2017年05月21日

和田アキ子さん…

こんばんはぁ

和田のアキ子さんが、ある番組で

「KinKi Kidsは、いつまでKidsなの?」

とぉ〜
ファンにとっては、ベタすぎる質問をしたとかどうとか
某所の芸能ニュースで、目にしました。

何で、今更KinKi Kidsネタ?
しかも、ベッタベタな〜
(^。^;)


な〜んて思いつつも…。
ここ数年、KinKi Kidsのキさえ出ないような、情報(と言うより注目度?笑)の無い日々を過ごしていたファンにとっては〜。
和田のアキ子氏から、KinKi Kidsと言うお言葉を発していただきただけでも嬉しいです
o(*^∇^*)o 


光一ファンにとって、KinKi Kids20周年なんてもんにゃぁ何の興味も期待ももっていませんでしたが(笑)
案外、楽しめるものでしたねぇ
o(^-^)o


未満都市のスペシャルに、主題歌発売♪
それに伴う、歌番組への露出
できれば、堂本光一のガシガシな踊り付きでお願いしたいっ!!(^w^)


そしてそしてぇ〜
堂本兄弟のスペシャルもあるとか…?
これも、楽しみすぎるぅー!!
(((o(><;)(;><)o))) 

こちらは、過去のレギュラー、総出演でお願いしますっ!!
m(_ _)mm(_ _)m


拓郎さんでしょう?
健さんに武部さん。
ツッチーに、トムさんにぃ
高見沢さん、ガックンはもちろんですよねっ
他には、えっとぉ。
誰がいたっけ?

思いっきり豪華に
スペシャル同窓会&歌の祭典を繰り広げてほしいもんでございますぅ〜
\(^ー^)/

夏?が、楽しみですねっ
(^_^)v



夏と言えば〜

今日は、真夏日のように温かい(イヤ、むしろ暑い)1日でした
群馬では、夏日を記録したそうなぁ
いやぁ〜、5月だと言うのに…。
凄まじい
(・ω・;)(;・ω・)


昨日今日と、新潟もカラッと快晴だったため
洗濯や布団ほし、エアコンの掃除などに追われ、バタバタと過ごしました。
(^_^;)

先週は、多忙もここまで来たか!?
…ってほどの忙しさで(涙)
トイレは愚か、1分1秒でさえ気を抜けないほど時間が無く

(ToT)

心身の疲労困憊から金曜日は、何もかもに腹が立ち
自分でも感情がコントロールできず、危ない状態でした。
(ρ_;)


金曜日は、あまりの疲労に一睡もできず…
さすがに昨日は、日帰り温泉にやっとこさ行ったけれど、体が疲れすぎて何もする気になれませんでした(涙)

今日は、8時から職場に出かけ
お昼も食べずに3時まで仕事にいそしみました。
カレンダー通りの我が職場は、もちろん今日は休業日

しかぁ〜しっ!!

私を含め、半分ほどの職員が自主出勤しており
この職場、どうなの〜?汗
…って、思っちゃいました。

もちろん、皆、サービス出勤
だってさぁ〜、仕事が山のようにたまっているから、土日にやらなきゃやっていけないんだもん(涙)


ちなみに…
今年入った、唯一の新人さん(男性)は、心身疲弊で出勤できなくなり
担当部所を外されちゃいました

今年は、私は新採用教育係ではないのですが…。
その子の穴埋めで、ますます皆が大変なことになっている訳で…
(-o-;)


はぁ〜
私も、倒れて病休を取りたい気分(涙)


自宅に帰ってからも〜
バタバタと家や職場の仕事に追われ
はっと気づけばもう、こんな時間(笑)

夏休みまで、こんな日々が続くのでしょうか??
それまで、生きていられる自信が無い…



でもでも〜
夕方、母と二人で近くのレストランに食事に行って来ました
くじ運が、天才的に悪い母がっ!!
なぁ〜んと、クジで食事券を当て
その、ご相伴に預かりました
(*^^*)v


お寿司とサラダを食べて、めっちゃ幸せだったぁ

も一つ

今日、コンビニで買い物をし、クジを引いたら私も当たったぁー!!

(≧∇≦)


R-1だけども
それでも、めっちゃラッキー
(^_^)v


得した気分


なぁ〜んだ!!
良いことも、ちょっとはあるじゃぁないかっ
(*^o^*)



今週は、年に一度の大仕事が待ち受けております
忙しさMAXになること間違い無しですが




死なない程度に頑張ります!!

