爺のぼやき

世の中ぼやきたいこと様々あれどぼやいてばかりもいられない。 でも、ぼやけば少しは気が晴れるから不思議なもの。 このコーナーは日常生活や社会現象でのぼやきを書き込んでいます。 中には役に立つ情報もあるのでお暇な方はご覧あれ。 また、ベイスターズファンなのでベイに関するぼやきもあります。


梶谷選手が第1打席から4安打、そしてチームでの月間安打数のタイ記録を達成。
新記録とサイクル安打の期待の掛った第5打席であったが残念なことに
三振で終わってしまった。

サイクル安打は明日は希望はないがチーム月間安打数の新記録達成は明日に
持ち越されたので明日の試合の注目は誰しもこれが一番となるだろう。

佐野も2−1で一時落ちた3割5分の打率を回復。
それも1回2点のビハインドを逆転するスリーラン、しびれたね。

新人の坂本は4失点ながら勝利投手。
昨日の京山投手とは大違いの結果になったがこれも打線の援護があってのこと。

気持ちよかったのはノーノーをやられた小川投手を粉砕したことだろう。
試合前は若干不利かな、と思っていたがあにはからんや・・・

明日も投手の関係ではDeNAが有利と思われるがさてどうなるか。
やっぱり梶谷中心に試合を見ることになりそうだ。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



大貫投手がチームトップの7勝目を飾った。
梶谷を筆頭に佐野やオースティンの美技もあったが投球が安定しているからこそ
こんな時には往々にしてファインプレーがあるものだ。

前回登板ではやや精彩を欠いたが今回は被本塁打1本の1失点で他は危なげなく
投げ切った。

次は完投、完封を狙って欲しいが今の調子であれば2桁勝利も見えてきているので
それにも向かった邁進して欲しい。

残り試合から見れば最低限あと4回の登板は可能と思われ2桁勝利は夢ではない。
この試合数の少ない中での2桁勝利はいつもの年よりも価値ある勝利であろう。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



優勝はほぼ確定しているが個人タイトルは今からが正念場となってくる。
目下首位打者の佐野は首位打者に1番近い位置にあるが何せ初めてのこと。

現在は無欲であろうが残りが20試合を切ってくると色気が出てきてもおかしくない。
そんな時にライバルになりそうなのが現在2位の村上よりも宮崎になりそうな予感。

宮崎は経験もあるしここ2試合で7安打と言う固め打ちも出来る選手。
この調子が続くようだとその内首位に躍り出てくる可能性は十分。

その下には梶谷も居るし、今年の首位打者争いはDeNAの選手が獲得する
可能性は極めて高いと思われる。
3選手共に今後もハイレベルで争い頑張って欲しい。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


巨人が昨日決勝ホームランを被弾した大竹が登録を抹消された。
それまで15試合無失点だったとか。

そんな投手をたった1本の被弾で抹消するなんてある意味凄いことであろう。
それだけ中継ぎ投手陣に控えが多いことで影響がないことの表れでもある。

振り返ってDeNAではそんなことはまずあり得ない。
たまに登録される投手であれば役目が果たせなければ即抹消される投手がいるが
常時登録されている投手では過去に記憶がない。

パットンやエスコバー、国吉、石田あたりがこの位置にあると思うがたとえ1点や
2点のリードを逆転されても抹消されることはまずない。

そこがチーム力の違いだろうがDeNAでは中継ぎ投手が不足しているのも事実。
ここが充実しないので終盤の逆転を食らったりせっている試合を落としたりすることが
多いがそれがそのまま順位になっていると思われる。

笠井や坂口、桜井、中川といった若手の成長が期待されたが未だ誰もその期待に応えて
いないのが中継ぎに苦しむ状況になっている。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��

ファンなら誰でも知っている浜口の6回の壁。
過去には何度もこの壁を乗り越えられず失点していたが今日はようやくその壁を
乗り越えたようだ。

その代わりか、初回に失点し、この調子ではどうなるのだろうと不安視したが2回
以降はピンチらしいピンチもなく6回まで見事投げ切った。

6回を乗り切れば次は7回、次回登板に期待しよう。

打線は活発だったが15安打でホームラン以外の得点は3点ではちょっと少ないか。
その3点も1点は相手のワイルドピッチによるものでタイムリーでは2点のみ。
まだまだ得点出来たと思うけど。

明日は大貫投手の先発、最近は一時の安定感がなくなったのが気がかりだが
明日はまた元に戻った投球をしてくれれば連勝する可能性大。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��




4連敗中の広島にまた勝ちを譲ってしまったね。
ちょっと前にもヤクルトの5連敗に終止符を打つ敗戦があったがどうもこんな試合に
弱いらしい。

今一番調子が良いと思われる井納を立てての敗戦は痛い。
しかも相手投手はこのところさっぱりの床田投手。

先発を見ただけでは今日は勝てるかな、と思っていたが床田の調子が良かったのか
さっぱり打てず。

特に3番までがしっかり抑えられてしまったので佐野と宮崎はヒットを打っているが
得点に結びつかず。

今更勝敗はどうでも良いようなものだがやっぱり最低限5割は確保してほしい。
これでまた借金となったが明日は広島では一番信頼性のある森下なので
そうそう大量得点は望めそうもない。

