芦屋のフレンチレストラン”コシモ・プリュス”のスタッフブログです。

こんばんは。コシモのコバヤシです。。。

先日、阪急十三駅にて乗り換えの電車を待っておると…

目の前の学生さん2人(大阪人)の会話が聞こえてきた。

「これいくらで買ったと思う?」

「え~高かったんちゃうん?」

「当ててみ~?絶対当たらんわ~」

「え~、一万円くらい?」(わざとちょっと高額に言う)

「そやろ~!それぐらいに見えるやろ~?けどな、実は2千円やねん!」

「え~、めっちゃええやん!どこどこ?どこで買ったん?」

…と、楽しそうにお話されながら乗って行かれました。

” 大阪 ”っていいですね。(っていうか、関西かな?

話の中で” 落ち ”を求められるキビしさはありますが…

会話の中に優しさを感じます。。。















お客様に『ソースが美味しいです。』

…とお褒め頂けると嬉しいもんです。

ソース作りの手間を知っているお客様がおられるという嬉しさと、

ソース作りに時間がかかっている事をご理解頂いている嬉しさ。

もちろん、そんな風に仰って下さるお客様のお皿は、

『猫またぎ』状態。キレイになって帰ってきます。



美味しいソースを作る際は、あまり原価など気にせず

ワインもたっぷり使います。(立場的には、心配になる量。


” 料理の価格 ”に見合わないぐらいの原価が

ソースに投入されていたりします。

ワインをたっぷり使ってコトコト煮詰めたら

美味しいソースが出来るのを知っています。

だから、美味しくする為には、やはり欠かせません。

商売下手なんです。。。ふふふ。



 CM160712-163139001















画像は、『なんか、ええもんないかな~…』と、物色中の家元。




今回の記事内容と全く関係のない画像を張り付けてしまい申し訳ありません。

反省しておりますが…、きっとまたやります。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 商売下手
  • レストランの在り方
  • ケールの花
  • ケールの花
  • 深夜の差し入れ。
  • 青色のお皿。
  • 青色のお皿。
  • 青色のお皿。
  • 青色のお皿。