yjimage先日、息子2人とアルキメデスの大戦という
映画を観ました。
第二次世界大戦における戦艦大和建造に
菅田将暉さん演じる天才数学者が関わって
いくストーリーです。

僕の尊敬してやまない人物の中に戦艦大和の
設計者がいます。
この設計者は戦後、大戦に対する後悔の念から
船の設計を辞めて隠遁生活を送ります。
しかし、その彼が戦後例外として建造に関わった
船があります。

その船は、宗谷。南極観測船として、到達不可能と
言われたポイントに見事着岸した名船です。
宗谷の南極の分厚い氷を割っていく技術に
戦艦大和の技術が遺憾なく発揮されました。
まさに戦争での技術が見事に平和利用された物語で、
本で読んで感動が止まらなかったのを今でも覚えています。

                      映画をみながらの雑感でした。

                                                   院長