アーカイブ

2017年01月

ドレスを脱げ

カテゴリ:
ドレスを脱げ / ゲスの極み乙女。

 私が「ゲスの極み乙女」を知ったのはYouTubeのこの曲でした。斬新で耳に残り、一瞬で好きになりました。まー、ボーカルさんは名前のとおりゲスなことを繰り返すものだから、活動停止に追い込まれちゃいましたけどね。

 ちなみに、バンド名はキーボードのちゃんMARIが持っていたトートバックに描かれていた友達の手作りのイラストが由来なのは有名な話。決して彼ら全員が下衆なわけではありません。

 個人的には好きだし、今でも過去のアルバムを聴いている私からすると活動をいづれ再開して欲しいとは思っておりますが、どうなんでしょうね。なかなか理解は得られないのかな。音楽だけで頑張りたい方々にとっては、音楽以外で評価されるのも変なもんだけどね。サッカー選手はフィールドの結果が全てだと思ってましたけど…時代なのでしょうか。

 よく聴くもんだから、カラオケなら多分全部歌えそう。噛みそうですが…

今更ながら、UNICORN新春挨拶を見る

カテゴリ:
 UNICORNを好きになり、早25年近くなります。日常に流されてあまりUNICORNのサイトを見に行ったりしないのですが、たま~に調べてみたくなります。最近はメンバーが50歳を迎えるということで、それを祝うコンサートなどを盛んにされてきていました。

 で、新年一ヶ月経って、新春挨拶があることを知りました。昨年もあったんですから、今年があってもいいですよね。

ユニコーン 『2017新年コメント』

 で、ユニコーンメンバー全員の50祭総集編となる50祭楽曲・全10曲を収録した『半世紀 No.5』が2017年3月8日(水)にリリースされるそうです。「川西五〇数え唄」をベストに突っ込んだ時もビックリしたけど、相変わらず好き勝手する方々です… 

 う、売れるのか? そんなこと考えてなさそうだからいいけど

ダンディ坂野さんは北陸で元気です。

カテゴリ:
 富山県では土曜日の昼間に「開運!なんでも鑑定団」が放送されます。地方特有の数週遅れの放送ですが…
 その番組のCMの中で、「浪漫遊」っていうリサイクルショップのCMで出演している方が、

ダンディ坂野さん

 お隣石川県加賀市出身で、全国区の番組ではあまり見ませんが、北陸のCMでは比較的よく見ることができます。マクドナルドのCMにも出てましたよね。一発屋芸人としての地位を確立しておられますよね。

 なにかの番組で、スギちゃんが一発屋芸人の先輩ダンディ板野さんから「一発屋芸人には北陸の人は優しい」という助言をされていたそうです。それを聞いたとき、ちょっと笑いました。

 ちなみに、お笑いコンビ「クマムシ」のツッコミ・佐藤大樹さんや「ハイキングウォーキング」のツッコミ・松田洋昌さんも富山県出身です。全国番組では徐々に露出が少なくなってきている気もしますが、流行り廃りの多いお笑い業界ですので、仕方ありません。富山ではちょこちょこ番組に出演されています。これからも頑張って欲しいですね。



 いつも見ているCMではないけど、こんな感じです。

終わり間際のスーパーゴール

カテゴリ:
 昨日仕事で移動中にFMラジオを何気なく聞いていたら、富山グラウジーズが先週末2連勝したとのこと。開幕戦は勝利したものの、その後は全然勝てずに14連敗と聞いたときはどうなるかと思っておりました。現在も中地区最下位なんですけどね…

 さてさて昨年9月に2つのバスケットボール団体がひとつになり、東、中、西地区に分かれておりまして、富山は中地区の6チームに所属しております。現在B1全18チームでも17位ってことは、B2降格圏内ってことです。でも昨年bjリーグ準優勝するくらいのチームなので、かけ違えたボタンを直せばまだまだ順位は浮上できると思っています。過去10試合の結果も負け越してはいますが、下位チームとの差はそれほどありませんし。今後に期待してます。

 話を戻しますが、先週末の土曜日の対琉球ゴールデンキングス戦は最後の最後で逆転されたようで、ブースターも大喜びだったようです。このような試合が多くなれば、より富山でもバスケットが普及することでしょうね。

 富山初のスポーツ雑誌『Truth』の創刊されたと聞いていますし、もう少し富山のスポーツに注目してみようかと思っている、今日この頃です。

カテゴリ:
 横綱稀勢の里誕生に大相撲界は湧いていますが、富山県では高砂部屋の石橋さんが新十両昇進となり、四股名も「朝乃山英樹」と決まりました。

 幕下優勝が決まった翌日21日、母校の富山商高相撲部監督が40歳の若さで死去されました。朝乃山関も23日の葬儀に参列し、遺族から「横綱になるのは大変だけど頑張れ」と書かれた遺言を渡されたそうです。そして、四股名の下3文字は、恩師の名前などから取られたとのこと。それだけ気持ちがつながっている師弟関係だったのでしょうね。

 富山からは20年ぶりの関取に大いに盛り上がっています。今後の活躍に私も期待したいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×