タカユキブログ(仮)

本家のブログがセキュリティを勝手に変えちゃいやがったせいでウチのおんぼろパソコンちゃんからはログイン出来なくなっちゃったのでとりあえず暫定的に作ってみました。

フッカツ?

6ae2966e.JPG何故なんだかさっぱりわけがわかりませんが、今度はこっちのブログにログインしづらくなったと思ったら本家のほうがいつの間にかログイン出来るようになってました。

とゆーわけでこれからはこっち(あっち?)をよろしくです。

http://hello.ap.teacup.com/1233/

無事終了

埼玉伝統工芸会館における「たかゆきちゃんの民話紙しばい展」無事終了いたしました。
楽日一日前の土曜日には親子数組、総計10人くらいの似顔絵大会となって楽しかったです。
お母さん同士も仲が良かったせいなのでしょう、お互いボロクソ言い合ってたりしたのが面白かったです。
また髪の毛が長かったり頬や唇にピンクの色をつけると「女みたいで嫌だからやめて」と男の子(小学校中学年くらい?)がさわぐのも「あーそーゆーのは今ドキでも変わらないんだ」と言うのがわかってなかなか興味深いものがありました。

なるだけたくさん描いてあげようとあまり悩むと言うか深く考えないで描くってほうがかえって冴えると言うか上手くいきますね!(自画自賛)

まあ、後でじっくり見たりした時に絵の完成度がどう感じられるのかは責任持ちませんが(苦笑)やはり目の前で絵が出来上がるってのが面白いのでしょう。
これぞ、ライブ感って言う感じの“熱”が良かったです。
勢いで紙芝居の写真やら暇な時に描いてた絵の写真(またはコピー)とかも欲しがられたのでどんどんあげちゃったし、
「やってよかった!!」と言う充足感が得られました。

展示は終了しましたが、一応、商品化(?)の話も出たりしました。
「紙しばい」と言っても、それ用の台本を起こしてたわけでも無く時事ネタなんかも多かったのでそのまんまと言うわけにはいかず、どうせなら新たに描き下ろしたいとは思っているのですが、はてさてどうなることやら.....?

DSCN3670





この絵は...... あんまり気にしないで下さい。

途中報告

平日の人の少ない時にはとりあえず会場でこんな絵を描いていました。

DSCN3668





ひとつひとつはハガキ大なのでポストカードにでもしようかな?
とか言っても印刷してる時間も無いので原画のまま販売しょうか?
いや、金撮るほどのものでも無いし印刷のほうが費用かかっちゃうしー

まー欲しいって言う人がいたらあげてもいいけどね。

お客さんが来たらこっそり似顔絵描いて喜ばす(苦笑)ってスタイルはかれこれ20年変わんないなあ。
ただ、今回は机の配置上、お客さんの顔がなかなか観づらいので結構、苦労してます。
(それに、そんなにゆっくりしてくれないしー)

まあ、こそこそやってないではっきり「似顔絵描きます」ってお知らせしてやればいいんだろうけど、それはそれでなにかとプレッシャーがかかると言うか、ハードルがあがると言うか・・・

う〜ん、今週はどうしょうかな?いっちょやってみようかな?(とりあえず考え中)

さて、昨日は日曜日だったのでわりと人の出入りがありました。

最初に来てくれた外人さん、どう言うわけだかこの絵(↓)の写メを撮ってました(笑)

DSCN3659


何故なんだろ?








他にも一番上に載せた写真の中の「カッパ」も気に入ってたみたいだから、もしかしてこいつが気に入ったのかな?理由、聞いてみればよかったなあ。


DSCN3660









午後には修学旅行、、じゃなくて人数から言うと課外授業か(なんかかな?)らしき小学生の集団が来館、ギャラリーに入ってきてくれた数名を相手しました。

やはり子どもの似顔絵は楽しい。
話を聞くと小学五年生なんだそうで、このくらいの年頃の子どもの自意識(?)と言うのでしょうか?なんつーか、人との接し方がいいんだよねえ。(自分もそんな感じだからか?)

女の子はもう(明らかに)「人から見られる事を意識してる」感じがします。
男の子は「自分の顔じゃなくていいから何か描いて」って言うのが多く、紙芝居の中からのリクエストがいくつかあったので前に写真に撮ってたものをあげました。
*時事ネタ的に民話なのにサッカーや野球も取り入れてたのですが、それが人気でした。やはり男子はスポーツ好きって事なのでしょうか?)


なかなか盛り上がって楽しんでいたのですが他の子(全員で67名だそうで)も相手に出来ないと気をきかせてくれた、と言うよりは、不公平になってはいけないと言うことで引率の先生からストップがかかってしまったのは残念でした。(まあ、本来の目的では無いわけだし)

その辺のサービスのしかたは今後の課題だなあ。

ただいま開催中!!

