2005年05月27日

なんと!


 

ヘラクレス新規上場凍結らしいです。。

優良な小型株がどんどんへっていくのかな?

 

そういえば、がんこ炎:3340 がTOBでSTOP高です。

買い場をうかがってたので、残念です。

 

2005年04月20日

窓明け日経平均。

今回の日経平均ですが、日系は窓を開けると

若干その方向で引ける確率が高いようです。


(当サイトも分析結果はありますが外部ページです。)

 

高値圏で取引する場合は参考になるかと思いますが、どうでしょうか?

ちなみに曜日ですと、

月、木、金が下がりやすいようです。

 

 

 

2005年04月19日

まんだらけ。

まんだらけ などがよく上がっていますね。

前から思っているのですが、こういう2ch関連銘柄(?)

で、時価総額の安い銘柄は上がりだすと、しばらく止まらない

気がします。

 

あとは、本当に納得できる値段以外で買わなければ

目先のチャンスは逃しますが、損はあまりしません。

ですから、チャンスがあります。

でも、適度にやらないと一生買えませんのでご注意を。

 

 

 

 

2005年04月15日

日経平均。

日経平均が大きく下げてきました。

この先、どうなってくるのでしょう?

そういえば、皆さんいまのTOPIXの位置をご存知ですか?


約50年前からのTOPIX推移です。

これをみると日本は一相場終わったなという感じですね。

次の相場は来るのか?

 

参考程度にどうぞ。

 

 

 

2005年04月12日

日本の人口

日本の人口。

下記の当サイトのリンク先、統計データポールのデータによると


 

平成17年度3月現在

55〜59歳(団塊)、30〜35歳(団塊Jr)

の人口が突出して多い。今後、年金は

団塊世代が退職することになり、給付額が落ちていくというが

それでもまだ、団塊Jrは労働者であるので良いほうだと思う。

 

団塊Jr世代が、退職して年金をもらう立場になれば、いったい誰が

システムをささえるのだろう?

ましてや、35歳以下の人間は年金で投下資金を回収できるか

非常に怪しい。

私は、35歳以下なのでこのシステムに強い疑問を抱いております。

今の状況で、出生率があがるとも考えにくい。

私達の世代は食い物にされるだけでしょうか?

 

しかし、これから退職ラッシュです。、

退職金の使い道をうまく捕らえればビジネスチャンスもあるかもしれません。お互いがんばりましょう。

 

 

 

2005年04月06日

ピーエイ。

当サイトの唯一のお勧め銘柄であったピーエイ(4766)が

今日は、+26%です。

美味しいですね〜〜〜。

資産は増えましたか?

 

2005年03月31日

チャート。

HPのチャートちゃんと動いているようですね。

誰のHPでも、自由に使えるようになれば面白い。

今度は、自由にHPに掲載できるFLASHのRSSリーダー

を公開してみたいと思います。

FLASHならば、簡単に挿入できるので便利かもしれません。

 

2005年03月27日

FLASH CHART

FLASH CHARTを作成してみました。

明日から少し、留守にしますので

自動更新機能つきですが、現在は機能停止中です。

2005年03月24日

銘柄を選ぼう。

中長期投資の基本として銘柄選びが必須になってきます。
良い銘柄を探し出し、悪い銘柄を切ります。
これを毎日繰り返します。そして手元に一番良い手札を残します。

良い銘柄を選ぶために、
まず、第一条件としては、自分の判断に自信を持てるようにしないといけません。
次に、その判断で、なるべく信頼性が高いと思われる企業に資金を投下します。
そうすることで、長く、広い視野で長期的にホールドすることができるようになります。

長期投資では企業・株価の位置など、全てに納得することができる株に
投資することが重要だと思います。すぐ不安になるようでは問題です。
事前に、もっと下調べをしましょう。