2017年05月14日

未満都市と母の日

1a70b4cb.jpg
d42c64c3.jpg
ed5ded2b.jpg
db05a3ba.jpg
キタぁー

大将のコメント、未満都市に??
(?_?)

早速、調べてみたらあぁ〜たっ!!
何と、KinKi Kidsデビュー20周年を記念してスペシャルバージョンを放送するとかどうとか…。

未満都市のヤマトが好きすぎて、しっかりビデオまで購入したワタクシ。
こうなったら、DVDで発売してくれないだろうか?
そしたら、本当にいつでもヤマト&タケルに逢えるよね!!


ヤマトはもちろんだけど、タケルとの熱〜い友情&ユーモアにとんだやり取りが大好きでした
スペシャルドラマ、もちろんDVD発売してくれますよねぇ?
なんたって、20周年記念ですからね
(^_-)v


こんな20周年なら、大歓迎でございますわぁ〜!!
o(*^∇^*)o 


なんなら、20周年を記念して、今まで二人が出演したテレビドラマの数々を全てDVD化&発売していただいてもぉ(笑)

ワタクシ、もれなく購入させていただきますっ!!
m(_ _)mm(_ _)m



も一つ、気になることが…
CSとか、スカパーとかってなぁ〜にぃ?
大将ちゃん(笑)

もしかしたら、未満都市スペシャルバージョンは、CSかスカパー!でしかやらないってことぉ?
よく分からないのですが…。CS、スカパー!に入るには、アンテナ立てなきゃならないのよね?

スペシャルドラマだけのために、わざわざアンテナ立てるのも〜
(・ω・;)(;・ω・)


そうなったら,DVD発売まで我慢して待つか…。
お願いだから,地上波でやってくださいましぃー!!
m(_ _)mm(_ _)m


母の日にふさわしい,ファンへのプレゼントでございましたぁ
(母じゃぁ〜ないけど笑)



母の日と言えば〜
毎日、お世話になっている母に、今日はお花と少しばかりのプレゼントをしました
夕食も、母が喜びそうなあれこれを買ってきて

これから、ささやかなパーティーです

(*^o^*)



お母さん、いつも本当にありがとう!!
母の愛は、絶対無二で…。私は、逆立ちしても母にはとうていかないません

昨日は、私のバースデープレゼントにと母が近くの温泉へ日帰りで招待してくれたのですが…。
温泉に入り、美味しい物を食べながら、ずーっと考えていたこと。
それは、何よりのプレゼントは、母が元気でいてくれること。
そして、自分自身の健康

この二つが、何より大切な宝物なのだと心より思います。


時は、無情に流れていくので、母も私もいつかはここ(現世)から居なくなります。
普通に考えたら、母が先に去ってしまう訳ですが…。
母が、傍らにいてくれたここ数年間は、私にとってはとてつもなく幸せな時間だったのだと、神様に感謝するばかりです。

私は、幼い頃から両親の愛をあまり信じることができないひねくれた奴でした。
ちゃっかり者の姉にいろいろなことを奪われ、両親の愛さえも自分には注がれていないと思ったこともあります。

特に、父は私のことをあからさまに嫌っているように思えて。
「お前のことは、好きではない。」
そう、はっきりと言われたこともありました。

父に反発し、母を恨み…。家には、自分の居場所は無いように思えた日々。
でも母は、そんな私をいつも気遣い、父との間に入り、何とか仲を取り持とうとしてくれました。
でも、ことあるごとに姉と比較し、姉ばかりほめる母も、好きではありませんでした。

私は、ずーっと父と母に愛されたかったっ!!

今から思えば、この歳まで育ててくれただけで、どれだけ愛情を注いでくれていたのか分かるのですが…。思春期って、難しい年頃ですねぇ(笑)


父も母も、多分…言葉が足りなかっただけ。
一人っ子だった母は、兄弟姉妹で比較されることが、子どもを傷つけることもあるのだと言うことに気付いていなかったのでしょうね。

二人とも、悪気は無かったのだと思いますが、家庭に居場所を見いだせないまま学生となり、家を出てそのまま就職。
結局、家庭での幸せを感じることができないまま、大人になった私。

こんな私に、神様が母とふれあうチャンスを与えてくれたのだと思います。
父は亡くなりましたが、今は母と二人、日々母の愛を感じながら生きておりますo(^-^)o


ずーっと!!
乾ききっていた両親を想う心のスポンジが、漸くパンパンに潤い
生まれてきて良かったのだと…、最近になって信じることができるようになってきた自分がいます。



お母さん、ありがとう
今度は、私がいっぱい愛を返す番だね

二人の時間に、感謝しながら

2017年05月07日

命の洗濯

81bb65c7.jpg
286a33f5.jpg
d88eb194.jpg
7a0221af.jpg
87b4f977.jpg
こんばんはぁ〜

またまた、久しぶりの更新となってしまいましたが…
皆様、どのような連休をお過ごしでしょうか?


