条件反射制御法

 2017年2月26日(日)、ホルトホール大分で開催された「第一回条件反射制御法九州研修会」に出席しました。

 当日は、午前10時~午後6時まで、条件反射制御法(CRCT)の意義と実践について、みっちり講義をして頂きました。医師、作業療法士、保護観察官、弁護士など、色んな人が参加していました。

条件反射制御法九州研修会


 刑事弁護をやっていると、薬物犯罪性犯罪、病気が背景にある窃盗罪など、嗜癖(アディクション)の改善・克服が課題になるケースに出会うことはかなり多いです。

(関連記事)
 


 そういうケースの支援をさせてもらう上で、条件反射制御法を学んでおくことは、非常にプラスになると思いました。

 今日のブログでは、あえて、いち弁護士の言葉で、条件反射制御法のことをできるだけ簡単に説明させてもらいます。


<<解説>>

1.条件反射とは


 条件反射制御法(CRCT)について話を進める前に、まず、「条件反射」ってなんだっけ、という疑問を解消しておきましょう。

(1)パヴロフの犬


 「条件反射」というと、「パヴロフの犬」を思い出しますよね。

犬ー満腹

 イワン・パヴロフ(1849-1936)は、ソ連の生理学者です。

  ① ベルを鳴らす
        ↓
  ② 犬にエサをあげる
        ↓
  ③ 犬「おいしい」

ということを繰り返していたら、ベルを鳴らすだけで犬のつばの量が増えるようになったという、あの実験をやったのがパヴロフです。

 「条件反射」というのは、こういう風に、経験によって、後天的に獲得される反射行動のことです。

 日本人にとって一番なじみが深いのは、梅干しを見ただけで唾液が出てくるというあの現象でしょうね。

梅ー条件反射

(2)条件反射じゃないもの


 条件反射と区別しておく必要のあるものが、2つあります。

 ①単なる反射(無条件反射)と、②思考に基づく行動です。

 まず、①の無条件反射がどんなものか、確認しましょう。

 熱い物を触ったとき、ぱっと手を離すという反射行動は、動物が生まれつき備えているものですよね。

 これは、無意識で行われるという点では条件反射と一緒ですが、経験によって後天的に得るものではないという点が、条件反射とは違います。

熱っ

 次に、②の思考によって選び取られる行動について。

 「あれをしよう」「これをしよう」と考えをめぐらせて、自分で行動を選び取る。これは、生まれた後の経験によって営まれるものではありますが、無意識でやっているわけではないので、反射とは異なります。
思考

 パヴロフによると、条件反射は、動物的な脳(第一信号系)に由来します。

 これに対し、思考は、人間的な脳(第二信号系)に由来します。思考に基づいて行動をするのは、動物の中で、ヒトだけだといわれています。

 私の理解をおおざっぱなイメージ図で示すと、下のとおりです。
第一信号系・第二信号系の概略図



(3)小括-人間の行動には3種類がある


 ひとまず、ここまでの内容をまとめてみます。

 パヴロフによると、人間の行動は、それを司る神経活動の種類に応じて、3つに分けることができます。

    A 単なる反射(無条件反射 
   (例)熱いものを触る → 手を離す
  
    B 条件反 
   (例)梅干しを見る → つばが出る
  
    C 思考による行 
   (例)献立を考える → 料理を作る


 Aは先天的反射連鎖、Bは後天的反射連鎖、Cは第二信号系反射網という神経活動に由来するそうです。詳しい意味は、書籍などでご確認ください。








 上のA~Cの分類を踏まえた上で、嗜癖や問題行動の改善・克服のために、独立行政法人国立病院機構下総精神医療センターの平井愼二医師が考案したのが、条件反射制御法です。

 これが本当に効き目があるので、脚光をあびているわけですね。


<<解説>>

2.なぜ「条件反射」の「制御」なのか


 おさらいですが、私が研修を受けたのは、「条件反射制御法(CRCT)」です。

 「条件反射」の「制御」が、なぜ嗜癖や問題行動の改善・克服につながるのか、もう少し掘り下げてみましょう。

(1)梅干しを見てもつばを出すなと言われたら


 有名人が薬物を繰り返してしまった、なんていうニュースが流れると、「なんでやめられないの」「どうして立ち直ろうと思えなかったの」と、疑問を覚えてしまいますよね。

 ですが、立ち直りたいという気持ちがあれば、それだけで薬物をやめられるのかというと、話はそう簡単ではありません。

 例えば、極端かもしれませんが、「梅干しを見ても、つばを出すな」と言われたら、皆さんはどうでしょうか。

 上でも確認したとおり、梅干しを見て、唾液が分泌されるというのは、B:条件反射の一つです。頭で考えて、唾液を出すぞと決めているわけではありません。頭では分かっていても、そうやすやすとはコントロールできないですよね。

 どうやら、薬物使用やギャンブルなどが繰り返されたときにも、それと同じような状態が作り出されてしまうようだ、というのが、条件反射制御法のスタートラインです。

(2)後天的反射連鎖の成立


 薬物に手を出すのも、お酒を飲むのも、ギャンブルに興じるのも、当初は、思考によって選び取られる行動(上の分類でいうC)ですよね。

 それが「気持ちいい」「おいしい」「楽しい」「テンション上がる」ものだ、という知識をもとに、自由な意思で、「薬物やっちゃおう」「お酒を飲もう」「賭けちゃおう」と、行動を選択をするのです。

 じゃあ、思考によって始めたんだから、それを思考によって断ち切ることも簡単なんでしょうか。

 これが、なかなか難しいのです。実際、私を含め、司法に関わったことがある人間は、歯がゆいほどによく知っています。心の底から反省して、むせび泣きながら更生を決意した被告人であっても、同じ過ちを繰り返してしまうことを。