浜口が頑張れば僅差の試合になるかも。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��

ここまで完封投手が居ないのはDeNAのみであったがようやく上茶谷が完封して
リーグ6人目の完封投手となった。

菅野や大野のように1人で3回も経験している投手が居る中でDeNAでは1人もなく
淋しい状況であったがこれで何とか面目が保たれた。

これでまた5割復帰、ここからまた貯金と行きたいものだが次の対戦相手は目下
絶不調の広島戦。

月曜日も流された試合が組まれているので広島とは4連戦、その後も試合は続くので
今回も10連戦となってくる。

対戦相手は広島、ヤクルト、中日と目下の下位球団が相手なので負け越しは絶対に
許されない。

ここは勝ち続けてとりあえずは2位を確保したいものだ。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��




今永投手の今期の登板は絶望との報道があった。
同じく2軍で調整中の平良もどうやら今シーズンは無理なようだ。

残念なことではあるが逆に考えれば早急に復帰しても現在のゲーム差ではどうする
ことも出来ないと思われ戦力的には影響はない。

これが5ゲーム程度の差であれば早期復帰が望まれるのだがその点ではかえって
良かったのかも知れない。

お陰、と言っては変だがその代わり来年に対しての期待感が大きくなってくる。
今永、平良に加えて東も早ければ来年の開幕に間に合うかも知れず今年活躍
している上茶谷や大貫、坂本が加われば先発投手は盤石となる。

おっと、忘れてならないのが井納だが年齢的に衰える可能性もありとりあえずは
計算外となってもおかしくない。

まだまだ先の話のことではあるがこんなに大差がついたのでは来年のことを
ついつい考えてしまう今日この頃である。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



巨人に連勝したまでは良かったがその後はまた3連敗。
一向にチームが上向く気配がない。

残り試合も38試合と40試合を切り、優勝は絶望、2位さえ赤信号の状態だ。
こんな時に楽しみと言えば個人タイトルになるがその中でも一番有力なのが
佐野の首位打者だろう。

ソトのjホームランは多少の固め打ちはあったとしても残り試合数と現在の差を
考えればちょっと無理がある。

投手陣はタイトルにはほぼ縁がない状態で残されたのは佐野選手のみ。
と言う結論になってくる。

佐野は首位打者以外にも打点王も射程内で望みがあり2冠の可能性も有り得る。
阪神戦では2試合で1本のヒットしか出ておらずちょっと心配されるが是非また
調子を取り戻してもらいたい。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



ここまで貯金が無くなってはまた出来ていたが今回は貯金とはならなかった。
それにしても打てないねぇ。

ヒット数はそれなりに多いがタイムリーが出ない。
今日もオースティンのホームランのみの得点でタイムリーはなし。

1回のノーアウト満塁を逃したのが最後まで響いた感じだ。
期待の佐野は三振、宮崎も駄目でこの二人で得点できなかったのが明暗を
分けた結果となった。

あそこで得点していればまた流れも変わっただろうがそれが出来なかった。
終盤は判で押したような同じ展開で得点され終了。

このところ終盤での得点、と言うよりもヒットがほとんど出ていない。
負けるべきして負けたとも言えるが果たして明日から巻き返しはなるだろうか。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



昨日の試合は予想外の展開であった。
大貫と畠では大貫有利とみたが結果は全く逆となってしまった。

それにしても最近の敗戦はこんな形の敗戦が多い。
何年振りの勝利、今期初勝利等々何人の投手に献上したことだろう。

相手がエースであれば打てないことも当然とも言えるが今シーズン全く実績のない
投手にことごとくやられている感じだ。

3連勝すれば首の皮1枚繋がっていただろうがもはやそれもなくなった。
後は巨人の失速を待つのみだが菅野を筆頭に投手力が安定している今の巨人に
大型連敗は見込めそうもない。

それに打線が下降気味なのも気がかりだ。
今日からは敵地での阪神戦になるが1試合連続2桁安打の面影はなく厳しい
戦いになりそうだ。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


昨日の試合も前日と同様6点差での勝利。
言ってみれば完勝になるだろう。

今日は3タテを狙っての試合になるが総合的に見ればDeNAが有利と言える。
先発投手の大貫はチームの勝ち頭。
相手の畠はローテの谷間を埋める程度の投手で投手力では有利。

打線も活発なのはDeNAの方で巨人は元気がない。
7分通りは勝利、とは思っているがそうそううまくゆくとは限らない。

大貫が打たれない保証はないし、畠を打てる保証もない。
このあたりが野球の難しいところでそこはノンプロとは違いプロの世界。

でも、やっぱり3タテを期待してしまうよね。
ぜひそうなって欲しいところだ。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


本来完投、完封も可能な井納投手が被安打2にも関わらず6回で降板した。
ファン心理としては完封して欲しいところであったがそれは叶わず。

球数も78球でまだまだゆけると思うのだがどうして交代したのか予想してみた。

1 ラミレス監督独特の早期交代癖。
2 点差もあり登板間隔の空いている中継ぎ投手の調整登板のため。
3 高齢?投手なので少しでも負担を少なくし次回登板を頑張ってもらうため。