私は、3月から連休までほぼ無休で仕事をして参りましたが…。
この五連休は、流石に仕事をしつつも少しだけのんびりし(笑)

昨日、今日と〜
母と、恒例のゴールデンウイーク家族旅行に出かけて参りました
o(*^∇^*)o 

旅行と言っても、あまり時間がとれず、遠くに行く体力も気力もなかったので

車で2時間ほどで着く、“芝峠温泉『雲海』”へ


名前の通り、峠に建つこの温泉はぁ〜

山々の頂にあるため雲海が見れることで有名な所です。

日帰り温泉もやっていて、以前母とちょっと寄ったことがあったのですが…。
露天風呂からの眺めが素晴らしく
山々の頂に突き出るようにできていて、山々に抱かれたような錯覚に陥りながらまさに〜、体中で森林浴ができちゃう素晴らしい温泉なのですっ!!


で〜
ぜひ、お泊まりで再訪して、次はお風呂の中から雲海を眺めたい!!
と、ずーっと思っておりまして。
この度、漸くその夢が叶うこととなりました

昨日は、連休唯一の雨
(>_<)
絶景のドライブを楽しむつもりが…。
雨で山道は運転しずらいわ、道に迷うわで、散々な1日に


結局…
温泉へも、3時間位かかって到着〜。
山には、濃い霧がかかっていて、露天風呂からは真っ白なもやしか見えず、がっかり〜
(-.-;)

でも、お風呂で仲良くなった地元の方から、近くの温泉情報や、美味しい山菜料理の仕方などをたくさん教えていただき楽しかったです
あまりにおしゃべりに夢中になり…、天然温泉でツルツルすべる床で見事すっ転び!!
(>Σ<)

脚と頭を打ちましたが…。
今のところは、大丈夫〜(笑)


母の大好物の山菜料理もたくさん出て。
今朝は、地元の農家さんが旅館の前に山菜を売りに来ていたので、山のように山菜を買い込んで、母もご満悦
o(^-^)o



そしてそしてぇ〜

今朝、5時頃ハッと気が付いて窓の外を見てみるとぉ〜!?
出てましたよー、雲海がっ!!
(((o(><;)(;><)o))) 


人生で、初めて観た雲海。
山々の間に、もこもこと何重にも雲がかかり〜。
私は、その上にダイブして人間鯉のぼりにでもなれそうなモコモコ加減でした。

山々にかかった雄大な雲海は。
まさに〜、大自然の神秘としか言いようが無く…。
ただただ、言葉を失って見入りました。


6時から朝風呂に入れたので、突き出した露天風呂に横になりながら、またまた雲海を満喫
お風呂に浸かりながら雲海を眺めるなんて、最高の気分でしたっ

立ち上がると〜
峠の景色が一望できました。
山の頂ですからねぇ〜(笑)
万歳しても、誰かに見られる心配は0

だって〜
頂に、たった1軒だけ建っている旅館なんですから…。
いるのは、時折綺麗な鳴き声を挙げて行き交う鶯谷くらいなもんで(笑)

自然と溶け込み、自然に癒された、最高の時間でした
母も、気に入ってくれて
「また、来たいなぁ〜
と、しきりに言っておりました。

お湯も、あったまるとーっても良い温泉だし〜
従業員の方々も親切だし。
ここ、本当にお勧めですよー

日帰り温泉もやっているので、新潟にお越しの才には、ぜひお立ち寄りくださいませ〜
ただし、雲海は早朝にしか出ないため、雲海を観るにはお泊まりするしかありませんが…。

7時頃には、雲もすっかり引き、山々と里がすっきりと姿を現しました。
(写真)



一番最後の写真は〜

田植えを終えた、我が家の周りの様子

これも、なかなか素敵でしょう〜??