薬物をやめたいのにやめられない

 どうしてこんなことになるかというと、上で紹介したB:条件反射の話になります。

 「気持ちいい」「おいしい」「楽しい」「テンション上がる」といった魅力、成功体験(=生理的報酬)は、動物的な脳(=第一信号系)に強い影響を与えます。

 なので、そういう行動を反復しているうちに、「パヴロフの犬」と同じように、神経活動が定着します。平井愼二医師のお言葉だと、この「生理的報酬」→「定着」という関係は、とても大事なものです。

 同じ経験を再現できるようにと、条件が体に染みついてしまって、上の分類でいうB:条件反射につながってしまう。これが、嗜癖・問題行動を断つことを困難にしてきたわけですね。

 条件(ベルが鳴る)を満たす→反射行動(つばが出る)が起きる、というのと同じように、例えば、薬物を繰り返してきた人だと、

 ・ 1万円札がある       ・ あそこに行けば売人が居る 

 ・ 時間がある    ・ 仕事がきつい、ストレスがある 

といった条件を満たしたとき、思考だけでは抑えきれないほどの強い力で、薬物に手が伸びてしまうのです。こういう流れを、平井愼二医師は、ドミノ倒しにたとえておられます。

 第二信号系(人間的な脳)が、そのドミノ倒しに歯止めをかけようとしても、第一信号系にはなかなか勝てません。

 こうして、頭では(第二信号系では)「やめたい」はずなのに、「やめられない」という悲劇が生まれるのです。


【メモ】第一信号系を擬人化しない

 分かりやすさを追及するあまり、第一信号系を擬人化したイラストを使ってしまいましたが、これは不正確だと平井医師からご指導頂きました。御多忙な中、目を通してくださって、本当に頭が下がる思いです。

第一信号系vs第二信号系

 第一信号系の作用を表現するときの基本は、

 「第一信号系は、その作用に評価、計画、予測、決断等の機能はなく目的をもたないことから、擬人化してはならない。第一信号系の作用は機械的に表すことで正しく表現されることが多い。」

というものです。

 当初、ブログの文章中で、「第一信号系は、生きるため、種の保存・繁栄のため、重要な役割を担っている」「第一信号系は強い使命感を持っている」などなど、第一信号系が目的を持っているかのような表現を用いていました。訂正させて頂きます。



<<解説>>

3.条件反射制御法の実践


 条件反射制御法は、「気を強く持て」とか、「リスクを学べ」という風に、第二信号系に訴えかけるものではありません。

 それだけでは、第一信号系に負けてしまいかねません。

 条件反射制御法は、第一信号系(動物的な脳)に働きかけて、本人が望んでもいないのにやってしまっていた問題行動等を、制御できるようにする手法です。

  ① ベルを鳴らす
        ↓
  ② 犬にエサをあげる
        ↓
  ③ 犬「おいしい」

という流れとは違う経験を反復することで、動物的な脳をリセットするものです。

 神経活動が定着するメカニズムを、いわば逆手にとっているわけですね。











 具体的には、(1)制御刺激の設定・利用(おまじない)、(2)最後に生理的報酬がない設定での反復、という二つの手法が紹介されています。

 下に概要を記載しますが、詳しくはぜひ書籍をご参照ください。


(1)任意の刺激-おまじない


おまじない

 この一つ目の手法では、まず、言葉や動作という任意の刺激(おまじない)によって、神経活動の一部を開始させます。

 でも、標的となる行動(薬物、アルコールなど)は実際には行いません。

 「信号が作動したのに、生理的報酬は得られない」という経験をすることになります。

 これを反復することで、標的となる行動を司る反射連鎖が、第一信号系の中でストップをかけられるようになるのです。

 例えば、

 (胸に手を当てて)「私は、今」
 (離して拳を作る)「覚せい剤はやれない」
 (親指を拳に握り込む)「大丈夫」

という風に、動作を変えながら言葉を発します。

 動きに決まりがあるわけじゃありませんが、刺激にならなければいけないので、自分にとって特殊な動作でやるのが適切です。

 今、ブログを書きながら重大なミスに気付きましたが、上で、目を閉じた人物のイラストを使ってしまっています。

 が、「おまじない」は、開眼した状態で行う必要があります。開眼した状態で制御刺激を反復すると、その目に映っているもの(その生活空間)が、「標的行動を促進しないもの」に変化していくからです。「この場所は大丈夫、安全だ」と。

 ↓ 目は開けておきましょう。

開眼しておまじない

(2)終末に生理的報酬がない設定での反復


 この二つ目の手法は、標的となる行動を促進する反射連鎖を作動させるけれど、生理的報酬にはたどりつかない、という経験を繰り返すものです。

 「お、それっぽい」という状況から、「あれ、報酬がないよ」というゴールにたどり着くようにするわけですね。

 例えば、薬物を摂取するときと同じ手順で準備をしつつ、針のない注射器を腕に押し当てるだけ、とか(疑似ステージ)。

 例えば、目を閉じて、日頃の行動と、それに続く問題行動を事細かに回想するものの、やっぱり報酬がない、とか(想像ステージ)。

 こういったことを反復することで、標的となる行動へとつながる後天的反射連鎖が弱まります。条件付けが解かれていくわけですね。


<<解説>>

4.今後の研修会のご案内


 私の拙い説明だけでは、かゆいところにまで手が届かないと思いますが、少しでも興味を持って頂けると幸いです。

 今後の研修会の情報については、以下のWebページでご確認ください。