肘を抑えていた、と言う点はどうも関係なさそうで果たして何が真実だろう。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


井納の好投と打線の援護で昨日の試合は完勝したが喜びもいまいち。
もう少し早くこんなことが何度も起こっていればもっと差は小さかったはず。

お陰で借金にはならずまた貯金が1つ増えたが考えてみればこんな状況が
ず〜っと続いていたような感じだ。

今日も勝って3連勝の足掛かりとしたい。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


このところ先発要員として登録されていたピープルズが本日抹消された。
2戦続けてのKOが理由と思われるが本人ばかり責められない。

先日のブルペンデーで中継ぎとして登板させられたのがリズムを崩す原因に
なったとも思われる節もありそうであれば監督の責任は重大だ。

本来投手は精神面や体調面で微妙なところがありちょっとしたことでリズムを
崩すことはよくあること。

以前の記事でも書いたが狂った?采配での犠牲者とも言えるかも。
先日の上茶谷の6回降板も含め最近の采配には疑問が多い。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



昨日の試合は投打共に精彩を欠き終わってみれば大量失点の完封負け。
しかも最下位のヤクルトに対してなので問題は深刻。

あたかも目標を失ったかのように元気がないが実際に優勝はまず不可能なので
ある意味仕方のないことかも知れない。

一方の巨人はこちらは気が緩んでのことかこちらも惨敗。
そんな両チームが今日から対戦する。

もう少しゲーム差が少なければここで3連勝、と希望もあったがそれも無くなり
言ってみればどうでも良いような対戦になってしまった。

だがそうそう負けてばかりはいられない。
たとえ少しでもゲーム差を縮めて対戦成績を5分近くまでもってゆきたい。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


梶谷は良く打つが2番になったオースティンが機能していない。
最初の中日戦でホームランを打ち衝撃デビューをしたがその後はさっぱりである。

犠飛や四球はあるがここが機能しないことには打線が繋がらず途切れてしまう。
現在のオースティンであればまだ神里の方が良いと思うのは自分だけか。

最近は負けに慣れっこになってしまい、首位との差は広がるばかり。
最下位のヤクルトや先発した歳内にてこずっているようでは今後の上昇は無理かも。

佐野や倉本の当たりはヒットになっても良かったような当たりだったが相手の好守に
阻まれた感じだがそれにしても打てなかったのも事実。

やっぱりCSがないことが士気に影響しているのかな。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��





今日の登録・抹消で故障の大和に代わって 伊藤 裕季也が登録された。

今シーズンはセカンドの位置を争うのではないか、と思っていたがここまでに
登録はされずもっぱら2軍暮らし。

昨年はそこそこの成績で今シーズンは期待をしていたがその気配はまったくなく
むしろ遅すぎたかも知れない。

ショート、セカンドには大和を筆頭に倉本、柴田、場合によってはソトと人材は多彩。
今期は山下にも後れをとっておりここからの巻き返しはなるか?

細川や蛯名のように確実性はないが一発に期待が出来る選手と思っているが
今後は内野の隙間を埋めるか代打としての貴重な存在になるのかが注目し
期待したいと思っている。

折角登録されたのだから数日で抹消とならないようにしてもらいたい。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��



巨人が阪神に勝ったのでこれで2位以下の全てのチームの自力優勝がなくなり
マジックが点灯した。

それにしても今の巨人は強いね。
こんな強さがDeNAにあれば追撃は可能だが現状ではそれがない。

今日のヤクルト戦は快勝ではあったがその喜びもいまいちだ。
CSがあれば2位狙いに切り替えるところであるがそれもなく今後は2位以下の
単なる順位争いとなりそう。

昔どこかの監督が言っていたが優勝できなければ2位も最下位も同じと言う
発言であるがやっぱり2位と最下位は大違い。

新人の坂本が2勝目を挙げたのがせめてもの慰めだがこうなった以上は少しでも
貯金を増やし、万が一巨人が落ちてきたときに備えるしかないだろう。

ヤクルトには申し訳ないがここは続けて3本飲み干そう。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��


昨日の敗戦はダメージの大きい敗戦であった。
これで自力優勝はなくなり、あとは他力に委ねるしかない。

そのターゲットの巨人はほとんど負け知らずで落ちてくる気配はまったくない。
僅差の試合を勝利していることが大きな理由だがベイスターズはその逆で最近は
僅差の試合をことごとく落としているがその差がこのような結果になっている。

大貫は不運なヒットもあり務めは十分に果たしたが肝心の打線が機能せず好投の
大貫を助けることが出来なかった。

あとは巨人が落ちてくるのを待つのみの状況になってしまったが優勝はほぼ
絶望的と言っても良いだろう。

今シーズンはCSもないので2位が目標と言うこともなく今後は消化試合となる
可能性が強いが監督はまだ強気なので少しでも差を縮めあとは個人タイトルに
期待しよう。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��

このページのトップヘ