二部屋続きのリハビリ室の一番奥の壁には
縦140cm横230cmの大きな絵が飾られています。
山と湖の絵で、一言でいうと”アルプスの少女ハイジ”
の世界のようです。

反対側の壁には筋力をつける為のマシンが並んでおり
患者様にとっても白い壁をみながらのリハビリよりも
気持ちだけでも安らぐのではないかと勝手に思って
おります。

リハビリ室の手前の部屋にも大きな絵や患者様より
戴いたちぎり絵が飾ってあり、廊下や階段の至るところにも
絵があります。

この間 患者様から「私、ここの絵を観るのが大好きやねん」
と言っていただきました。
先代の理事長が絵画を好まれていましたので、そのおかげで
病院にはたくさんの絵が飾られています。
患者様にとって通院は大変なことでしょうが、少しでも気持ちが
和まれていただければ嬉しいです。