甲号証乙号証丙号証弁号証スタンプ


 弁護士の事務所には、「甲第   号証」とか、「正本」とかのスタンプが備えてあることが多いです。

 独立開業するにあたって、私もこうしたスタンプを新調することにしました。


納品書


袋の中


 そんなに何社も見比べたわけではないのですが、ネットで検索してみて、ここがいいなと思ったのは「株式会社吉報堂」さんでした。


 


 あ、この↑リンクを踏んでも、私には1円も入らないので、気持ちよく閲覧されてくださいね。

 吉報堂さんを選んだ決め手は、

 「甲第   号証」

だけじゃなくて、

 「甲 第   号証」

のヴァージョンもすんなりオーダーできる点でした。

 ・・・分かりにくいかもしれませんが、「甲第   号証」という風に、「甲」の字と「第」の字の間に隙間があると、地味に便利なんですよね。この隙間に、イロハとかABCとかを書き入れるわけです。


【ちょこっと解説】

 裁判所に証拠を出すときは、証拠にナンバリングをすることになっています。証拠を検索・引用しやすくするためです。

 民事事件・家事事件だと、

◆ 裁判を起こしている原告側・申立人側の出す証拠は「甲号証
◆ 訴えられているほうの被告側・相手方側の出す証拠は「乙号証

とされるのが通常です。

 書証(文書の証拠)に証拠番号を表示する方法としては、

① 「甲第  号証」というスタンプを押して、数字を赤ペンで書く
② 全部赤ペンで書く
③ 証拠のデータに「甲第6号証」などと入力して、印刷する

といったものがあります。

 どっちかの当事者が複数居るときは、さらにイロハで分類します。ABCを使うこともあります。

 例えば、被告が複数居るとき、

◆ 被告Aさんは「乙イ第●号証」
◆ 被告Bさんは「乙ロ第●号証」

という具合に。まぁ、裁判所の指示次第で、被告Bさんが「丙号証」を使うこともあります。

 医療事故訴訟では、

◆ 症状、診療経過などに関する証拠がA号証
◆ 知見などに関する証拠がB号証
◆ 損害に関する証拠がC号証

とされるのが通例です。

 例えば、

◆ 診断書が「甲第1号証」、カルテが「甲第2号証」に
◆ 医学の専門書が「甲第1号証」、学会の論文が「甲第2号証」に
◆ 病院の領収証が「甲第1号証」に

なったりするわけです。

 刑事事件だと、

◆ 訴追をする検察官が「甲号証」・「乙号証
◆ 弁護人が「弁号証

を提出します。なお、被告人質問は弁号証にしないのが普通です。

スタンプもとの事務所のスタンプ

弁号証データ入力だとこんな感じ


 注文したスタンプを挙げると、次のとおりです。

 「甲 第  号証」
 「乙 第  号証」
 「丙第  号証」
 「弁第  号証」
 「正本」
 「副本」
 「副本直送」
 「副本受領」
 「この写しは原本と相違ありません」



 あとは、事務所の住所・事務所名・電話番号・弁護士名が刻まれたスタンプも買いました。

 私は要らんかなーと思ってたのですが、事務員さんはわりと使うみたいです。

 ネットで最初に目に入った業者さんに注文しましたが、間違いなかったです。

 



 ついつい合体ロボみたいなのつくっちゃいますよね。

スタンプ

(次回)

へ つづく