4月から、職場は変わらないのですが、久しぶりの業務となる部所となりました。
新しい部所は、職場を動かす中心的な立場で〜。最も多忙を極める業務です


最近は、若手の教育も兼ね、若者たちと一緒に仕事をすることが多かったのですが…。
今年、配置になった部所では、働き盛りの男性とバディーを組んでいます。

昨年度末に、ボスからどうしてもこの部所をまかって欲しいと懇願され
そのかわり、職場1頼りになるナンバーワンを相棒につけるからと言われて…。


その彼は、職場中の女性が憧れるKさん。
背が高く、バリバリラグビー現役の体育会系ですが、性格は極めて温厚で、怒ったところやイヤな顔は一度も見たことがない…。誰もが認めるナイスガイです


周りの人からは
「いいなぁ一緒に仕事ができるなんて幸せでしょ?」
と、言われますが…


仕事が多忙すぎて、それどころじゃぁありませんっ!!(涙)



私と彼と、何故にここまで忙しいの!?
と…
ため息しか出ない日々。

早朝から、夜中の9時、10時まで働きづめで…
それでも、仕事が間に合わず土日でさえ出勤が当たり前になっている私たち


これ、過労死のデッドライン越えてるよね??
と〜
二人でよく、冗談とも本気ともつかないことを言い合っています(涙)

でも、誰かがやらねばならない業務だし今年一年は何とか頑張って勤め上げねばなりません…。


温泉に癒されて、気力、体力ともに充電し〜。
明日からまた、頑張りますっ!!
(^_^)v



あぁ…
でも


連休の早かったこと



まだまだ、宿題が残っているし、憂鬱だなぁ〜(涙)

2017年04月02日

祝、千秋楽&1500回!!

こんにちは〜

お久しぶりでございます
(^。^;)


あっ!!(@_@)
…っと言う間に、時は過ぎ…。
もう、4月ですね


ワタクシは、と申しますと〜。
帝劇詣で後、仕事の波に飲み込まれ

ほぼ休日無しで、ずーっと出勤&仕事に追われておりました(涙)


年度末と言うこともあり…。
今までの部所を離れることになり、仕事のまとめやら引き継ぎやらで、とにかく目まぐるしい時が過ぎ(涙)

明日からは、本当に久々に担当する仕事になります。
こんなオバハンに勤まるのかどうか…。限りなく心配ではありますが

お金をもらって居る限りは、頑張らなくてはなりません〜。
何たってボスに、断る権利は無いと言われてしまいましたからね(苦笑)
生きていくって、本当に苦しいことです…。


嬉しいこともありました
今の職場に転勤になり、2年間関わって
来た我がチーム
3月末には、サプライズで感謝の会を催してくれました


私に内緒で、あれこれと企画し〜
何とか時間を確保して欲しいと言われて行った会でしたが…
(^_^;)

心尽くしの数々に、もう〜涙…涙の連続でした!!
こんなこと、いつ計画したのぉ〜!?
と、驚くばかり!!

この仕事についてから、こんなによくしてもらったのは初めてですっ!!(涙)
みんな、本当にどうもありがとう!!

通勤時間が長くて、大変なこともたくさんあったけど…。素敵な出会いに感謝です
(*^o^*)


本当は、ずーっと離れたくなかったけれど…。
こればかりは、仕方が無いですね。
明日からまた、新しい部所で頑張りますっ!!
o(^-^)o



でぇ〜
一年間頑張り抜いた自分へのご褒美に、31日(金)の午後から年休をもらい、近くの温泉宿へ
(^_-)v

母と、恒例の温泉お泊まりです
すぐ近くの小さな温泉宿でしたが、とーっても癒されましたぁ〜!!
o(*^∇^*)o 



でぇ〜
SHOCK千秋楽のお祝いや〜
恒例のエイプリルフールネタを書きたかったのですが…。



な…何と!!
季節はずれのインフルエンザになっちゃいましたぁ〜
(>Σ<)

泊まっているときから、寒気が酷くて具合が悪いなぁとは思っていたのです…

帰宅後、熱発して救急へ
(≧ヘ≦)

ただ今、点滴をしております

2017年03月13日

達成ー!!

ただ今、無事本日のノルマを達成いたしまたした(涙)
(┳◇┳)


いやぁ〜、一時挫折しそうになったのですが
眠くてうつらうつらしてきた22時過ぎに、同僚から一足早く『ノルマを達成』とのメールが届き

負けてなるものか!!
と、奮起いたしました(笑)


いやぁ〜、長い1日だった…。
やっぱり、昨日の帝劇詣では、どう考えても無理だったなぁ〜(遠い目)


また、明日から過酷な毎日が始まります。とりあえず、今日は休みます。

お休みなさい

(-.-)zzZ

2017年03月12日

SHOCKの余韻…そして気合い!!