株価は、増資で何度も説明したように、
株式の増加率 > 利益の増加率 を維持しないと株価はあがりません。
どんなに有望な株式でも、一時的に高くなったポイントで増資が行われると、好材料とは考えにくいと思われます。
銘柄が上がり続けることは難しいですし、時間がかかります。
投資スタンスがそんなに長くない場合は、腹八分目で次の銘柄を探したほうが良いでしょう。

株価を予想することは非常に困難で、割安株であっても、今後成長するかは
分かりません。そして未来に何が起きるかも分かりません。
しかし、いつ起こるかはわからないが、起こると分かっている事もあります。
これらの事は事前に予測できる為、備えることが出来ます。
たとえば、地震などが起こればどうなるのかなどです。
このことは、いろいろ応用すれば投資にも役立ちます。

 

 

2005年03月19日

減損会計。


皆さん、減損会計をご存知ですか?

聞いたことはあるけど意味を知らない方も多いのではないでしょうか。

 

知らない事は勉強しておきましょう。放置しておいてはいけません。

 

野村の用語辞典。分かりやすくまとめられています。


 

中央青山監査法人。詳しく知りたい方はこちらへ。


2005年03月18日

ランキング。

どうも、毎度お世話になっております。

 

トレードブックのランキングプログラムを変更しました。

投資関連のWEBオーナーの方は是非ご登録ください。

 

不都合がありましたら、掲示板・BLOGにコメントを

していただければ、対応いたします。

2005年03月16日

個人情報。

「個人情報の保護に関する法律」が来月から適用されます。

以前読んだ本には、個人情報とは個人を特定できる情報という定義なので、
名前@会社名.co.jp のメールアドレスも個人情報になるようです。

ちなみに、個人情報が
過去6ヶ月以内のいずれかの日において5000人を
超えない場合は除外されるようです。

これから、企業の社会的責任(CSR)を重視した投資が
さらに、有効になってくるかもしれませんね。
不慮の事故でのS安になど巻き込まれたくありませんし。。

オリジナリティー

今日、中期のつもりで保有していた、ネットビレッジがS高になりました。
やはり、時価総額の安い銘柄は突然上がりやすいですね。
倒産にさえ注意していれば、上がるか潰れるかしかないので。
大規模増資などがないように、決算書に注意していれば
そこそこ悪くない投資対象です。

時価総額の安い銘柄は、日経の銘柄ランキングで調べることができます。
他にもいろいろ調べることができますので面白いですよ。
ただ、やはり決算書は最低限読めたほうが良いと思いますので
読めない方は頑張ってください。


当ホームページは、正直なところオリジナリティーに欠ける。
レポート検索システム、最新のRSS生成システムなどを作ろうと
思ったが、XPDFなどでPDFをHTML返還する必要があったり、
JSPなどはこのサーバでは使用できないらしい。
MYSQL・PHP・CRONは使えるので最新のHTMLニュースのRSSなら作れるが、正直必要性を感じない。
コラムを書きながら頑張りますかね〜。

2005年03月14日

増資

株式投資するにあたって、その資金の投下先は会社です。
一番重要なのは、その会社が将来どうなるかです。
しかし、株主からすると、一株利益をいくらまで上げてくれるかとか、
配当利率がどのくらいになるのかとか、会社が健全な成長をしているのかが気になります。

今日は、PERという指標を用いて増資について考えてみたいと思います。

PERの求め方は以下の通りです。
PER=株価/一株利益
株価=時価総額/発行済み株式数
一株利益=利益/発行済み株式数

この式を見る限り、発行済み株式数はかなり重要ですね。
株価・PERとの関係は以下の通り。

時価総額(企業価値)が上昇せず、株式数が増加すれば
PERは上がります。
また、利益が伸びず株式数が増加した場合も一株利益の悪化により
PERは上がります。

つまり、株式数の増加は個人投資家にとっては一般的に悪材料な分けです。

悪材料になる株式数の増加とは?
「株式の増加率>利益の上昇率」
新規に発行した株式の増加率よりも、その株式によって生み出される利益の上昇率が
少ない場合です。このように、資金効率が悪化すると考えられる増資などには注意する必要があります。
悪い多角経営で、次々と資金効率の悪い事業に資金を投下していく経営を行っている企業には注意しましょう。

