正月太りがハンパない。

カテゴリ:
 16日、車で何気なくFMラジオを聞いていると、福山雅治さんの「福のラジオ」が放送されていました。そのコーナーで、同性にときめいた瞬間のエピソードをご紹介する「はきゃん」と言うものがありました。そこでは、てるあきさんのエピソードが紹介されていました。内容は、

 彼女から別れを切り出されたてるあきさん。なんとか説得しようと居酒屋→ラーメン屋にて話をしていたが、結果彼女から、「部屋の荷物をまとめて帰るから、遅く帰ってきて」と言われ、

てるあきさんは泣きながらラーメンを食べました 

・・・スタジオでは、福山さんと構成作家で「アナタは泣きながらラーメン食べたこと、ありますか?」「ありませんw」と会話を面白可笑しく交わしていました。

 そんな時です。ラーメン屋の大将がてるあきさんの前にビンビールをおもむろに置きます。てるあきさんがビールを頼んでないことを大将に伝えると、なんと一部始終を見ていた大将の奢りだと言うのです。そして、

てるあきさんは泣きながらラーメンとビールを頂きました

 これには福山さんと構成作家は大爆笑。私もその様子を聞いて不覚にも車の中で大笑いしてしまいました。「アナタは泣きながらラーメンとビールをすすったこと、ありますか?w」「ありませんw」
 人の不幸は蜜の味といいますか、可愛そうだけど笑ってしまいます。 

 しかしまだ続きがあります。
 帰り際に大将から「次に新しい彼女が出来た時にお祝いのビール券」なるものを渡してくれたそうです。しかしその後、てるあきには彼女ができることがなく、

昨年、大将のラーメン屋は閉店しました…

 福山さんは、この気前が良すぎて店を潰した大将が大好きになり、探したいと必死に訴えていました。大将元気に生活できていたらいいですね。

カテゴリ:
 昨日妻と100円ショップにお買い物。そして、店を出て何気なく妻と会話をしていたとき、

私「今日の店内、豊満な女性が多くなかった?」

妻「太っているってこと」

私「そそ」

妻「でも、それって胸が大きい女性って受け取られ方しない?」

私「え?そうな?デブっていうと失礼かなぁと思って、ちょっとボカして言ったつもりだったけど」

妻「・・・回りくどいから、デブでよくない?」

私「・・・はい」

 ちょっと「豊満」をiphoneで検索したところ、肉付きがいいって意味がありますが、基本エロサイトばっかり表示されました。これには納得です。


 日本語って難しいですね。勉強になりました。

ガリガリ君チャレンジ3回戦

カテゴリ:
ガリガリ君梨味、この夏3本目にして当たりが出てしまいました。まさかまさかですね。全然当たらず、

「本当にアタリがあるのかよ〜

となる気がしてましたが、まさか3本目に出るとは、ヨソウガイデス。


それにしても、注意書きしてあるんですね。確かにリッチの方が単価も高いですからね。


次何しよう…

カテゴリ:
 昨日美容院に予約してカットしてもらいました。いつもお願いしている方は店のオーナーで、近く新しい店を出すのか忙しそうで、都合が合わず、結構放置していたため、ボサボサでした いつも違う髪型にしてくれて結構気に入っているんですけどね。

さて、私は美容院では喋りません。無理に気を使われるのもあまり好きじゃないので、常に持ってきてくれる雑誌を読んでいます。オーナーも分かってくれているのか、静かにしてくれます。

 昨日は3冊の雑誌を準備してくれました。

・男性の髪型の雑誌

…美容院ですしね。

・男性のファッション雑誌

...これも分かります。

・キャンプグッズの雑誌

...私は仕事で外で活動する事もあり、肌が焼けていますが、アウトドア派とみられているようです 普通のお父さんなんだけど。しかも2ヶ月に来た時も同じ雑誌を持ってこられました。


 次持ってこられたら、話しをしたほうがいいのかなぁ

カテゴリ:
 富山県議会の副議長が政務活動費で購入した書籍代約460万円について、領収書を偽造した架空請求だったことが分かったそうです。そして本人も認めたそうです。

 その議員さん、2010年から2014年まで、政務活動費で約450冊の書籍、460万円分を富山県南砺市の同じ書店で購入したと報告していました。親戚なんだという説明もあったと新聞に載ってました。

ですが、
購入先の書店
「県議との接点はありません。もし460万円分も売っていたら、そんなお得意さん、名前を忘れるような失礼なことありません。そもそも店内にはそんな高額な商品を田舎の本屋ですからございません。」

・・・ごもっとも。そして本日の北日本新聞の朝刊の記事では、その高額な本を富山に卸したこともないそうです。

 副議長は辞任すると表明しましたが、議員辞職については保留中。また、架空請求した政務活動費は返還するということです。

 富山市議会議員の報酬問題から次は県議会議員に波及、北日本新聞の無双ぶりには目を見張るものがあります。なあなあは良くないってことですよ。内心他の方々もビクビクしてたりして。

 図書館までは行き過ぎかもしれませんが、図書館バスの本ぐらいは購入出来そうな金額ですね。中古の車と改造費も出せそう。昔あったけど、今もあるのかな?


 図書館バスと言えば、江戸川乱歩の怪人二十面相でしょうか。難しくて読み終えたことなかったけど…

このページのトップヘ

見出し画像
×