あれから、一週間…



つい昨日のことのようでもあり、はるか昔のことのようにも感じる。
もしかしたら、昨日も帝劇にいたかもしれない私。でも、現実は、舞台と私との間に、大きな壁を築いてくる(涙)


昨日は、休日出勤。休日だと言うのに、まるで平日のように人がいて、当たり前のように忙しく働く姿…。
馬車馬のように働き、帰宅後疲れきった頭と身体をリセットすべく深夜の日帰り温泉へ(笑)


今日は、1日家でお仕事(涙)

SHOCK観劇後すぐに、書きたい題名でいくつか投稿枠を作った
ものの、まだ2つ投稿できていない。
ブログを書く、気持ちの余裕と時間が無い

あぁ、ブログを書けるって本当に幸せなことなんだなぁ。
今は、目の前の仕事をこなすのに精一杯っ!!
残った2つの記事を書けるのは、いつになることやら…。
その前に、錆びきったこの頭は忘れきってしまいそうだ。


おっと
現実逃避してる場合か(笑)

まず、目の前の一つ一つの壁を乗り越えていかねばっ!!
また、ここに来れるを祈って…。



気合いだ、気合いだ、気合いだぁー!!
頑張れ自分!!
負けるな自分!!

今日のノルマが完了したら、また来る!!
深夜には、完遂できますようにぃー!!

”(ノ><)ノ

2017年03月07日

私の帝劇2019 出演者編

今回のSHOCKは、出演者をかなり替えたと聞いたが。

目が悪い私は、遠くからだと誰がだれだかよくわからず
出演者の変更も、把握できずにいるのだが…(笑)

恒例のリカ役は、新しい方ですよね?
松浦雅さん〜??
知らないなぁ
(-o-;)


私的には、今回のリカ役はイマイチでした
可愛い系でも綺麗系でもなく…。ダンスがうまい訳でもない。座長との声(歌)の相性も良くなかったと思います。

一番ダメだったのは彼女の演技
告白シーンでは、ヤラはもちろん、リカの演技力も重要なポイントで〜。
彼女に共感できて初めて、胸が締め付けられるような感動を覚えるのに…。セリフが薄っぺらで、感情移入できない〜

(^。^;)


おまけに〜
シェークスピアでの「これが、殺戮の見本!!」
も〜
凄みが全くなく、肩すかしを食った感じに(涙)

いやぁ〜
歌がスキルアップしストーリーもより分かりやすく改善してあったのに…。
このリカ役は、もったいなかったなぁ〜

(・ω・;)(;・ω・)


決定的なことは…

華がないっ!!
( ̄・・ ̄)


私的リカ役の一番は、やっぱりさやかちゃんでしょうか?
歌が上手で、可愛くて華があった

女優としては好きでは無いのだが、黒木メイサも華があって見栄えがしたなぁ

そこに居るだけで、華やかな舞台になるって大切なことだと思うから。

この毎年のように変わるリカ役は、一体誰が選んでいるのだろう?
歌えて踊れて、演技ができる人って、やっぱりあまりいないのかなぁ??


でも

ジュニア勢にお気に入りみっけ〜

浜中文一君
良くないですかぁ!?
彼に、釘付けになったこと多数〜
今後が楽しみなジュニア君だねぇ


直さんも、相変わらず出演してくださっていて〜
毎年、舞台に合わせて仕事を調整し、何年も続けて出演してくださるって、凄いことだと思う。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします〜!!

m(_ _)mm(_ _)m


そして、堂本光一。
踊る彼は、やはり際立っていた
外人ダンサーをはじめ〜。
光ちゃんよりも高く跳べる、クルクル回転する、キレのあるダンサーはたくさんいる。
しかし、彼ほどエレガント且つ優雅に舞えるダンサーは、どれほどいるだろう?


