民法


 民法(相隣関係)改正勉強ノート第2回。

 今回は、継続的給付を受けるための設備の設置権等について定める民法213条の2を勉強してみます。

【改正後民法】
(継続的給付を受けるための設備の設置権等) ※新設
第213条の2
1 土地の所有者は、他の土地に設備を設置し、又は他人が所有する設備を使用しなければ電気、ガス又は水道水の供給その他これらに類する継続的給付(以下この項及び次条第一項において「継続的給付」という。)を受けることができないときは、継続的給付を受けるため必要な範囲内で、他の土地に設備を設置し、又は他人が所有する設備を使用することができる。
2 前項の場合には、設備の設置又は使用の場所及び方法は、他の土地又は他人が所有する設備(次項において「他の土地等」という。)のために損害が最も少ないものを選ばなければならない。
3 第1項の規定により他の土地に設備を設置し、又は他人が所有する設備を使用する者は、あらかじめ、その目的、場所及び方法を他の土地等の所有者及び他の土地を現に使用している者に通知しなければならない。
4 第1項の規定による権利を有する者は、同項の規定により他の土地に設備を設置し、又は他人が所有する設備を使用するために当該他の土地又は当該他人が所有する設備がある土地を使用することができる。この場合においては、第209条第1項ただし書及び第2項から第4項までの規定を準用する。
5 第1項の規定により他の土地に設備を設置する者は、その土地の損害(前項において準用する第209条第4項に規定する損害を除く。)に対して償金を支払わなければならない。ただし、一年ごとにその償金を支払うことができる。
6 第1項の規定により他人が所有する設備を使用する者は、その設備の使用を開始するために生じた損害に対して償金を支払わなければならない。
7 第1項の規定により他人が所有する設備を使用する者は、その利益を受ける割合に応じて、その設置、改築、修繕及び維持に要する費用を負担しなければならない。

 ライフラインの確保について規律する新しい条文ですね。


<<解説>>

1.継続的給付


 民法213条の2は、「継続的給付」を受けるための設備の設置権等について定めています。

 ここでは、「電気、ガス又は水道水の供給その他これらに類する継続的給付」が、まとめて「継続的給付」と定義されています。いわゆるライフラインですね。「類する継続的給付」としては、電話線などが想定されているようです。

 なんというか、「ありそうでなかった条文」です。

 ご承知のとおり、我が民法には、「明治二十九年法律第八十九号」というお名前があります。

 明治。

 いわれてみればそうだよなって感じなのですが、当時、ライフラインの技術はあんまり発達していませんでした。一応ググってみましたが、日本全国の家庭に電気が普及したのは戦後のようです。水道も、戦後すぐの普及率は3割に満たなかったようです。

 ってなわけで、民法には、電気・水道・ガスの導管等について、規定がありませんでした。

 ある土地の所有者が、ライフラインを確保するために、他の土地に設備を設置したり、誰かの設備を使用したりすることは、どうしても必要なのに、法的な根拠がよく分からない状態が続いていたわけです。

※一応、民法209条、210条、220条、221条、下水道法11条などを類推適用するという対応がとられていました。


 前回もお話したとおり、相隣関係のルールというのは、所有権を制限・拡張するものです。そんな強大なパワーがあるなら、法的な根拠はきちんとしていたほういいですよね。

 それで、このたび、「継続的給付」を受けるための設備の設置権等について、明文の規定が置かれることになりました。

 おんせん県に住まう人間としては、温泉の引湯管とかも規律の対象になるのか、気になります。温泉だと、誰かから「給付」されるわけじゃない場合もあるので。・・・類推適用になる場合もあるのかなぁ。


<<解説>>

2.設備の設置・設備の使用


 民法213条の2第1項は、継続的給付を受けるための設備の設置・設備の使用について定めています。

 なんとなく、内容が頭に入ってきにくい条文ですね。

 文章の構造は、「〇〇しなければ継続的給付を受けることができないときは、必要な範囲内で、〇〇することができる。」となっています。

 文学的にはあんまり美しくない文章かもしれません(失礼)。

 ようするに、〇〇以外に代替手段がないことが、〇〇をするための要件になっているわけですね。

 この「〇〇」がなんなのかというと、

A.「他の土地に設備を設置」すること
B.「他人が所有する設備を使用」すること

の二つです。

 ある土地の所有者は、代替手段がなければ、「他の土地」に、継続的給付を受けるための設備を設置することができます(A)。例えば、電線を架けたり、水道管を通らせたり。

 ここでは、「他の土地」という表現が使われています。「隣地」に限定されないわけですね。

 また、ある土地の所有者は、継続的給付を受けるために、「他人が所有する設備を使用すること」も可能です(B)。例えば、誰かが設置した導管に、自分の土地につながる導管を接続したり。