良い増資とは?
「利益の増加率>株式の増加率」
新規に発行した株式の増加率よりも、その株式のよって生み出される利益の上昇率が
大きい場合。これは、投資効率の向上により一株あたりの株式価値が上昇します。
将来性のある分野への、さらなる資金効率の上昇を目指したポジティブな増資は好材料です。


どんなに、売上高・利益が上昇していても、一株利益の効率の悪化(資金効率の悪化)が懸念される株式には
あまり手を出さないほうが良いと思います。だんだん効率が落ちていつか破綻します。
経営者には常に、最良の投資先を模索してもらいたいものです。

ちょこちょこと。

毎日、毎日トレードブックが落ち着かなくて申し訳ありません。
個人でやっているもので、大規模サイトになってくると、今後の更新が
大変になるため構成を変えております。
今後、コラムを読みやすくするため少し構成をかえるつもりです。

株の話。
今回の日系平均はよく伸びています。
前回の押し目は、やはり売建てをしないで正解でしたね。
結果論ですが、出来高が大幅に増えてきていたことと、
日経の最近のレンジから考えて押したときの押し浅さが気になる
ところでした。
前回の押し目売りは、利益にたいしてリスクが大きかったように思います。

しかし、インデックスが上がりだすと割安株が一気になくなりますね。

2005年03月13日

証券取引法・商法

今回のライブドア騒動を見ていると、「法律が分からないと次の一手の
予測が非常に難しい。」と思いませんか。

メディアの報道に、頷くことしかできません。
そこで、当ホームページに「法律関連リンク」を設置してみました。

証券取引法・商法に関するホームページを順次追加していきますので、
よろしくお願いします。

目標は、自分で法律が読めるようになることです。

2005年03月11日

コラム。

トレードブックのコラムに株式入門口座を作っています。
もしよければご覧ください。

2005年03月09日

トレードブック。

トレードブックも、だんだん完成度があがってまいりました。
じわりじわりと、人気がでてくればよいなと思っています。

株の話。

最近、短期トレードを行っている方が凄く多いように感じますが、
ランダムウォークという言葉もしらないで、トレードしている方もいるようです。

ランダムウォーク仮説が、間違っているにしても、言葉ぐらい知っておかないと問題なような気もします。


2005年03月08日

トレードブック。

トレードブックに広告をつけてみました。
よろしければクリックしてくださいね!
デザイン的にしたかったのですが、
機能性と直感操作性を重視しているため、現状維持です。
今回の更新で、フレームがほぼ完成したので
これから内容の充実を目指して頑張って以降と思います!

ここからの株のお話。

最近、短期トレードを研究しています。(実際に売買は行っていません。)
エクセルに売買記録を書き込みながらシュミレートしております。

シュミレートで気がついたことは、
A銘柄の短期トレードで、
A銘柄のパフォーマンス(短期トレード開始地点からの上昇幅)
を大きく超えることはなかなか難しい。
私が行った場合、長期保有とあまり変わらなかった。

新興市場ではパフォーマンスが良かった手法がある。
短期間で、上昇する銘柄に乗り換え続けていく方法です。
しかし、テスト期間が短いのでなんともいえません。

今日はこのへんで終わります。
ブログと一緒に成長していきましょう。


2005年03月07日

シューティングゲーム。

アイアプリでシューティングゲームを作っています。
だいたいフレームは出来上がって、ゲームバランスを考えております。
しかし、完成するかはわかりません。。
正直、わたし自信アイアプリ使わないので、どうなのかと思ったりもします。