それは、決して他のダンサーには真似できない、“堂本光一オンリー”唯一無二の踊りなのである。
どれだけの群舞を引き連れても、そこに埋もれることはない。
彼のダンスのしなやかさ、美しさは軍を抜いている。
そこには、“ザ・堂本光一”が存在するのみ…。

声の良さも、特筆すべきものがある。
私は、今まで光ちゃんの歌声は決して素晴らしいとは思っていなかった。
彼の歌声は、マイルドで優しく、そして地味であると…。今まで、ずーっと思いつづけてきた。

なぜならば、KinKi Kidsとして活動するとき、相方の個性の強い歌声にかき消されてしまうことが多く、彼の声量や声質をブラッシュアップしてほしいと常に思っていたから…。


しかし、今回の舞台では、コウイチの歌声は突出していた。秀逸だった
o(*^∇^*)o 

歌中での滑舌の良さ。
声の使い方。
変化の出し方。
歌い分け。

どれも、素晴らしかったと思う。
光ちゃん、どこかで歌の特訓を受けたのかな??

今までとは、一皮も二皮もむけたように思う。
確かに、ある程度歳をとれば、体力は確実に落ちていく訳で…。
そんな中、ミュージカルと言う世界で生きていくためには、歌や演技でカバーしていくしかない。
それをきちんと体現できる堂本光一は、やはり素晴らしいタレントだと思う。

2017年03月05日

私の帝劇2019 衣装編

今回の観劇で考えたことがある。
それは、舞台のテーマと色の関係だ。


コウイチが、千秋楽に屋上で歌うシーン。そこでコウイチは、真っ白なジャケットを着ていた。

このシーンって、以前から白ジャケだったぁ??
何とも記憶力が心もとない自分


なぜかと言うと、原点回帰とも言えるその場面での“白”が深い意味をもっているように思えたから…。
子どもの頃から、無垢な夢を追い続けてきたコウイチと仲間たち。場面のシチュエーションとあいまって、“白”=“純粋な理想”のイメージとぴたりと重なる。


そう考えると…
彼(コウイチ)が白衣装を着ている場面では、純粋な気持ちが前面に出ているように思えてくる。

白そのものに、純粋さや潔さというイメージがあるが、舞台そのもののイメージングも狙っているのかな?


舞台では、他にも“黒”と“赤”が繰り返し使われる。

衣装に黒が多いのは自然な姿なのだとはおもうのだが…。
意味づけを考えながら観ると、黒はクールな現実そのものにも思えてくる。

現場の世界で若者が繰り広げるクールで無機質な感じ…。
その世界は、淡々としていて彼らの実力そのものを物語る。


そして、舞台で最も重要な意味を表すのは、“緋(赤)”。

私は今まで、“赤=炎”をイメージしていたのだが、実は“血”そのものではないか?と思えてきた。
炎は、コウイチやカンパニーの心に燃え盛り、人間の本性としてメラメラと息づく。
そんなイメージをもっていたこの舞台。


しかし今回は、それは“人間の血そのもの”であり、血が巡るように、ドクドクと体中で葛藤し、苦しみもがく姿そのもののように映る。

殺陣の場面は、もちろんであるが…。
真っ赤な布に覆われた舞台からのフライング。
もがき苦しむ様を表した夜の海。

そして、最期にコウイチが死をもってつかんだものは…。
真っ白な純粋で無垢な想い。そして、それにつながる仲間たち。

舞台では、コウイチにこの基本三色を着せることにより、よりコウイチの心情を分かりやすく表しているのではないか?

理想(白)と現実(黒)の狭間で、血たぎらせてもがき苦しむ(赤)人間。

苦しんだ分だけ、掴むものがある。別の表現が生まれる。
そう、コウイチは言う。
しかし、オーナー、そして自分自身が「周りを見失っら終わりだ」と、繰り返し警告し続ける。

人間は、血が巡るからこそ生きていくことができる。
そう思うと、葛藤は生まれもった宿命と言える。
葛藤があれば、周りを冷静に判断することは難しい。

しかし…
人生、日々葛藤にさいなまれながらも、周りの支えを寄りどころとして、前進していくのだという強い主張と決意とを示している。


そんな、色の使い方をしているのではないか…。
人生って、厳しい。
でも、それでも自分の理想に向かって前進していかねばならない。
そこには、仲間が不可欠。人間は、決して一人で生きていけるものではない。


ショーマストゴーオン!!
それでも、舞台(人生)は続けなくてはならない。
たくさんの仲間に支えられながら…。


そんな、勇気を与えてくれる舞台だからこそ、1500回もの回を重ねられるのだろう。
人生の根幹を謳ったSHOCK。

ぴぃちゃんも、堪能してきてねぇ

私の帝劇2019

二階席から観たSHOCKは、発見の連続だった。

まず、目を引いたのは、舞台上の場ミリ(印)。
舞台中央が赤。それを中心に無数の印。
光ちゃんの立ち位置を確認すると、要所要所できっちりと赤い印上に立っていた。
ちっとも下を見てないのに…、もう印を見ずとも感で立てるほど染み付いているのか?
コウイチを中心に広がる群舞。改めて、光ちゃんは座長であるとともに、この舞台の中核なのだと確認。
これだけのキャパ、これだけの演者&スタッフを、これだけ長期に渡って引っ張り続けてきた堂本光一という人間。
どれほどのエネルギーを費やしてきたのだろうか??
もう、人間の粋を越えている!!
神…否、巨匠??
いやいや、怪物の粋ではないか?

