カテゴリ

カテゴリ:タワゴト

パパが葱を背負ってくる

カテゴリ:
 なのはな農協まつりで太いネギの束(10本ぐらい?)が500円で売っていました。妻はこれは買いだということで、2束購入。

私「今日、自転車だよ」

妻「・・・あ」

ってことで、こんな感じになりました。
IMG_0004 軽井沢アウトレットで購入して愛用している大容量のリュックに突っ込んでみました。勿論背負っても頭の上にネギの葉が見えます…

 また、このネギが目立つもんだから、

「そのネギ、どこで買われました?」

と数名のおばちゃんに声を掛けられました。また11時過ぎには売りきれたようだから、

「あの緑のテントで売ってたけど、もうやってないかも」

と説明するのも申し訳ない 更に、これで自転車に乗っていたらやはり目立つものだから、自動車の運転手・助手席の人、井戸端会議をするおばあちゃん、畑のおじちゃんに二度見されました。そして笑われました。ま、一番笑っていたのは妻と娘ですけどね。とにかく、そこそこ恥ずかしかったです。

私は美味しく頂くからいいんですけどね。

肩 have a good day

カテゴリ:
 最近久しぶりにCDレンタルをしようとTSUTAYAに行ってみたところ、CDレンタルと場所がUFOキャッチャーのブースになっていました。CDはネットで購入やレンタル出来るので需要が少なくなったためでしょうか。時代の流れです。でも、UFOキャッチャーって売り上げいいのか?

 さらに、今はマキシシングル及びアルバム10枚で1,080円です。お陰で過去に聞きたかったものなど色々悩んで借りてみました。その中に、ヤバイTシャツ屋さんの
Galaxy of the Tank-top [ ヤバイTシャツ屋さん ]
Galaxy of the Tank-top [ ヤバイTシャツ屋さん ]
を借りました。ま、型破りなバンドですが、結構好きなんです。40代の私が聴く曲ではないと言われるとそれまでですが…

 ちなみに彼らの公式HPをこの記事を書くにあたり初めて見ましたが、同様ふざけてます。

ヤバイTシャツ屋さんとは・・・
大阪を拠点に活動する、こやまたくや・しばたありぼぼ・もりもりもとによる3人組ガールズテクノポップユニット。
躍動感溢れるパフォーマンスとストーリー性のある歌詞で50代女性をターゲットに活動中。
 何を意識してこの紹介なのでしょうか?でも、ゲスの極み乙女。の売れる前のHPってこんな感じだったような気がします。彼らのように変なところで話題にならないことを祈ります。

ま、それは置いておいて、

私的には最後の曲がお気に入りです。それはコチラ

ヤバイTシャツ屋さん / 肩 have a good day
散々偏見じみたことを歌い続け、最後に否定するあたりが大好きです。相も変わらずPVも型破りだしね。ドローンって(笑)
歌詞については、奥田民生の「マシュマロ」を思い出しました。また、90年代のバンドでは結構こういった歌詞が型破りな曲って多くありましたね。そして今でも強烈な印象を残しています。

彼らはこれからどうなっていくのか、非常に興味があります。妻、娘には全く理解してもらえないでしょうが…

誰得?!俺得!!いや、俺損?

カテゴリ:
 富山マラソン2018に出場するための前日受付に行った際、電車まで少し時間があったので駅横のマリエに寄りました。娘は雑貨など見たいのかなと思いましたが、ガチャガチャを見ることに。まだまだ子供です。

 「色々あるんだな」と何気なく見ていると、二度見するものが…
誰得?!俺得!! 下駄箱と上履き
誰得?!俺得!!シリーズ
下駄箱と上履き

なに?ちょっとなに?何故これが欲しい?コレクターのツボはどこ?

などと思い、よ~く見ると、
5 下駄箱と手紙の山

…芸が細かい

 どうやらこの俺得シリーズは結構種類があるようで、他にもカメラや机などがありました。さすがに私は買いませんでしたけどね。

 しかし、反対側のガチャガチャに更に心をくすぐる商品が…
校庭に半分埋まっているタイヤ
 校庭に半分埋まっているタイヤ

 全7種類だけど、色違いというシンプルさ。「このタイヤ大型車のタイヤなのかな?それとも公園専用?」なんて思っていたあのタイヤが売ってるんです。

 あ、どこに飾るわけでもないけど、欲しい…

と思いましたが、娘は結局お小遣いで買うのは勿体ないということで悩んだ挙句我慢したので、私も我慢です。我慢した娘に私が買ってあげるのもちょっと違うし、私だけ買うのもおかしいですしね。

 そんなマラソン前日のお話でした。

ピンポンパンプキン

カテゴリ:
ピンポンパンプキン 富山市民プラザに行く用事があり、エレベーターに乗ったところ、壁にこのようなシールが貼ってありました。

「フジテレビとのコラボ?」

などと思いましたが、どうやら富山市民プラザが「秋のハロウィンフェスタ2018」ということで10月6日から31日までイベントを実施しているようです。内容は下のリンクからどうぞ。
生活価値創造 富山市民プラザ 秋のハロウィンフェスタ2018
 ちなみに先程のコメントでフジテレビがなぜ関係するかを知っている人って実は少ないのかなと今になって思いましたので追記すると、昔、「ママとあそぼう!ピンポンパン」という子供向け番組が放送されていたのです。NHKの「おかあさんといっしょ」みたいな番組だったような気がします。

 時代は移り変わっているのですね… 年を取るわけです。

カテゴリ:
 内戦下のシリアでイスラム過激派組織に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストが帰国するということで、話題になってました。これを聞いて妻が言いました。

「自己責任じゃないの?迷惑な話だよね。」

この話題では必ずこのようなコメントがメディアでも流れます。私は否定はしません。結局日本というところはジャーナリズム、特に戦場に対するものは全然浸透していないことが原因なのではないでしょうか。戦場の悲惨さなどをしっかりと伝えることが出来ていないのではないでしょうか?

 でもテレビでも何かにつけて「教育上悪い」などどいうクレーマーがいっぱいいるから、有害なものを排除しているような状態です。戦場の写真なんて公開できないでしょうね。結果、毒のない真っ白な子供が育つんでしょう

 帰ってきたジャーナリストが今後どのような活躍をし、日本という国にジャーナリストが必要かどうかということを示すのか、一挙手一投足が注目されます。彼を助けるためにたくさんの人が努力したわけだし、助ける価値があったのか、そしてこれからのジャーナリストの在り方を考える機会になればいいなと思います。

 渡部陽一さん、最近見ないけど、元気なのかな?

 

このページのトップヘ

見出し画像
×