<<解説>>

3.損害が最も少ない場所・方法


 設備の設置(A)や、設備の使用(B)をする場合、その場所・方法に注意が必要です。

 他の土地又は他人が所有する設備のために最も損害が少ないものを選ばなければなりません(民法213条の2第2項)。

 なお、「他の土地」と「他人が所有する設備」は、あわせて「他の土地等」と表記されます。


<<解説>>

4.事前の通知


 継続的給付を受けるために、他の土地に設備を設置(A)し、又は他人が所有する設備を使用(B)する者は、事前の通知をしないといけません(民法213条の2第3項)。

 何を通知するかというと、「目的、場所及び方法」です。

 誰に通知をするかというと、「他の土地等の所有者」と、「他の土地を現に使用している者」です。

 しつこいですが、「他の土地等」は、「他の土地」と「他人が所有する設備」を意味しています。

 民法209条3項ただし書(「あらかじめ通知することが困難なときは、使用を開始した後、遅滞なく、通知することをもって足りる。」)とは異なり、事前の通知が困難な場合のための救済規定は用意されていませんね。権利侵害の程度が違うからでしょうか。

 ふむふむ。

 ちょっと話は変わりますが、民法213条の2が織りなす権利関係には、色んなバリエーションがありそうですね。

 例えば、甲さんが、民法213条の2に基づいて、乙さんが所有する土地に、ガス管を設置しているとします。ガス管の所有者は甲さんです。

 ちなみに、乙さんの土地は、丁さんが賃借して現に使用しています。

 そんな中、近くの土地に住む丙さんが、乙さんが所有する土地上に設置された甲さんが所有するガス管を使用するために、導管を接続しようとします。

 このケースだと、丙さんは、①「他の土地」の所有者である乙さんにも、②「設備」の所有者である甲さんにも、③乙さんが所有する土地を現に使用している丁さんにも、事前の通知をしないといけませんね。


<<解説>>

5.土地の使用


 民法213条の2第4項は、改正後民法209条の「支店」みたいな規定です。

 設備の設置(A)をする人は、設備を設置する当該土地を、「使用」することができます。

 他人が所有する設備の使用(B)をする人は、当該設備がある土地を、「使用」することができます。

 この「使用」については、「第209条第1項ただし書及び第2項から第4項までの規定」が準用されます。

 準用される規定の概要を以下に書いておきます。

1項ただし書:住家の居住者の承諾がないと、立ち入っちゃだめよ!
2項:日時・場所・方法は、損害が最も少ないものを選んでね!
3項:原則として事前の通知が必要よ!
4項:償金の請求を受けるわよ!


 つまるところ、民法209条の規律のうち、隣地使用の目的を限定するところ(同条1項1号~3号)以外は、全て当てはまることになります。


<<解説>>

6.償金の支払


 しつこいですが、民法213条の2が規律している行為は、

A.「他の土地に設備を設置」すること
B.「他人が所有する設備を使用」すること

です。

 民法213条の2第5項はA、第6項はBについて、それぞれ、償金の支払義務を定めています。

 他の土地に設備を設置(A)する者は、その土地の損害に対して償金を支払わなければなりません(民法213条の2第5項本文)。償金を支払う時期は、損害が発生する都度とか、毎月とかではなく、一年ごとでOKです(同項ただし書)。

 また、他人が所有する設備を使用(B)する者は、その設備の使用を開始するために生じた損害に対して償金を支払わなければなりません(民法216条の2第6項)。

 民法209条4項と同様、適法行為であっても(故意又は過失による不法行為でなくても)、補償はしなくちゃいけないよ!というルールですね。


<<解説>>

7.費用の負担


 民法213条の2第7項も、Bをターゲットにした規定です。

 他人が所有する設備を使用する者は、その利益を受ける割合に応じて、その設置、改築、修繕及び維持に要する費用を負担しなければなりません。

 実務上は、「利益を受ける割合」というのをどう考えるか、なかなか難しいかもしれませんね。

 ちなみに、Aの場合、自分が所有する設備について、費用負担をするのは当然だといえます。






 以上、改正後民法213条の2について学んでみました。


【おすすめ書籍】

新旧対照解説 改正民法・不動産登記法
七戸 克彦
ぎょうせい
2021-06-19