昨日の試合は継投の失敗で敗れた試合であったと思う。
継投の失敗はどこのチームでもよくあることでDeNAではむしろ少ないくらいであるが
2夜連続で逆転された広島ファンにとってはDeNAファン以上に悔しい思いを
していることだろう。

5回まで先発投手、6回以降は4人の投手で守りきる、と言うのは何度もあるがその
6回を最近任されている武藤であるがここ何試合も成功しているので言わばこれは
予定通りの継投であった。

防御率から見ても4人の投手が全て無失点と言うのはあまりないケースであるが
リードしている点数以上の失点になるかどうかによって勝敗が左右されてくる。

6回の武藤が打ち込まれたまでは仕方がないが問題はその後の投手。
あの場面で1軍登録されたばかりの藤岡ではちょっと荷が重すぎた。

まだ逆転はされていないので結果はどうあれここは経験豊富な国吉等の登板が
あっても良かったのではなかろうか。

当然準備の都合もあるだろうが2点のリードであればそのように備えておくべきで
これは継投の失敗と思われても仕方がない。

藤岡を投入した時点でこの試合に勝つと言う執念が見られなかったのは自分だけ
だろうか。

最近のラミレス采配は攻撃面においては良く当たっているが投手起用に関しては
時々ほころびが見られる。
投手コーチとの連携がどうなっているのか、知る由もないが改善する必要があるかも。

今日からは最下位ヤクルトとの3連戦、ここで負け越すようなことがあれば首位がまた
遠のいてゆくので絶対に落としてはならない試合になってくる。
1つ気持ちを引き締めてこの3連戦に挑んでもらいたい。


人気ブログランキングへ

������違����潟��潟�違�祉����祉��������井�����

�����祉��������井�� ������������� 罔�羌�DeNA�����ゃ�鴻�帥�若�冴��