久しぶりに株の話。

デイトレードなんかしてもいいのですが、本当に儲かるのか謎です。
http://www.tradebook.jp/kensyou/madoake.htm
日系平均の窓明けの法則なんかは面白いですけど。
今後も続くかはわかりません!統計の一番怪しいところです。

10年分のデータを少しまえに検証したのですが、
窓を空けて寄り付いた日に始まり値で購入、終値で売却を繰り返すと
なかなか良いパフォーマンスが得られます。

もうひとつの戦法。
窓を開けた日の始まり値で購入。
利益確定・損切は、窓を開けなかった日、つまり
前日終値>当日始まり値の日に利益確定を行います。
新興市場の順張りなどでは、けっこう強力な戦法です。

この戦法の良いところは、始まり値で売買を行うので
売買ポイントが、ものすごく分かりやすいとこですかね。
いくら複雑でも、儲からないものは儲かりませんから。
確率の歪みを探したいものです。

なにか、検証してほしいデータがあればご遠慮なく
掲示板にどうぞ。

2005年03月06日

長期投資は。

久しぶりの日記です。

長期投資はヒマですね。
銘柄を探しながら、だめな銘柄をきって、新しい銘柄にいれかえて
そんなことを毎日繰り返しています。
しかし、これを繰り返していると、
自然と手持ち株が優良株のみになってきます。

最近、アイアプリ作りにはまっています。
しかし、思いつくようなソフトは検索すると、良いものがあるんですよね。
ホームページもそうです。
世の中競争が激しいです。
MSのAOK(Age of Kings)という戦略ゲームなどをやっていると
思うのですが、まったく同じことを行った場合、
手際の良い方が勝つようです。

後発で成功するためには、そうとうの運と才能が必要なのでしょうね。
運と才能がある経営者を探し出しましょうか。

2005年02月28日

お魚ゲーム。

お魚ゲームを作ってみました。株とは関係ないけどね。
株について書くことってあるのかな?

http://www.tradebook.jp/content/game.htm

久しぶりに作ると楽しいですね〜。
また、いろんなゲームを追加していきたいと思います。

毎日、用語辞典を読み流し分からないことがあれば
専門ページ。これで十分な気がします。
私のページはお気に入りの整理に使ってくださいね。

ご要望があれば、
新しいリンクを追加しますので、サイトの掲示板などに
お気軽にどうぞ。

2005年02月22日

ホームページリニューアル。

サイトを大幅にリニューアルしました。
これからもよろしくお願いします。

今日、マネージャパンに株式道の高杉さんの写真が載ってると
いうことで、早速見に行ってきました。
ひさしぶりに、雑誌を読みましたがなかなか面白いですね。

2005年02月19日

使用容量。

今日、久しぶりに編集画面にログインしてみました。
なぜか、ブログの使用可能容量が2.1GBになっているように見えます。
気のせいだろうか?

気になったので調べてみました。
今月の10日から容量が2.1GBにUPとのことです。
人生80年×365日=29200日です。これで、2048MB割ると、
一日当たり、0.07MBになります。Kbyteに直すと
71.68Kbyteです。テキストだけならば、一生分の日記を
保存するのに十分でしょう。

最近、株の話を書いていませんね。別に、辞めたわけではありません。
実は、低位株に投資したまま放置しています。

比較的財務状態が良好であり、公募増資の心配があまりなく
下値が限定的で、上値の予想が困難な銘柄で遊んでいます。
財務分析をキッチリト行えば安心です。決算書は読めるように
なったほうが良いです。

ホームページに掲載している
ピーエイは少し割高ですが、時価総額も20億代で材料が
豊富にあります。投資家心理的に下値は限定的と予測しております。
材料の出方次第ではリスクを伴うかもしれません。

他にも、いろいろと保有していますが、
基本的に、低PERで財務状態が良好で堅実な会社に投資しております。
利益の額の上下が激しいと胃に悪いですしね。
最近上がっている、2744 ウィンインターナショナル
なども、高配当、低PERでしたし面白かったです。