外国籍が多い会社社長のblog

五反田でゲームアプリを作ってる会社を経営しています。 随時採用を行ってます。 日本国籍以外の方を積極的に採用して参ります。 http://nobollel.com/recruit.html

先日、富士山マラソンでフルマラソンを始めてから初棄権をしました。

理由はいろいろあるんですが、
その時感じたのはやめる勇気って進む勇気と違うんやなということです。


そういえば、孫さんもやめる事(撤退)に関してこういうこと言っていたなというのを思い出しました。

退却できない奴はケチだと思え
http://president.jp/articles/-/12225?page=2 

攻める勇気、守る勇気。
https://matome.naver.jp/odai/2141837024291205601?page=2


また、最近読んで感銘を受けた、元みんなのウェディングの中村さんのブログもやめる勇気に関する難しさを書いた内容だったなとも思いました。

東京で消耗した僕がこのブログをはじめる理由
http://blog.youturn.jp/?p=105



進む勇気って、大体は不確かなものに対して突き進んでいく事なので応援されやすいと思ってます。
かつ、それがわかりやすい課題解決や挑戦であれば、
大きな応援や賞賛など、ポジティブな後押しの比率は高まります。
言い換えると、自分もしくは自分が叶えれなかった夢を乗せた希望が周りの人を動かすわけです。
例えば、受験を頑張るとか、世の中の課題解決とか、メッシとか大谷翔平選手とかですよね。


しかし、やめる時は大抵、残念だ。勿体無い。言った事を守れてない。嘘つきだ。
と言った自分と他人のネガティブな後押しに抗わなくてはいけない状況になると思います。
その中で、意思決定をする必要があるというのは中々嫌な状況です。


今回のマラソンでいうと、僕は膝を痛めていたんですが、出場しました。
案の定途中で走れないぐらいになったんですが、
今後のことを考えると参加しないというのも選択肢としてあったと思います。

せっかくお金払ったんやからとか。約束があるからという色々な要素が決断をするのを避けたのだなと思います。
※結局30キロ走った反省はしてますが、後悔はしてないです


リタイヤ地点からバスに乗ってぼんやり考えてたんですが、
やめる勇気には、3次元ではなく、4次元の意思決定をする必要があります。
これは進むのとも一緒ですが、立体(3三次元)におけるその時点での事実だけではなくて、
もう一つ、時間軸を考慮して意思決定しなくてはいけないという事です。

この取り組みが、どういうことにつながっていくのか、どういう影響を今だけじゃなくて未来に及ぼすのかをちゃんと考えないといけないということです。
しかもネガティブな感情を多く抱えてです。


今回の棄権で一つ収穫があるとすれば、やめるということに対して人が向き合う時、
どういう人の雰囲気になるとか表情になるというのが客観的にたくさん見れたのは収穫かもしれません。



 一歩一歩できることを増やして頑張っていこうと、改めて思いました。

題名長いですが、それだけですw


Angry Birdの世界展開で培ったノウハウや選択肢を弊社の自社IPや他社様のIPに活用できればと考えております。

また、Antti自身がsupercellを生み出したオルト大学出身でもあり、フィンランドを初めとした北欧地域のメンバーにコネクションを持っております。 


これまで元GameloftVPのAlexieなど海外にノウハウがあるメンバーがジョインしていますが、
今後より一層英語圏のメンバー採用の強化を進めるための準備をしていく予定です。


弊社は、日本のみならず、海外でも有名なIPを使ったゲームをたくさん日本国内外でリリースする予定です。 


世界展開に挑戦したいメンバーの応募をお待ちしております。
http://nobollel.com/recruit/ 

今回、ゲームエンジン・Cocos界隈で有名な清水さん、Gameloftの元VPで日本社長だったAlexisが弊社にジョインすることになりました。

清水さん
http://www.tks2.net/
※GTMFなどで通算100回ほど講演してるみたいです
http://gamebiz.jp/?p=132585

Alexis
http://tedxhongkong.org/speaker/alexis-gresoviac/



清水さんは4ヶ月のフリーランス期間を経て正社員及びCTOとして弊社にジョインします。
Cocosが得意ですが、弊社ではがっつりUnity方面に舵を切ってもらう予定です(Cocos案件は継続して行っていく予定です)

SIやチュコン社などの外資、さらに独立経験など、
所属組織の多様性も今回の決め手の一つになってます。
何より共通の知人の方の評判がとてもいいです。
※清水さんが入社するとなって、弊社にアサインが決まった中途の方がすでにいます


また、Alexisですが、
前職の肩書きが、VP Japan - Managing Director Gameloft KKというよくわからない感じですw
6,000人強ぐらいのグローバル会社で10人しかなかったVPだったので、偉い人ということです。

日本で150人ぐらいの組織まで成長させた実績もあるので、
複数の国のメンバーでのチームビルディングや世界展開向けの開発のマネージメントなど
今後、Nobollelで強化したい分野での豊富な経験を持ってます。

禅に対する考え方など、メンタリティーで共感する部分も多く
共通の趣味でもある温泉で会社の方向性やジョインしていく上での条件などの話を行いました。

いわゆる大物の加入ですが、Alexisの様な経験値が高い方をもっと活かすためには、
きっちり大きな利益を出しそれを予算にして、次の投資に繋げていくというサイクルを作る必要があります。

当面は、非常勤で経営アドバイザーとして参画しますが、
今後は常勤を視野に入れたアサインを議論してます。



弊社はこれまで10年フリーランスでやってきたメンバーが正社員で入るなど、
30-40代のメンバーで経験値の高いメンバーが増えてきています。

中途採用でスキル(現時点での即戦力性)は大事にしていますがそれ以上に人格を重視しています。
基本的に人格が高いと思った方を優先して採用・ミドルへの抜擢しています。

入社前までは数ヶ月のフリーランス期間などを設けておりますが、
世界的なIP創出をゲームアプリから目指すことに興味のある方は、お茶などご一緒させてくだっさい。
http://nobollel.com/recruit.html

どうぞよろしくお願い致します。 

↑このページのトップヘ