外国籍が多い会社社長のblog

五反田でゲームアプリを作ってる会社を経営しています。 随時採用を行ってます。 日本国籍以外の方を積極的に採用して参ります。 http://nobollel.com/recruit.html

2016年07月

今回、ゲームエンジン・Cocos界隈で有名な清水さん、Gameloftの元VPで日本社長だったAlexisが弊社にジョインすることになりました。

清水さん
http://www.tks2.net/
※GTMFなどで通算100回ほど講演してるみたいです
http://gamebiz.jp/?p=132585

Alexis
http://tedxhongkong.org/speaker/alexis-gresoviac/



清水さんは4ヶ月のフリーランス期間を経て正社員及びCTOとして弊社にジョインします。
Cocosが得意ですが、弊社ではがっつりUnity方面に舵を切ってもらう予定です(Cocos案件は継続して行っていく予定です)

SIやチュコン社などの外資、さらに独立経験など、
所属組織の多様性も今回の決め手の一つになってます。
何より共通の知人の方の評判がとてもいいです。
※清水さんが入社するとなって、弊社にアサインが決まった中途の方がすでにいます


また、Alexisですが、
前職の肩書きが、VP Japan - Managing Director Gameloft KKというよくわからない感じですw
6,000人強ぐらいのグローバル会社で10人しかなかったVPだったので、偉い人ということです。

日本で150人ぐらいの組織まで成長させた実績もあるので、
複数の国のメンバーでのチームビルディングや世界展開向けの開発のマネージメントなど
今後、Nobollelで強化したい分野での豊富な経験を持ってます。

禅に対する考え方など、メンタリティーで共感する部分も多く
共通の趣味でもある温泉で会社の方向性やジョインしていく上での条件などの話を行いました。

いわゆる大物の加入ですが、Alexisの様な経験値が高い方をもっと活かすためには、
きっちり大きな利益を出しそれを予算にして、次の投資に繋げていくというサイクルを作る必要があります。

当面は、非常勤で経営アドバイザーとして参画しますが、
今後は常勤を視野に入れたアサインを議論してます。



弊社はこれまで10年フリーランスでやってきたメンバーが正社員で入るなど、
30-40代のメンバーで経験値の高いメンバーが増えてきています。

中途採用でスキル(現時点での即戦力性)は大事にしていますがそれ以上に人格を重視しています。
基本的に人格が高いと思った方を優先して採用・ミドルへの抜擢しています。

入社前までは数ヶ月のフリーランス期間などを設けておりますが、
世界的なIP創出をゲームアプリから目指すことに興味のある方は、お茶などご一緒させてくだっさい。
http://nobollel.com/recruit.html

どうぞよろしくお願い致します。 

おそらく、僕の肌はメラニンが好きなので焼けやすいです。
その結果、東南アジアの方ですか?と真顔で聞かれる回数が夏に向かうにつれ増えます。
国籍はタイではございません。黒川です。

図らずとも、僕の顔はグローバル対応ですが、 弊社の取り扱っているゲーム数は、図って海外比率が高まってます。 なぜ、英語ネイティブでもない我々が海外からコンテンツを 積極的に輸入する事業をしているかというと、知りたいからです。

先日、ロシアの旧帝都サンクトペテルブルクにひとりで行ってきたのですが、 東欧、北欧の雇用事業、生活事情、どういう体験や物事で共通知を築けるかなど様々な体験がありました。 たまたまロシアは白夜の期間にあたり、本当に夜も明るいです。アイマスクしても寝れません。 また、イベント期間中は様々なロシア・東欧人との交流がありました。 地元強豪サッカーチームをたまたま知っていたため、その話をした瞬間、異様に盛り上がりました。 OMGを何回も聞きましたw 8,000キロも離れたところに住んでいる全く異なる民族が、自分の大好きなチームのことを知っているとうのが嬉しかったんだと思います。


いわゆる海外のゲームの輸入活動を通して、 離れた地域の人々の考え方、文化、歴史、共通知を学べる事はとても貴重です。
インターネットの台頭により、情報の浸透距離とスピードが爆発的に増えて、 今は、デバイスを通した情報伝達がメインですが、テレパシー、デバイスレスによる、伝達媒体の多様化が進むにつれ、これまで以上に国・人種を超えた交流は進むと思います。 その準備として、我々はゲームの輸出・輸入事業を行っています。
日本市場で、海外のいいゲームのヒットタイトルを出せるように頑張ります。
※日本展開に興味のある海外のゲームアプリ企業をご存知の方がおられましたらご一報ください 

↑このページのトップヘ