これだけのエネルギーを、堂本光一と言う男は、一体どこから得ているのだろうか?
それは、人類発展の意味でも解き明かされるべきではないか??

関ジャムも言っていた、円を描くフライングの背中姿の美しいこと!!
これは、上(二階)席からでないとなかなか堪能できないかも〜
ありがとう〜、関ジャム
観てて良かったぁ〜!!
o(*^∇^*)o 

また、殺陣での機構の動きが、よ〜く分かりました。
あの上で、あれだけの人数が動くのですから…。ドミノ倒しのごとく、一つ間違えたら総崩れになりかねません
あの、一瞬一瞬にどれだけの思考判断と敏捷性が飛び交うのでしょうか?

人のエネルギーが観れる機械があったなら…。目が眩むほどの交錯具合なんだろうなぁ
(゜∇゜)

殺陣のシーンは、嫌いだったけれど(笑)
今も、あまり好きではないが…
格闘技とマスゲームとを掛け合わせた団体演技と捉えたら、目を見張るほどのチームプレー
カンパニーの結束力を誇示するのに、やはりこの場面は必須なのか…?

階段落ちでは、長年使い込んだと思われる緋色の階段が…。
縁を中心にボロボロになっている様が痛いほど見えた
縁はこすれて木肌が見え、衝撃の大きさが伺える。
見栄え的には、修繕が必要なのだろうが多分、それが間に合わないほどの痛み具合なのではなかろうかと

だとしたら…。
同じ分だけの衝撃が光ちゃんにもかかっていることは明らかで(涙)
人間だから、ボロボロ具合いは見えないけれど…その衝撃具合を思うだけでゾッとした。
お願い、光ちゃん!!
ファンのためにも無理をしないで
もうそろそろ、階段落ちは止めにしていただきたいなぁ(涙)

堂本光一は、階段のように塗り替えたり、新調したりできないんだよっ。
堂本光一は、唯一無二の存在。
後から絶対に、後遺症として出てくるはず。だから、無謀とも言える体の張り方はもう卒業して、別の魅せる方法を考えていただきたい。


また、舞台脇の演奏ピットで音楽を奏でる様子も、よ〜く見えて面白かった。
特に、大太鼓の演奏は素晴らしく
それだけでも、十分にお金をとれるだけの価値があり…。
それを、袖でやっているのだから、何とも贅沢な舞台であると実感


ほかにも〜

ラダーフライング時にGロケさんが、天井から出入りする貴重なお姿を拝んだり〜(笑)
あれ、本当に怖いでしょうねぇ〜
あの、お姉さんたちの勇気には脱帽!!

フライング前後のフックを掛ける仕草も興味深く観察ー


どれを観ても、やっぱりSHOCKは凄い舞台だっ!!
と、再確認させられることばかり。
私たちファンは、こんなにクオリティの高い舞台を堪能できて幸せだ。
それだけでも、堂本光一のファンになった価値は十二分にある。

まだまだ、話は尽きないが…。
次回は、私なりの“コウイチ衣装色考”を書いてみようと思う。


続きは、で〜

私の帝劇2019

ab66a2b6.jpg
a0b54147.jpg
80c26223.jpg
473279aa.jpg
私が、初めてSHOCKを観劇したのは、多分2000年。

まだ、お茶の間ファンだった私は、友達のMちゃんに
「いいなぁ、舞台観れる人は…。私も、一度でいいからSHOCKを観てみたいな。」
と話していると
「そんなら、ファンクラブ入って、自分でチケット取って行けば良いじゃん。行動しなけりゃ、何にもはじまらないよ。」
彼女の一言に一念発起し、ファンクラブに入会してチケットゲット!!
そこから私の、帝劇詣での日々が始まったのだ。

