打撃ベスト10を見て驚いた、何とベイスターズの倉本が6位に入っているではないか。
このところ何試合かマルチヒットが続いていたが2割台前半の打率がいつの間にか
急上昇、3割2分にまでなっている。

シーズン当初はショートには柴田が入っていた印象が強いのであまり出場していない
のかと思ったら22試合も出場している。

中には途中出場も多いがそれにしても規定打席に達しての3割台はたいしたものだ。
元々守備には定評があるので打撃さえ良くなれば鬼に金棒で現段階では巨人の
坂本、阪神の鳥谷なんて目じゃなく堂々のセ・リーグショートNO1である。

これが一時的なものではなく、梶谷のように何かを掴んで覚醒してくれたのであれば
今後が楽しみな選手である。

昨年は新人であったが今年は2年目、シーズンを通しての戦い方もわかっていると
思うので今の調子を維持することも十分に可能になってくる。
今もっとも旬な野手の1人であろう、春の椿事で終わらず今後も頑張ってくれ倉本くん。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��