カテゴリ:
 最近久しぶりにCDレンタルをしようとTSUTAYAに行ってみたところ、CDレンタルと場所がUFOキャッチャーのブースになっていました。CDはネットで購入やレンタル出来るので需要が少なくなったためでしょうか。時代の流れです。でも、UFOキャッチャーって売り上げいいのか?

 さらに、今はマキシシングル及びアルバム10枚で1,080円です。お陰で過去に聞きたかったものなど色々悩んで借りてみました。その中に、ヤバイTシャツ屋さんの
Galaxy of the Tank-top [ ヤバイTシャツ屋さん ]
Galaxy of the Tank-top [ ヤバイTシャツ屋さん ]
を借りました。ま、型破りなバンドですが、結構好きなんです。40代の私が聴く曲ではないと言われるとそれまでですが…

 ちなみに彼らの公式HPをこの記事を書くにあたり初めて見ましたが、同様ふざけてます。

ヤバイTシャツ屋さんとは・・・
大阪を拠点に活動する、こやまたくや・しばたありぼぼ・もりもりもとによる3人組ガールズテクノポップユニット。
躍動感溢れるパフォーマンスとストーリー性のある歌詞で50代女性をターゲットに活動中。
 何を意識してこの紹介なのでしょうか?でも、ゲスの極み乙女。の売れる前のHPってこんな感じだったような気がします。彼らのように変なところで話題にならないことを祈ります。

ま、それは置いておいて、

私的には最後の曲がお気に入りです。それはコチラ

ヤバイTシャツ屋さん / 肩 have a good day
散々偏見じみたことを歌い続け、最後に否定するあたりが大好きです。相も変わらずPVも型破りだしね。ドローンって(笑)
歌詞については、奥田民生の「マシュマロ」を思い出しました。また、90年代のバンドでは結構こういった歌詞が型破りな曲って多くありましたね。そして今でも強烈な印象を残しています。

彼らはこれからどうなっていくのか、非常に興味があります。妻、娘には全く理解してもらえないでしょうが…

ランキングに参加してみました。励ましになりますので、宜しければ「ポチッ」とお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ        ブログ王ランキングに参加中!