのお国の言葉が好きですか?

※以前、大阪に行った時の写真 これ載せても大丈夫かなぁ~


人気ブログランキング

このページのトップヘ