083f1973.JPG昨年の「切り絵ライブ」の時も初日当日の朝に電話がかかってきて急いで出かけた。
なんて事がありましたが、なんと今回も搬入日を思いっきり勘違いしてて、その日の朝に電話をもらわなければ大変な事になるところでした。(苦笑)

そんなこんなでバタバタと準備する事になってしまいましたが何とか無事始まりました。
(まあ、初日もほとんどは準備の仕上げって言う感じでしたが)

いやあ、なかなか壮観なものです。
元々、ライブのために描いたと言うこともあり(そうでなくとも)あまりじっくり見るのはいかがなものか?と言うくらいぞんざいな絵とは言え100枚近く並べてみると何だかスゴイ偉業を成し遂げたような気になりかけてしまいました。

えーとこういうのを「枯れ木も山の賑わい」とか言うのでしょうか?

あ、違うか、「ちりもつもれば山となる」   かな?   え? 違う?

開催迫る!!

bb3eb176.JPG



埼玉伝統工芸快感、あ、いや会館での「民話紙しばい展」はいよいよ24日から!!



ただいま、あわてて準備中!!(苦笑)


どさくさまぎれにビデオ紙芝居版「へいわのせんし ぢごくまん」の素材も並べちゃおうかな?


955cb50f.JPG




鯣怪獣出現!!

40b9e4b5.JPGちなみに「鯣」は「スルメ」と読みます。

お酒は外で飲もう!!

c714b212.JPG
ロケ地:汐留

深海獣レイゴー

bae6c4be.JPGもう何年も前から製作の情報が伝えられていましたが、ようやく公開されました。

正直、そんなに興味や期待があったワケでは無いのですが観てみました。

なかなか良かったですよ。

確かに自主製作故の予算(とは言え「億」単位はかかってるそうですが)や時間など諸々の事情から「広い画(え)は撮れなかったんだろうなあ」とかはどうしても感じられてしまうのは事実だし、ちょっと意図が伝わりずらいギャグ(?)も見受けられたりはしますが、それでもよくぞここまで!と言う感心する気持ちのほうが強いです。

まあ「自主映画にしては」と言う言葉で甘い評価になってしまうのかもしれませんが、それでも「怪獣VS戦艦大和」と言うユニークなアイディアの映像化と言うのはそれだけでも充分に楽しめるものでした。
(この手のジャンル映画特有の作り手と観客にある「暗黙の了解」ってのもあるから、見る人を選ぶって事はあるかも知れません・・・・・って言うかあるけど。)

ネガティブな考え方では無く「こうすればもっと面白くなるかも!」とポジティブにいろいろ考えさせてくれる映画でした。

上映後のトークショーでは製作に関わった若狭新一さん、原口智生さんが参加、製作からの年月が経っていることもあって社交辞令ではないコメントが面白かったです。

8月には池袋文芸座での上映も決定、(今までありそうで無かった)「ゴシラ」(初代)と「ガメラ」(3)とでのオールナイトなんだそうです!!

「ナンシー関の大ハンコ展」

3a7d0a78.JPG渋谷パルコで開催中の「ナンシー関の大ハンコ展」と言うのに行ってきました。

5000点を越える消しゴム版画の中、『井出隊員』を題材にしたものが5点もありました。

俳優「二瓶正也」さんでは無く全てあくまでも科学特捜隊の制服を着た「イデ隊員」としてでした。

ちなみに画に添えられたコピーは「ぼく井出隊員」と言うのが2点、あとは「しんみりする井出隊員」「苦悩する井出隊員」「井出隊員もびっくり」でした。

全ての作品をくまなくチェック出来たワケでは無いのですが、ナンシーさんの作品の中でも(活躍されていた頃の)現行作品でも無い番組の1キャラクターと言うのは珍しいように思います。

いつ、何のために彫られたのか?どんなコメントが書かれていたのか?
気になったので会場で売られていた図録(のようなもの)で調べてみましたが「初出不祥」となっていました。

もしかしたらお仕事で彫ったのでは無いかも知れません。

イデ隊員と言えば普段は「笑い」担当ながら、ウルトラマンや科学特捜隊の示す正義の在り方に鋭いツッコミを入れながらも決して反感を持たれるような事のないキャラクターでありました。

1962年生まれでウルトラマンを観て育ったであろう世代のナンシーさんにとって何かシンパシーを得るところがあったのかも知れません。

今となっては確かめる術も無くただ勝手に推測するしか出来ませんが

メイミクライブ

日時:6/15(日)
12:30開場 13:00開演
場所:池袋Lily STAGE

料金(当日)¥3000

知り合いが出演します。

誰か一緒に行きませんか?
月別アーカイブ
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