それから、チケットが取れず観劇できない年もあったが、優しいお友達に助けていただきながら、堂本光一の舞台を愛でるのが私の冬の恒例行事となった。
今年は、流石にもう無理か!?と諦めたが…。
ここ(ブログ)をずーっと支え続けてきてくれた大将の計らいで、奇跡の観劇が叶った。
大将と相方様には、もう感謝の一言!!
SHOCKに通い始めてから、光一ファンの優しさ&ありがたさをしみじみと実感するのが、この季節。
帝劇詣では、光ちゃんの後ろにある存在を再認識させられる場でもある。


さて、その大将との待ち合わせ。帝劇のチケット売り場へと到着。
大将から
「チケットもぎる場所で、待っているから。」
と言われていたので入り口辺りをウロウロ〜。
いつも、帝劇での待ち合わせは入り口看板辺りだったため、そこをキョロキョロするが見あたらず。
あれぇ〜!?
まさか、大将〜。大幅イメチェンで外観分からず!!なぁんてことはないよねぇ?

そんなことを疑いながらも、目は帝劇前の大看板に釘付け!!


だってさぁ、あまりに素敵すぎるのですものぉ〜!!
ざ…座長がっ、私の方を真っ直ぐに見つめているぅ〜!!
(((o(><;)(;><)o))) 

そこからは、もう〜
ほぼ大将の存在を忘れ、看板のかの君しか頭の無いお馬鹿ファンが憑依(笑)
大看板を取りまくりふと横を見ると〜。
何と!!入り口上に、何枚も劇中シーンのコウイチがっ!!
なにぃ〜!?これ!!
素敵すぎるぅ〜!!!!


目の前の、あんなシーンやこんなシーンに、ひたすらカメラを向け続けるワタクシ。
この看板、美味しすぎる!!ファンを一瞬のうちに、SHOCKの世界へ引きずり込むのだ。
大将の存在は気になりながらも、(まっ、良いか。待ち合わせに遅れているのかもしれないしねぇ)と勝手に理由をつけて、劇場外SHOCKに浸る私。
ひとしきり、写真を撮りあげた頃、携帯が鳴り
「帝劇に入ってすぐの所に居るから。写真、撮り終わってからで良いから来てね。」
との大将からの電話が入る。

あっ、そっかぁ〜。
もぎる所って、入り口入ってからだったよねぇ(笑)
そぉ〜んな、当たり前のことすら忘れていたワタクシ(苦笑)
何年、帝劇に通ってんだぁ〜!?自分

もしかして、大将ちゃん。中から私のこと、ずっと見ていた〜!?
ごめんなさい!!
m(_ _)mm(_ _)m


無事、合流〜。
チケットをいただき、大将と再会して、帝劇の中へ
「グッズ買う?パンフならすぐここの入り口に売っているから。」
チケットもぎり場でさえ勘違いしていた私に、そんな初心者向けの説明までしてくれる優しい大将(笑)

しかも〜
「そこ、危ないから転ばないでねぇ。」「生写真は二階。目、見える〜??」
と、まるで初めてのお宅訪問&足腰の立たない老婆のように私を心配してくれる大将ちゃん(涙)

大将は、私のことが心配で仕方がないらしい(笑)
何と!!私が帰りに乗る新幹線の時刻まで知っていた(@_@)

ありがとう〜!!
流石、長年ここ(ブログ)で交流し続けてきた親友ー
考えてみたら、大将がここへ初めて来たときから、(ブログを通して)ほぼ毎日一緒に過ごしているんだもんね。

私が、記事を書く日も書かない日も…。大将は、ずーっとコメントを書き続けてきてくれた。
多分、誰よりも私のことを知り、理解してくれている人…。
そんな存在が、この世に存在してくれていることのありがたさを、今更のように実感する私。

大将、本当に本当に本当に!!
ありがとうー!!
何十回、何百回言っても足りない。
大将に出会えた奇跡を、神様に感謝いたします
(*^o^*)


そぉ〜んな大将は。
私が、封筒に入れたチケット代から、新潟から持ち込んだお土産まで、全てお見通し!!
本当に、凄い!!


トイレに入り、座席に座って〜。
久しぶりに会えた大将に心ときめかせながら、取り留めのない話をしていると、もう、開演のブザーが!!

席は、二階の一番前。
前に誰も居ないため足元広々〜。荷物も起きたい放題♪
上から舞台が見渡せる良い席だ。
大将ちゃん、本当にありがとうっ!!

m(_ _)mm(_ _)m


肝心の舞台内容はぁ〜!?
舞台感想△如幣弌

!(b^ー°)

月別アーカイブ