2007年03月11日

いま、あなたの“心”はどこにありますか?

…………………………………………………………………………………
きょうもセミナーの情報シェアです。
先の3月5日、全国を飛び回る人気コーチである、
岸英光さんの講演会に堺まで行って来ました〜。
…………………………………………………………………………………
●いま、あなたの“心”はどこにありますか?

ちょうど前回のメルマガで、
「“質問”する前に大切な心構え」について
書いていたのですが、今回はもっと大きな、
「コミュニケーションを取る上で大切なこと」について、
岸英光さんの講演会で、とてもわかりやすいお話を
お聞きしたので、ご紹介したいと思いますね。

岸さんのお子様がまだ小さい頃、
こんなことがあったそうです。

お家で仕事をしていた岸さんの側へ、
子どもが学校であったことを報告しに来ました。

手を止め、ちゃんと子どもと向き合って、
しっかり話を聞いてあげた岸さん。

ところが、子どもは、また少しするとやって来て、
同じ話をするんだそうです。


「結局、いくら目を合わせて、相づちも打って、
しっかり話を聞いたつもりでも、僕の心は仕事のところにあった。
子どもはそれがわかったんでしょう」

「大人だって、相手がウワの空だと、すぐわかりますよね。
そして、そんな状態でいくら相手をしてくれても、
ちっとも一緒にいた感じはしないはずです」

「本当のコミュニケーションとは、
お互いの心がしっかりそこにあって、
存在そのものがふれ合うこと」

それを岸さんは「Be with な状態」と呼んでいました。

つまり・・・
そんなBe withな状態を10分でも持つことができれば、
会話なんて関係ない。あるいは会話なんてなくてもいい。

逆に・・・
ウワの空でいくら時間をかけても、意味はない。
子どもは“一緒にいる感覚”が欲しいのだから。

そして・・・
コーチングのスキルやテクニックにこだわって、
それを意識しすぎると、心はそっちに行っちゃう。
すると、子どもの側に居ることができない。

どうですか?
この話を聞いて、何か思い当たるところはありませんか?
(私にはたくさんグサッと来ました・笑)

●夕飯の支度で忙しい時に、いくら手を止めて話を聞いてもキリがない。

●下の子に手がかかる時に限って、グズグズ言い出して、
「構ってほしいんだ」と思うから無理して相手をしているのに
もっともっとと要求がエスカレートして最後には怒っちゃう。

●コミュニケーションとらなくちゃ、と思って
頑張って、寝る前に絵本を読み聞かせしているのに、
一冊読んでもちっとも満足しなくって困ってしまう・・・。

そんな時、ちょっと考えてみましょう。

いま、私の“心”はどこにあるのかな?って。

話を聞いてるフリをしながら、夕食の段取りを考えていたり、
相手をしながら、赤ちゃんの様子が気になったり、
絵本を読みながら、時計ばかり見ていたり。

子どもはみ〜んな、
お母さんの心が側にいないことに気づいているんでしょうね。

確かに、子育て真っ最中のお母さんって、
毎日24時間、とにかく忙しくって、
いつも何かに追われている感じがするもの。

“気もそぞろ”で、“ウワの空”で、“心ここにあらず”、
という状態もムリのないことだと思うんですよ。
(私自身も本当にそうでした〜)

でも、結局同じ時間を過ごすのなら、
ここはいっそ開き直って(?)、
からだごと、心ごと、子どもに向き合ってみませんか。



ライター&コーチ☆タオ

………………………………………………………………………………
完璧を目指さない
………………………………………………………………………………
 コーチングを学んで、それを子どもに使うことは、とっても効果的なんです
けど、四六時中コーチであることは不可能です。子育て中は、突発的なできご
とに振り回されて、自分の時間はほとんどありません。アービーなんか、椅子
に座ってゆっくりお茶が飲めるのは仕事場だけ・・・といった有様でした。
専業主婦の方は、それこそ24時間、まったく自由を奪われた感じでしょう。

 一日中傾聴しようと頑張りすぎないでください。
 無理です(きっばり)
 完璧な母親になろうとして、ストレスを溜めることのほうが、有害です。

子どもが母親を欲しがる要所要所があって、そこさえ押さえることができれば、
あとは安心して母親から離れることができるのです。四六時中一緒にいるにも
関わらず、不安がって子どもが離れないのならば、それはあなたと一緒にいて
も、自分のことをわかってもらえていない気がしているからです。ここぞと思
うポイントで、しっかりじっくり話を聞いてみてください。そのときのコツは
もちろん、否定しない、批判しない、そう思うのね・・・と繰り返すです。
そして、お母さんのメッセージを伝えたいときは、自分も子どもも気持ちに余
裕があるとき、例えば、お風呂の中とか、お布団の中とか、そういうときに、
私メッセージで、ひとつだけ伝えてみてください。

 完璧なんてありえません。


プロフェッショナルコーチ アービー

kosodate_coach at 21:25│Comments(2)受け止める 

この記事へのコメント

1. Posted by 菜央   2007年03月17日 03:03
5 今回も参考になりました。

上の空・・・

それって私の事です。

痛いところを突かれた感じです(笑)

色々考え事をすることが多いのでつい話を聞きながら違うこと考えています。

いつも旦那や子供に怒られています。(反省)
今回も気付きがありました。感謝です^^
2. Posted by アービー   2007年03月18日 13:49
あらぁ〜〜〜、そうでしたか。

でも、誰でもそういうことありますよね。
ご主人や子どもさんにしっかり見抜かれているとは・・・

毎回しっかり聴くのはこちらもつらいので、3回に1回とか、1日回は、きっちり聴くとか、決めてやってみるのもいいかもしれませんね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字