民法233条


 幼少のころ、私は、熊本市に住んでいました。

 当時生活していた社宅の庭には、しょっちゅうタケノコが生えていました。近所の竹林から地下茎が伸びてきていたみたいです。

 切っても切っても、際限なく地面から顔をだす不気味さに、子どもながら、畏怖の念を抱かずにはいられませんでした。

 早めに切らないと、すぐ正体を表して、竹の顔を見せるんですよねあいつら。

 そんな記憶に苦笑いしながら、今日も民法の勉強に励みます。今回のゲストは、「竹木の枝の切除及び根の切取り」について定める民法233条です。

 改正前・改正後の条文を見比べてみましょう。

〔改正前民法〕
(竹木の枝の切除及び根の切取り)
第233条
1 隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
2 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。
【改正後民法】
(竹木の枝の切除及び根の切取り)
第233条
1 土地の所有者は、隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
2 前項の場合において、竹木が数人の共有に属するときは、各共有者は、その枝を切り取ることができる。
3 第一項の場合において、次に掲げるときは、土地の所有者は、その枝を切り取ることができる
一 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもかかわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除しないとき。
二 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき
三 急迫の事情があるとき。
4 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。


<<解説>>

1.概要


 隣地から越境している竹木に関するルールが、以下のように整理されました。

(1)枝
 原則:竹木の所有者に切除させることができる
 例外:切り取ることができる   ← new!
(2)根
 切り取ることができる


 また、越境している竹木を数人が共有している場合には、各共有者は、単独で枝を切り取ることが可能であると定められました。「共有者全員」とか、「持分の過半数」とかいう縛りはありません。

 ちなみに、民法233条では、条文上の主語(規律の対象になっている行為主体)に対応して、その本人がする行為には「切り取る」という語が、相手方がする行為には「切除」という語が用いられています。

 <枝なら切除/根なら切取り>という使い分けではなく、枝でも、自分で切るなら、切取りです。


<<解説>>

2.竹木の枝


(1)原則:切除させる


 土地の所有者は、隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができます(民法233条1項)。

 枝が越境してきているからといって、勝手に切り取ることはできないというのが、原則です。一次的には、「切除させる」ことを目指すことになっています。

 改正前の民法には、この原則しか用意されていませんでした。ですが、これだと、土地の所有者が救済されるための負担が過大であるという問題がありました。竹木の所有者が枝の切除に応じてくれなければ、結構なお金と時間をかけて、訴訟を起こして、「切除せよ。」と命じる判決をゲットして、強制執行(代替執行)をしなければいけなかったのです。

 そこで、改正後民法233条は、次の(2)で述べるとおり、例外を定めるに至りました。

 「例外」とはいっても、竹木の枝の越境トラブルは、もめ続けるのであれば、いつかは(2)にたどり着くことになるんでしょうね。


(2)例外:切り取ることができる


 隣地の竹木の枝が境界線を越える場合で、次のどれかに当てはまるのであれば、土地の所有者は、その枝を自ら切り取ることができます(改正後民法233条3項)。

一 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもかかわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除しないとき。
二 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき。
三 急迫の事情があるとき。

 一応、たけのこの里を買ってテンションが爆上がりしているときの私のテンションで言い換えてみます。

Ⅰ お願いしてから、もう十分に時間が経ったのに、切ってくれねぇぜ!
Ⅱ-ⅰ 誰にお願いすればいいか分からん!
Ⅱ-ⅱ どこに居るのか分からん!
Ⅲ お願いしてる場合じゃねぇぜ!

ってことですね。

 以上のどれかに当てはまるのであれば、土地の所有者は、自らの土地の所有権の行使として、隣地の竹木の枝を切り取ることができます。

 こういうふうに、請求権構成による不都合を踏まえて、「所有権の直接行使」というアプローチをとるのは、民法209条の改正と似ています。

 


 改正後民法233条3項2号・3号に当てはまらない場合も、究極的には、同項1号に基づいて自分で切っちゃえばいいので、もう、竹木の所有者を相手取って「切除せよ。」という訴訟を起こすケースは、ほとんど想定できないですね。

 1号でいう「相当の期間」は、具体的な事情(枝の質や量、高さ等)によって長短が異なると思われますが、法務省の資料によると、目安は2週間と考えられているようです。


<<解説>>

3.各共有者による枝の切取り


 改正後民法233条2項は、竹木が共有に属する場合についての特例を定めています。

 前提として、共有についての一般的なルールを少しおさえておきましょう。

 「共有」というのは、ある一つの物(動産・不動産)を、複数の人がに所している状態のことです。

 各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に「変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものを除く。)」を加えることができません(改正後民法251条1項)。「変更」というほどじゃなくても、共有物の管理に関する事項は、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決することになっています(改正後民法252条1項)。

 竹木の枝を切り取る行為は、「変更」に当たることが多いと考えられます。となると、それをやるためには、他の共有者全員の同意を得る必要がありそうですが、不便ですよね。

 そこで、改正後民法233条2項が誕生することになりました。

 竹木が数人の共有に属するときは、各共有者は、その枝を切り取ることができます(改正後民法233条2項)。

 共有者の誰か一人が、「あ、越境してる。枝を切らなきゃ。」と考えれば、切っていいんです。単独で、自分一人で、切っていいんです。もちろん、業者とかに依頼してもOKです。


<<解説>>

4.竹木の根


 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができます(改正後民法233条4項)。このルールは、法改正の前後で変化はありません。

 根については、催告等をするまでもなく、土地の所有者が自ら切ってしまうことができます。

 思えば、幼少期の私んちも、竹の所有者に催告をするまでもなく、庭のたけのこを切っていました。


<<解説>>

5.費用負担


 法改正の作業が始まった当初は、切除・切取りの費用を誰が負担するかについて、明文のルールを設けることが検討されていましたが、結局は見送られました。この点は、今後も、法解釈に委ねられています。

 法務省の資料では、「特に規律を設けなくても、切除費用は通常竹木所有者の負担となる」という指摘が紹介されています。

 枝や根の越境は、通常は、土地の所有権を侵害する不法行為(民法709条)になると考えられます。土地の所有者が、切除・切取りのために費用を支弁した場合、その費用相当額は、不法行為によって土地の所有者が被った損害に含まれるとみることが可能です。

 あと、個人的に、軽視できないと思っているのは、民法233条1項の規定っぷりです。同項は、「竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。」と定めています。切除という行為をさせる権利があるっていうんですから、法は、一次的には、切除・切取りによって生じる費用を竹木の所有者に負担させることを予定していると考えるのが素直です。


<<解説>>

6.その他


 越境した枝から落下した果実の所有権の帰属について規定を設けることも検討されていましたが、見送られました。

 その枝にあった果実は、従来どおり、元物から分離する時に収取権を有する者に帰属するっていうだけですね(民法89条)。お隣さんの木の枝から、自分の土地にミカンが落ちてきても、もらっちゃだめです。

 


 枝や根のうち、切り離された部分(果実ではないもの)の所有権も、通常は、竹木の所有者に帰属することになると考えられます。これは、廃棄等の処分の費用を誰が負担するかに関わる問題です。

 ・・・そういえば、あのタケノコ、食ってよかったんでしょうか。