何とか勝利したが最後まで気が抜けない試合になってしまった。
6回終了時で3−0、7回エスコバー、8回パットン、9回山崎で1失点くらいはするかな、
とは思っていたがパットンが背信投球。

一打同点の場面で三嶋の投入までする羽目になったが三嶋が何とか凌いでくれた。
苦戦した原因は初回のロペスのホームランのみでその後の攻撃は淡白そのもの。

ヒットは出ても併殺でチャンスを作ったのは一度のみ、柳が良かったのかも知れないが
それにしても打線につながりが全くなかった。

だが相手投手の中で一番良い投手から勝ち星を挙げたことは評価に値するだろうし
今後の展開も左右しそうだ。

今日の注目はやっぱり石田、久々の先発でどのような結果を残すのか、注目したい。
相手は長年の難敵山井、年齢的にもそろそろ苦手意識は必要ないのではないか、
と思うのだが相手が自信を持っているのだろうね。

今日勝てば2位固め、負ければまた混沌、頼むよ石田くん。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��