カテゴリ:
 10月28日に開催された富山マラソン2018について、振り返ります。


【当日編】
富山マラソン スタート 一週間前から天気予報がコロコロ変わりましたが、結局昨年同様雨でございました。透明な袋を加工してかぶっている人が多かったです。昨年は100円ショップの合羽を準備しましたが、どうせ濡れて雨も汗も一緒ということで、今回は寒さ兼雨対策でウィンドブレーカーにて対応。でも結局途中で着ないと判断して、沿道にいた家族に渡しました。結果42歳、半そで短パンによる激走が始まるのです。ちなみにタイツ履いている人多かったですけど、あんまり好きじゃないんですよね。股関節が締め付けらられているようで。これは人それぞれですけど。

富山マラソン 新湊大橋 新湊大橋を上がる前の様子。天候によって立山は見えず… 去年と同じような天候でしたね。でも暑くなくコンディション的には良かったのかもしれません。私は今回Dからの出発(過去の記録などから、スタートがA~Fに分けられるのはいつもの通り)でしたが、4時間のペースメーカーがCの先頭からの出発だったので、まず彼らに追いつくことが目標でした。

 沿道にはたくさんの方が応援されていました。家族も応援してくれて感謝感謝です。また、知り合いもおられ、PTA役員を一緒にしている方、会社関係の方、スポーツ用品店の店員さんなどにも声を掛けて頂きました。ありがたいですね。そんなこんなでやはり練習時よりもペースを上げて走ることが出来たと思います。

 ですが、30㎞を越えたあたりでスピードが一旦落ちました。疲れとその地点で4時間のペースメーカーに追いつけなかったこともあったのだと思います。「こりゃサブ4難しいかな」とちょっと諦めもありましたかね。なんせ、時計をもたずに沿道のタイムだけを基準にしているから、正直わかんないんですよね。買えよって話なんですが…

 ですが、富山市石坂あたりで、沿道のおばちゃんが、「ちょっと前にペースメーカーいったよ~」という声と、坂道を利用し、再度ペースを戻し、なんとか富山大橋上で追いつくことに成功。そこからは歯を食いしばり、ゴールしました。

富山マラソン2018 ゴール 結果としては4時間を切ることに成功し、俗にいう「サブ4」になることが出来ました。しかし疲れた。この年になって限界に挑戦することってあまりないので、心地よい疲労なんでしょうね。フラフラでしたけど。

 さてさてゴールした達成感に浸りながらも、
「来年へのモチベーションの維持のため、次、何を目標にしようかな」
と考えている自分がいました。結局今になっても決まってないのですが、これから追々考えます。まずはこの筋肉痛をなんとかしないと始まりません。

翌日より二日目の方が痛い…

ランキングに参加してみました。励ましになりますので、宜しければ「ポチッ」とお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ        ブログ王ランキングに参加中!